在庫管理術

「ZAICO/スマート在庫管理」I 在庫管理システムの特徴や在庫管理機能の比較

ZAICOとは

ZAICOとは?

ZAICOとは、株式会社が開発・販売、100,000人が使うクラウド在庫管理ソフトです。

iPhone・iPad,・AndroidアプリとWebアプリがあり、Mac・Windowsのどちらでも使え、誰でも簡単&シンプルに在庫管理を行うことができます。専用機器の購入や初期費用も0円なので導入のコストの心配もいりません。

この記事では、NO.1在庫管理(2020年4月時点のGoogle PlayおよびAppStoreのランキングより)ZAICOについて詳しく解説していきます。

ZAICOの特徴

ZAICOシステムの特徴

ZAICOには以下のような特徴や機能があります。それぞれを具体的に解説して行きます。

◆主な特徴

シンプルで使いやすい
  • 操作がカンタン!PC・スマホから誰でも手軽に利用可能。
  •  
複数人で、同時に、どこでも
  • インターネット経由で同期すれば最新の同じデータにアクセスことが可能。
  •  
圧倒的な低コスト
    • 無料または980円/月から利用可能。

QR・バーコード対応
  • スマートフォンのカメラでコードをスキャンするだけで、在庫管理・検索・登録が簡単にできます。
  •  
安心のクラウドデータ管理
  • データはクラウドに保存するので喪失の心配は無用!機種変更時や端末紛失時も安心。
  •  
会計ソフトとデータ連携
  • クラウド会計ソフト「freee(フリー)」に仕入と納品をデータ連携可能。

◆主な機能

zaicoの機能

  • 在庫情報をクラウドで一元管理
  • 入庫・出庫スキャン
  • 複数拠点の在庫管理
  • 棚卸機能
  • 発注点管理
  • データのインポート・エクスポート
項目 ZAICO/スマート在庫管理
対象業種 主にネット通販
形式 クラウド在庫管理ソフト(アプリ)
入出庫管理 スマホでバーコード/QR読み取り。
ピッキングリスト作成、送り状・納品書・発送指示。
実在庫管理 なし
ロケーション管理 なし
発注最適化 なし
その他機能 なし
拡張性 API/CSVダウンロード、freee連携(クラウド会計)

ZAICOの価格・料金プラン

zaicoの価格

ZAICOの料金プランは以下の4つがあります。

無料プラン

最大200件のデータ登録と簡易検索機能

980円/月「エントリー」

まずは試してみたいという方に

2,980円/月「スタンダード」

おすすめの基本プラン

9,800円/月「シッピング」

在庫管理プラス発送業務も効率化

無料会員登録をすれば、どのプランも2週間無料で試せるのも好評です。各プランの機能は下の表で確認してください。

エントリー スタンダード シッピング
データ登録無制限 エントリー機能にプラスして スタンダード機能にプラスして
在庫データの詳細検索 変更履歴記録機能 発送指示
入庫スキャン 仕入データエクスポート ピッキングリスト作成
出庫スキャン 納品データエクスポート 送り状データ作成
棚卸スキャン 発注点管理 発送用納品書作成
在庫データへの項目追加 API機能 IPアドレス制御
数量差分入力 画面認識による自動入力機能  
※2021年年2月現在の情報です。

ZAICOの使い方

zaicoの使い方

では、ZAICOの使い方はどのようなものなのでしょうか。ここでは、初めての人向けの導入3ステップのイメージをご紹介します。

簡単3ステップ!

 

STEP.1
在庫データの一括登録
STEP.2
QRコードの作成と印刷
STEP.3
スキャン機能での登録と出庫

ZAICOの公式サイトでは、上記3つのSTEPそれぞれのわかりやすい動画が紹介されているので、基本の機能がスムーズに理解できるほか、運用に関する一般的な操作方法を説明した操作マニュアルも用意されています。

それでも不安という人は、運用実施までの初期導入サポート(有料50,000円〜)もあるので相談してみましょう。

ZAICOの評判

zaicoの評判

在庫管理システムを導入する際に気になるのが、実際使った人の口コミや感想などの評判です。ここでは、APP Storeの評価とレビューや導入事例から良い評判・悪い評判の両方をいくつかピックアップしてご紹介します。

ZAICOの良い評判

09066725c9804e02512af6d3cbef0487
歯科クリニック

多種材料の管理がむずかしく、誤発注に悩んでいましたが、スマートフォン・パソコンでZAICOを活用することで、どこからでもアクセスができ、在庫状況を把握できるようになりました。購買履歴で傾向把握、適量の購入も可能に。

09066725c9804e02512af6d3cbef0487
メンテナンス業
在庫管理時間95%削減!棚卸頻度70%削減!在庫管理の課題を一気に解決できました。

ZAICOの悪い評判

09066725c9804e02512af6d3cbef0487
不明

わかりやすい場所に記載がないのか、書いてないのか分かりませんが200件迄登録したら、後は月払いの有料というのは…。

09066725c9804e02512af6d3cbef0487
不明

無課金だと何が出来るのかまるで分からない。初めて利用しようか思案してる側には、せめて試用期間から継続課金などのプランが欲しい。

ZAICOの評判は概ね良いものが多いようですが、一部では、「無料で何ができるのか不安」「無料でできることに限りがあるのが不満」といった口コミも見受けられました。

無料で使えることはとても魅力的ですが、事前に自社では何がしたいのか?それは無料できるのかを把握することが重要です。

ZAICOはこんな人(企業)におすすめ

ここまでZAICOの機能や特徴、口コミなどを見てきましたが、具体的にどのような人(企業)で、どのようなことを効率化したい人におすすめなのかを解説します。

なんといっても、ZAICOは無料で使えるので、予算をできるだけ抑えたいという人におすすめですが、口コミにもあったように無料で登録できるデータは最大200件までという制限があります。

また、ZAICOはQRコードやバーコードをスキャンすることで正確に素早く在庫管理できるので、すでに物品にバーコードやQRコードがある場合は、導入の手間もかかりません。

ZAICOの注意点・デメリット

zaicoの注意点

ZAICOはバーコードやQRコードがない場合、QRコード付きのラベルを印刷して、物品に貼るという作業が必要になるため、大量の製品を管理したい人(企業)にはデメリットと感じるかもしれません。

このような面から考えるとZAICOの無料プランは小規模の管理・運営をするには問題もなくおすすめと言えるでしょう。

ということも把握のうえ、有料のプランを選ぶ必要があります。

 

「ZAICOの無料プランは魅力的だが、バーコードやQRコードを貼るには結局、人力が…」

「200件以上の登録は有料というのは困る…」

「余計な費用は出来るだけかけたくない…」

という人は、やはりその他の在庫管理システムも検討してみたくなるのではないでしょうか。

ZAICOとその他のソリューションとの比較表

zaicoとスマートマットクラウドの比較ZAICOとその他の在庫管理のソリューションとして多くの企業や会社が導入の際に比較検討しているIoTソリューション「スマートマットクラウド」を比較し、まとめました。

  ZAICO スマートマットクラウド
在庫の管理方法 手動でQRコードをスキャン ※別途動作確認済みスマホ・モバイル端末必須 自動で数量計測
業務負担 ×(毎回スキャン) ◎(無人で自動計測)
遠隔管理 ×(現場でスキャン) ◎(リモートで確認OK)
棚卸の作業 手動でQRコードをスキャン※別途動作確認済みスマホ・モバイル端末必須 自動で数量計測

このようにZAICOと話題のIoT機器スマートマットクラウドを比較してみたところ…。

ZAICOでは、動作確認済みのスマホやタブレットなどのモバイル端末によるスキャンという人力や手間がかかることがわかります。また、QRコードをいちいち商品に貼り付けるという作業も負担に。

次の項では、人力や手間もかからず、遠隔管理も可能なIoT機器について詳しく解説していきます。

IoT機器は、在庫管理の有効な解決策に

在庫不足は売上の減少に、過剰在庫は倉庫スペースの圧迫や在庫ロスに繋がるため、在庫管理は必要不可欠な業務です。

新型コロナウイルス、人手不足などさまざまな問題に直面している状況下において、いかに効率化して正確に在庫管理を行うことができるかが重要となります。そこで注目され、近年続々と各企業で導入されているのが在庫管理の自動化であり、その最も有効な方法として以下の2つが大きなキーワードとされています。

DX(デジタルトランスフォーメーション)

企業の営みや産業全体をデジタルの力でよりよくしていく取り組み

IoT(Internet of Things)

IoT=「モノのインターネット化」

IoT機器を導入することにより、「自動化」や「見える化」が可能になり、棚卸、現場作業の改善、在庫管理、工程管理、品質管理なども効率的に行えるようになります。このように稼働状況や生産状況、在庫などのデータを分析することで、人力では発見しにくい問題や傾向なども把握できるようになり、生産性の向上やロスタイムの削減につながります。

デジタルテクノロジーを駆使して、企業経営や業務プロセスそのものを根本的に改善していくDX(デジタルトランスフォーメーション)を実現するためにIoTは欠かせない要素となります。

また、新型コロナウイルス対応などで業務に忙殺されている医療分野や調剤薬局、リモートワークを取り入れたい現場スタッフをサポートすることも大いに期待されています。

在庫表の記入やバーコードのスキャンといった現場作業が不要!在庫専用のIoT重量計「スマートマット クラウド」

スマートマットクラウドは、株式会社スマートショッピングが運用するIoT機器スマートマットを利用した在庫管理・発注自動化サービスです。

今までありそうでなかったスマートマットが重さで在庫を検知するというシンプルな仕組みを利用して、残量/残数をスマートマットクラウドに保存。

タグやバーコードの貼り付け・読み取りなどの作業負担もなく、管理画面から実在庫の自動記録、確認ができます。

また、現場への導入に向けては、専門のカスタマー・サクセス担当が、お客様を厚くサポートします。

オフィスのコピー用紙、倉庫や工場の小さなネジ類、 冷蔵庫の見えない食材、遠方のお客様先に設置した自社製品など、業種・品目を問わず幅広い場面に対応。CSVやAPIを利用し、生産・在庫管理・購買システムとの連携も可能です。

スマートマットクラウドの主な機能と特徴は以下の通りです。

機能 スマートマットクラウド
計測最大重量 A3サイズ:100kgまで/A4サイズ:30kgまで/A5サイズ:5kgまで
マルチマット 複数台による計測可(条件に合えば1トン以上でも取り扱い可能)
在庫管理 可能
棚卸 可能
接続方法 Wi-Fiで接続
海外での利用 可能な地域あり
冷凍室での利用 可能
発注方法 メール、FAX、インフォマート、メディコード
発注方式 不定期定量発注と定期不定量発注の2種類
在庫量の遠隔監視 可能
アラート機能 在庫が少なくなったタイミングでのメール通知

※2021年6月現在の情報です。

スマートマットクラウド」の資料請求はこちらです。

 

信頼できる在庫管理システム「スマートマットクラウド」

在庫管理や棚卸の業務負担にお困りですか? 「スマートマットクラウド」がまいにちの在庫管理業務を、劇的に改善。

「管理商材が多く、ICタグを貼る業務が負担」
「初期投資費用がかかりすぎる」
「システムを入れたけど結局棚卸が必要」

自社に合った在庫管理システムが見つからずお悩みの企業様。 費用面でも運用面でも導入のハードルが低く、 早期の導入効果を実現する「スマートマットクラウド」の資料請求はこちらです。

 

今なら導入費用の2/3を補助!IT導入補助金を利用できます

  • 今すぐ資料請求

関連記事

今なら導入費用の2/3を補助!IT導入補助金を利用できます

  • 今すぐ資料請求

人気事例

今なら導入費用の2/3を補助!IT導入補助金を利用できます

  • 今すぐ資料請求
全自動で在庫管理・発注を行う! ︎