在庫管理術

QRコード×在庫管理【特徴・歴史・バーコードとの違い・仕組み・QRコードを使った在庫管理のメリットとデメリット】

QRコードを使った在庫管理とは

QRコードとは【日本企業のデンソーウェーブ発の技術】

QRコードとは、英語のQuick Response(クイック・レスポンス)に由来する、高速読み取り実現するために日本企業のデンソーウェーブ社(現在)が1994年に開発した2次元コードです。

「より多くの人にQRコードを使ってもらいたい」という開発者の意図により、QRコードの利用は手続きや費用が不要、仕様をオープン化し、誰もが自由に使えるコードであるため、さまざまなシーンに応用されており、世界的に普及しています。

また、2002年に、QRコードの読み取り機能を搭載した携帯電話が発売されたことをきっかけに、読み取るだけで簡単に携帯サイトにアクセスしたり、クーポンの取得ができる便利さから、QRコードは私たちの身近な場所に浸透していきました。

現在では名刺や電子チケット空港の発券システム決済SNSの友だち追加などあらゆる場面で使用されています。

この記事では、QRコードの特徴やバーコードとの違い、QRコードを使った在庫管理の方法やメリット・デメリットをわかりやすく解説していきます。

また、在庫管理をするにあたり、QRコードと合わせて検討したいIoTを使った話題のソリューション「スマートマットクラウド」との比較もご紹介!

QRコードの特徴とバーコードの違い

QRコードには以下のような4つの大きな特徴があります。

  • 大容量の情報を小さなコードに表現

    数字・英字・漢字・カナ・記号バイナリ・制御コードなどのデータを扱うことが可能。

  • 小さなスペースに表示が可能

    縦・横両方でデータを表現しているので、バーコードと同じ情報量なら、10分の1程度の大きさで表示可能。

  • 360°どの方向からでも、読み取りが可能

  • 汚れ・破損に強い

    誤り訂正機能」を持っているので、コードの一部に汚れや破損があってもデータの復元が可能(汚れ・破損の状況により復元できない場合も)。

そして、バーコードとの違いはズバリ!

  • バーコード=線で構成された一次元コード
  • QRコード=縦横の2方向へのドットで構成された、二次元コード

つまり、

⬇️

バーコードに比べてQRコードは識別できる文字数が増えるため、より大きなデータを記録できる

そして、

⬇️

バーコードが専用機器による読み取りが必要なのに対し、QRコードはスマートフォンがあればOK!別途読み込みの機器が必要ない!

というのが大きなメリットです。

QRコードの仕組み

QRコードの仕組み
 
QRコードは、3ヶ所の切り出しシンボル=位置検出用パターンがあります。

このパターンを検索することで、QRコードの位置を認識することができ、背景模様の影響を受けず360°どの方向からでも、安定した高速な読み取りを可能にしています。
 

QRコードを使った在庫管理の方法・やり方【QRコード作成・読み取り】

在庫管理したい商品・製品に付いているQRコードを手持ちのスマートフォンやタブレットのQRコードの読み取りアプリやカメラアプリを使って、読み取ります。

読み取ったデータを使って、棚卸、入出庫管理などの在庫管理業務を行っていきます。

ただし、商品や製品にQRコードがついていない場合は、別途QRコードの作成が必要です。

QRコードの利用は手続きや費用が不要仕様をオープン化しているため、無料の作成サイトやアプリなどを使って自分で作成することができます。
 
また、在庫管理アプリにはQR作成機能を搭載しているものもあります。

こうして作成したQRコードを印刷して、製品や商品に貼っていきましょう。

QRコードを使った在庫管理のメリット

  • 多くの情報を含めることができるので、賞味期限や製造ロットなどの商品属性まで管理することが可能

  • 目視によるミスを防止

  • 作業の効率化

  • スマートフォンとやタブレットといった調達しやすい端末で読み込みができる=専用の読み取り機が不要なので低コスト

QRコードを使った在庫管理のデメリット・課題

このようにメリットのたくさんあるQRコードを使った在庫管理ですが、実は以下のような課題もあります。

QRコードで在庫管理するデメリット

  • 金属部品や液体などQRコードを直接貼れない製品や商品の管理が難しい

  • 大量の製品・商品をスキャンするには手間がかかる(ラベル貼りも大変)

  • 読み取りミス=商品を間違えたり、一度読み込んだのにそれが完了しているかどうかが曖昧になってしまうケースも

次の章では、QRコードを使った在庫管理の課題を克服するIoT機器についてわかりやすく解説していきます。

QRコードを使う在庫管理の課題を解消するIoT

IoT(アイオーティー)とは、英語のInternet of Thingsの略で、「モノのインターネット」という意味です。

あらゆるモノをインターネット(あるいはネットワーク)に接続する技術のことで、具体的には以下のようなことを可能にします。

  • 離れた場所からモノを操作する
  • 離れた場所からモノの状態を把握する
  • モノや人の動きを検知する
  • モノとモノとを繋ぐ

IoTを使った家電や設備には、センサーやカメラなどが搭載されており、モノの状態や周辺環境といった情報を感知・収集し、インターネットを介して、それらのデータを人やモノに伝えます。

ホテルや旅館業界もIoTを導入することで、在庫状況などを把握し、より効率的な在庫管理や棚卸・発注が可能になります。

搭載されているセンサーは、機器によって光センサーや温度センサー、重量センサーなどさまざまです。

スキャンやラベル貼りは不要!スマートマットクラウド

スマートマットクラウドのメリット

スマートマットクラウドは、株式会社スマートショッピングが運用するIoT機器スマートマットを利用した在庫管理・発注自動化サービスです。

今までありそうでなかったスマートマットが重さで在庫を検知するというシンプルな仕組みを利用して、残量/残数をスマートマットクラウドに保存。

タグやバーコードの貼り付け・読み取りなどの作業負担もなく、管理画面から実在庫の自動記録、確認ができます。

また、現場への導入に向けては、専門のカスタマー・サクセス担当が、お客様を厚くサポートします。

オフィスのコピー用紙、倉庫や工場の小さなネジ類、 冷蔵庫の見えない食材、遠方のお客様先に設置した自社製品など、業種・品目を問わず幅広い場面に対応。CSVやAPIを利用し、生産・在庫管理・購買システムとの連携も可能です。

スマートマットクラウドの主な機能と特徴は以下の通りです。

機能 スマートマットクラウド
計測最大重量 A3サイズ:100kgまで/A4サイズ:30kgまで/A5サイズ:5kgまで
マルチマット 複数台による計測可
在庫管理 可能
棚卸 可能
接続方法 Wi-Fiで接続
海外での利用 可能な地域あり
冷凍室での利用 可能
発注方法 メール、FAX、インフォマート、メディコード
発注方式 不定期定量発注と定期不定量発注の2種類
在庫量の遠隔監視 可能
アラート機能 在庫が少なくなったタイミングでのメール通知
※2021年6月現在の情報です。

 

QRコードとスマートマットクラウドとの比較表

導入済企業、導入検討中企業・パートナーからのヒアリングに基づいて、QRコードとその他のソリューションとして多くの企業や会社が比較検討しているIoTソリューション「スマートマットクラウド」を比較し、まとめました。

  QRコード スマートマットクラウド
業務負担 ×(毎回スキャン) ◎(載せるだけ)
遠隔管理 ×(現場でスキャン) ◎(リモートで確認OK)
在庫の管理方法 手動でバーコードをスキャン ※別途スマートフォンやタブレット必須 自動で数量計測
棚卸の作業 手動でバーコードをスキャン ※別途スマートフォンやタブレット必須 自動で数量計測

信頼できる在庫管理システム「スマートマットクラウド」

在庫管理や棚卸の業務負担にお困りですか? 「スマートマットクラウド」が毎日の在庫管理業務を、劇的に改善。

「管理商材が多く、ICタグを貼る業務が負担」
「初期投資費用がかかりすぎる」
「システムを入れたけど結局棚卸が必要」

自社に合った在庫管理システムが見つからずお悩みの企業様。 費用面でも運用面でも導入のハードルが低く、 早期の導入効果を実現する「スマートマットクラウド」の資料請求はこちらです。

もうすぐ締切!IT導入補助金が利用可能

「スマートマットクラウド」は、IT導入補助金2021の対象ITツールに認定。
申請を検討の方はお急ぎください

  • 今すぐ資料請求

関連記事

もうすぐ締切!IT導入補助金が利用可能

「スマートマットクラウド」は、IT導入補助金2021の対象ITツールに認定。
申請を検討の方はお急ぎください

  • 今すぐ資料請求

人気事例

もうすぐ締切!IT導入補助金が利用可能

「スマートマットクラウド」は、IT導入補助金2021の対象ITツールに認定。
申請を検討の方はお急ぎください

  • 今すぐ資料請求
全自動で在庫管理・発注を行う! ︎