在庫管理術

在庫管理の自動化

 

在庫管理の業務効率化

在庫管理業務とは

在庫管理(英語: Inventory control)は、現在の在庫数を正確に把握し、適正な数と状態を維持する活動のことをいいます。顧客からの需要を予測し、必要な商品・資材・量を必要な時に、必要な分だけ、供給できるよう新たな商品を発注するために欠かせない活動です。

その目的は、以下の2点です。

適正な在庫を持ってお客様に商品をきちんと提供できるようにすること

・その上で在庫の無駄を無くして利益を最大化すること

在庫管理の目的在庫管理は商品を求めているお客さまと企業の健全な経営のために欠かせない業務といえます。

事前準備で必須の5S=整理・整頓・清掃・清潔・しつけ(躾)の定着をはかり、適切な計画を立て、その計画に基づき実施、結果をチェックし、評価を行うことが在庫管理業務の基本です。

在庫管理業務の効率化

在庫管理では、現状の在庫を正しく把握するため、在庫数を計測をし、在庫管理表作成します。

在庫管理表とは

在庫管理表から、必要な発注数を割り出し、発注を行います。

在庫管理表は手書きで作成するようなアナログな方法だけでなく、データをパソコン上で 管理できるような在庫管理システムがたくさんあります。また記入したデータを自動で計算しておけるサービスも多数あります。

在庫管理を効率よくするシステムやツールは以下の通りです。

在庫管理の効率を上げるシステム

  • Excel:在庫管理表の作成を効率化
  • バーコードリーダー:入出庫作業を効率化
  • RFID:入出庫作業を効率化
  • 在庫管理システム:在庫管理表の作成・発注の効率化
  • IoT:在庫数計測・在庫管理表・発注業務の効率化

在庫管理システムとは

在庫管理システム(英語: Inventory management system)は、商品や材料・仕掛品・消耗品などの在庫数量や入出庫の管理を行うためのシステムのことです。

これまで手作業で行われていた伝票などによる在庫の管理を自動化・効率化するために用いられます。

会社の基幹システムと連動して売上や仕入れ情報、生産情報と連動して利用できるものや 入庫やピッキングといった実際の倉庫業務と連動して利用できるものがあります。

在庫管理システムはクラウド型が主流【自作エクセル・バーコードとの比較】

ひとまとめに在庫管理システムといっても、使用するハードウェアや使用環境、自動化できるオペレーションはそれぞれ異なります。主なものをあげると…。

エクセル

自分で無料で作ることができ、web上で入手できるフリーソフトもある。取り扱う品目が多いほど、入力が大変になり、リアルタイムで見れない、同時作業ができない、データ数に限界がある、入力ミスやデータ誤削除のリスクといったデメリットがある。

バーコード

ハンディーターミナルなどの専用機器を用い、レーザーセンサでバーコードを読み取り、在庫・製品を管理。バーコードがない場合は、貼り付け作業が発生したり、専用機器を用意しなければならない。読み取り漏れもある。

RFID

電波や電磁波を使って、タグの情報を読み取る仕組み。電波や電磁波を使って、通信するため環境によっては読み取り精度が落ちる可能性やコスト面での心配も。読み取り漏れもある。

クラウド

システムの開発やインフラ調達が必要ないため、低コストでスピーディに導入可能。リアルタイムで外出先からも利用できるなどメリットが多く、近年注目を集めている。

このように在庫管理システムには、無料で利用できる小規模のものから、大規模なクラウドシステムまでさまざま。導入する際は、どの在庫管理システムが最適かを業務課題別に見極める必要があります。

在庫管理業務効率化の課題【手書き・エクセル・RFIDやバーコード】

まだまだ多くの企業が実践している手書き(アナログ)や関数やマクロを使った無料のテンプレートも豊富なエクセル(excel)在庫管理表ですが、実はデメリットもあります。例えば…

  • 入力や記入ミスや漏れ
  • 在庫管理表(データ)の誤消去
  • リアルタイムで数値を見ることができない

なかでも最も大きいのは入力・記入ミスや漏れ、紛失といった人的なミスです。こればかりはどんなに気をつけても防ぎようがありません。

また、物流・製造・小売業界と広い業界の在庫管理で活用されているバーコードスキャナーやRFIDなどのハンディターミナルでバーコードや2次元コードを読み取る方法はどうでしょうか? 手書きや目視でのアナログ確認よりは、ぐっと作業効率がアップしますが、その反面で以下のような課題を抱えていることも少なくありません。
  • 導入や運営に費用がかかる
  • システム設計や作業の標準化に時間がかかる
  • スキャン漏れ・通信エラーがある
  • 管理商材が多いとバーコードを貼る作業が逆に負担になる
  • 食材などバーコードを貼れない商材の管理ができない

在庫管理の効率化がうまくいかない原因そこで、近年、注目されているのがミスなく、より効率的に在庫管理を行うことができるIoT機器による在庫管理の自動化です。

在庫管理業務の効率化に欠かせないIoT機器

在庫管理の課題・リスクを克服し、業務効率化のために注目されているのが、

  • DX(デジタルトランスフォーメーション) 企業の営みや産業全体をデジタルの力でよりよくしていく取り組み
  • IoT(Internet of Things) IoT=「モノのインターネット化」

です。

IoT機器を導入することにより、「自動化」や「見える化」が可能になり、現場作業の改善、在庫管理、工程管理、品質管理なども効率的に行えるようになります。このように稼働状況や生産状況、在庫などのデータを分析することで、人力では発見しにくい問題や傾向なども把握できるようになり、業務の効率化、生産性の向上やロスタイムの削減につながります。

デジタルテクノロジーを駆使して、企業経営や業務プロセスそのものを根本的に改善していくDX(デジタルトランスフォーメーション)を実現するためにIoTは欠かせない要素となります。

そして、在庫管理システムは製造業や小売業、アパレル、薬局や医療業界などにとって大きな関心事項であるにもかかわらず、なかなか効率化できないという課題を解決するために必要なIoT機器が、大きな注目を集めています。

在庫管理の業務効率化に貢献するスマートマットクラウド

スマートマットクラウドのイメージ

現場のあらゆるモノをIoTで見える化し、発注を自動化するDXソリューション「スマートマットクラウド」を使えば、簡単に自動化が可能です。スマートマットの上に管理したいモノを載せるだけで設置が完了。

あとはマットが自動でモノの在庫を検知、クラウド上でデータを管理し、適切なタイミングで自動発注してくれます

さまざまな自動発注に対応

お客様の発注先に合わせた文面でメール・FAXの送信が可能です

在庫圧縮を促進

推移を把握できるグラフで適切な在庫量を判断し、在庫圧縮を促進します

置く場所を選びません

スマートマットはA3サイズ〜A6サイズまでの4サイズ展開。ケーブルレスで、冷蔵庫・冷凍庫利用も可能。

API・CSVでのシステム連携実績も多数

自社システムや他社システムと連携を行い、より在庫管理効率UPを実現します。

 

在庫管理業務の方法と比較

在庫管理業務の中でも、特に効率化させたいという要望の多い業務について、スマートマットクラウドとその他の在庫管理方法での業務内容の負荷を比較してみました。

  バーコード RFID 手書きとエクセル スマートマットクラウド
業務負担 ×(毎回スキャン) ×(毎回スキャン) ×(目視で手書き・入力の負担大) ◎(載せるだけ)
遠隔管理 ×(現場でスキャン) ×(現場でスキャン) ×(読み取り不可) ◎(リモートで確認OK)
在庫の管理方法 手動でバーコードをスキャン ※別途ハンディターミナル必須 手動でバーコードをスキャン ※別途ハンディターミナル必須 (目視で手書き・入力の負担大) 自動で数量計測
棚卸の作業 手動でバーコードをスキャン ※別途ハンディターミナル必須 手動でバーコードをスキャン ※別途ハンディターミナル必須 (目視で手書き・入力の負担大) 自動で数量計測

 

 

在庫管理の自動化の関連記事

最大150万円! IT導入補助金を相談する

スマートマットクラウドはIT導入補助金対象のITツールです。IT導入補助金をご検討の方はお問合せください。

  • 在庫管理システムを見る

人気事例

最大150万円! IT導入補助金を相談する

スマートマットクラウドはIT導入補助金対象のITツールです。IT導入補助金をご検討の方はお問合せください。

  • 在庫管理システムを見る
全自動で在庫管理・発注を行う! ︎