在庫管理術

入出庫管理|入出庫管理の課題を解決!効率アップの方法とは

入出庫管理

入出庫管理とは

入出庫管理とは在庫出し入れの際に、日時や量を記録する業務です。

在庫を管理する上で欠かせない重要なタスクで、具体的には入出庫のたびに次の項目を記録し履歴を残す業務のことを指します。

入出庫管理で記録する項目

  • 日付
  • 品目
  • 在庫数(入庫数-出庫数)
  • 担当者
  • 保管場所

 

入出庫管理の方法

入出庫管理の方法

主な入出庫管理の方法としては以下の4つが挙げられます。

在庫管理表

入出庫の数から理論在庫を把握するための表を作成し、管理する方法。在庫近くに置かれた表に、日付・入庫数・出庫数・担当者などを記入します。

エクセル

上記の在庫管理表をエクセルに落とし込むことで、データでの出入庫管理を行う方法。

ハンディターミナル

ハンディターミナルで商品情報が入ったバーコードやQRコードを読み取り、入出庫数を計測する方法。読み込んだデータは自動もしくは手動でシステムに反映した後、パソコンなどで管理。

在庫管理システム

関連業務を自動化し、データを一元管理することを目的に開発された在庫管理システムを利用。入出庫管理機能を搭載。

 

エクセルやハンディターミナルを使った入出庫管理の課題

入出庫管理の課題

まだまだ多くの企業が実践している手書き(アナログ)や関数やマクロを使った無料のテンプレートも豊富なエクセル(Excel)を使った入出庫管理ですが、多くの課題を抱えています。例えば…

 

・入力や記入ミスや漏れ

在庫管理表(データ)の紛失

・リアルタイムで数値を見ることができない

なかでも最も大きいのは入力・記入ミスや漏れ、紛失といった人的なミスです。こればかりはどんなに気をつけても防ぎようがありません。

また、物流・製造・小売業界と広い業界の在庫管理で活用されているバーコードスキャナーやRFIDなどのハンディターミナルでバーコードや2次元コードを読み取る方法はどうでしょうか?

手書きや目視でのアナログ確認よりは、ぐっと作業効率がアップしますが、その反面で以下のような課題を抱えていることも少なくありません。

導入や運営に費用がかかる

システム設計や作業の標準化に時間がかかる

・スキャン漏れ・通信エラーがある

管理商材が多いとバーコードを貼る作業が負担になる

食材などバーコードを貼れない商材の管理ができない

そこで近年注目されているのが、ミスなくより効率的に在庫管理を行うことができるIoT機器による在庫管理です。

入出庫管理業務の効率化に欠かせないIoT

入出庫管理の課題・リスクを克服し、業務効率化のために注目されているのが、

DX(デジタルトランスフォーメーション)

企業の営みや産業全体をデジタルの力でよりよくしていく取り組み

IoT(Internet of Things)

IoT=「モノのインターネット化」

です。

IoT機器を導入することにより、「自動化」や「見える化」が可能になり、現場作業の改善、入出庫管理、在庫管理、工程管理、品質管理なども効率的に行えるようになります。

このように稼働状況や生産状況、在庫などのデータを分析することで、人力では発見しにくい問題や傾向なども把握できるようになり、業務の効率化、生産性の向上やロスタイムの削減につながります。

デジタルテクノロジーを駆使して、企業経営や業務プロセスそのものを根本的に改善していくDX(デジタルトランスフォーメーション)を実現するためにIoTは欠かせない要素となります。

そして、入出庫管理は製造業や小売業、アパレル、薬局や医療業界などにとって大きな関心事項であるにもかかわらず、なかなか効率化できない…。このような課題を解決するために必要なIoT機器が、大きな注目を集めています。

次の章ではIoTで在庫の見える化を可能にする話題のIoT、スマートマットクラウドをご紹介します。

入出庫管理を効率化するIoT機器スマートマットクラウド

スマートマットクラウドは、株式会社スマートショッピングが運用するIoT機器スマートマットを利用した在庫管理・発注自動化サービスです。

今までありそうでなかったスマートマットが重さで在庫を検知するというシンプルな仕組みを利用して、残量/残数をスマートマットクラウドに保存。

タグやバーコードの貼り付け・読み取りなどの作業負担もなく、管理画面から実在庫の自動記録、確認ができます。

また、現場への導入に向けては、専門のカスタマー・サクセス担当が、お客様を厚くサポートします。

オフィスのコピー用紙、倉庫や工場の小さなネジ類、 冷蔵庫の見えない食材、遠方のお客様先に設置した自社製品など、業種・品目を問わず幅広い場面に対応。CSVやAPIを利用し、生産・在庫管理・購買システムとの連携も可能です。

スマートマットクラウドの主な機能と特徴は以下の通りです。

機能 スマートマットクラウド
計測最大重量 A3サイズ:100kgまで/A4サイズ:30kgまで/A5サイズ:5kgまで
マルチマット 複数台による計測可(条件に合えば1トン以上でも取り扱い可能)
在庫管理 可能
棚卸 可能
接続方法 Wi-Fiで接続
海外での利用 可能な地域あり
冷凍室での利用 可能
発注方法 メール、FAX、インフォマート、メディコード
発注方式 不定期定量発注と定期不定量発注の2種類
在庫量の遠隔監視 可能
アラート機能 在庫が少なくなったタイミングでのメール通知

※2021年6月現在の情報です。

 

ハンディターミナル・エクセル・スマートマットクラウドの比較表

導入済企業、導入検討中企業・パートナーからのヒアリングに基づいて、スマートマットクラウドを導入する際に比較検討しているハンディターミナル・エクセルとの業務負担をわかりやすい比較表にしました。

  バーコード RFID 手書きとエクセル スマートマットクラウド
業務負担 ×(毎回スキャン) ×(毎回スキャン) ×(目視で手書き・入力の負担大) ◎(載せるだけ)
遠隔管理 ×(現場でスキャン) ×(現場でスキャン) ×(読み取り不可) ◎(リモートで確認OK)
在庫の管理方法 手動でバーコードをスキャン ※別途ハンディターミナル必須 手動でバーコードをスキャン ※別途ハンディターミナル必須 (目視で手書き・入力の負担大) 自動で数量計測
棚卸の作業 手動でバーコードをスキャン ※別途ハンディターミナル必須 手動でバーコードをスキャン ※別途ハンディターミナル必須 (目視で手書き・入力の負担大) 自動で数量計測

 

信頼できる在庫管理システム「スマートマットクラウド」

在庫管理や棚卸の業務負担にお困りですか? 「スマートマットクラウド」が毎日の在庫管理業務を、劇的に改善。

「管理商材が多く、ICタグを貼る業務が負担」
「初期投資費用がかかりすぎる」
「システムを入れたけど結局棚卸が必要」

自社に合った在庫管理システムが見つからずお悩みの企業様。 費用面でも運用面でも導入のハードルが低く、 早期の導入効果を実現する「スマートマットクラウド」の資料請求はこちらです。

今なら導入費用の2/3を補助!IT導入補助金を利用できます

  • 今すぐ資料請求

関連記事

今なら導入費用の2/3を補助!IT導入補助金を利用できます

  • 今すぐ資料請求

人気事例

今なら導入費用の2/3を補助!IT導入補助金を利用できます

  • 今すぐ資料請求
全自動で在庫管理・発注を行う! ︎