在庫管理術

ロケーション管理

ロケーション管理

ロケーション管理とは

ロケーション管理とは、在庫と倉庫内の保管場所を示すロケーションとを紐付ける在庫管理方法です。 在庫に適したロケーション管理を実施することで、以下のようなメリットが生まれます。

  • 倉庫の保管効率が上がる
  • 在庫の入出荷処理が正確になる
  • 物量の変化に対応できるようになる

ロケーション管理の種類

固定ロケーションとフリーロケーション

ロケーション管理の種類は以下の2つです。

固定ロケーション管理とフリーロケーション管理

  • 固定ロケーション:商品ごとに保管するロケーションを固定する管理方法
    多量少品種の在庫に向いている
  • フリーロケーション:倉庫の空いている場所に在庫を置き、その都度在庫とロケーションを紐づける管理方法
    ロットや日付管理が必要・出荷量の変動が大きい在庫に向いている

固定ロケーションとは、同じアイテムは同じ場所に置いて管理するため、場所を覚えやすく、欠品に気付きやすい管理方法です。
タイミングによってはデッドスペースができてしまうのが難点です。

フリーロケーションは、管理する商品の種類の入れ替わりが激しい場合や、倉庫が狭い場合に用いられます。
フリーロケーションには、スペースを有効活用できるメリットがあります。
一方で同じものが複数箇所に保管するケースが出てくるデメリットがあります

 

ダブルトランザクション

ダブルトランザクションとは

ピッキング効率と保管効率は、トレードオフの関係にありますが、両方のいいとこ取りで管理をするダブルトランザクションという方法があります。 倉庫をストックエリアとピッキングエリアに分け、ストックエリアを固定ロケーションピッキングエリアをフリーロケーションで管理する方法です。

ピッキングエリアを設けることで、導線を整理しピッキング作業の時間を短縮することができます。
ダブルトランザクションは、多量多品種の在庫に向いていいますが、在庫をピッキングエリアに補充する作業が発生するのがデメリットです。

いずれの管理方法にもメリットとデメリットがあり、在庫の特性によってロケーション管理を使い分けることが在庫管理を成功させるポイントとなります。


ロケーション管理に役立つ在庫管理ツール

ロケーション管理に役立つ在庫管理ツールの種類

ロケーション管理を実施すると、棚番号など在庫の位置情報をデータとして扱うことができます。 そのため在庫量をはじめとする在庫情報を計測するツールと相性が良く、セットで導入することで倉庫作業効率をさらにあげることができます。

▼ロケーション管理に役立つ在庫管理ツール

  • バーコードQRコード:ロケーションに二次元コードを貼り、在庫とロケーションを紐付け
  • RFID:ロケーションにRFIDリーダを設置し、在庫にRFIDタグをつけ、リアルタイムで在庫の位置を把握
  • スマートマットクラウド:スマートマット1台に1品の固定ロケーション管理。自動で在庫量を計測し発注まで行う

もう在庫は数えません。倉庫の在庫管理を自動化するIoT

スマートマットクラウドのイメージ

現場のあらゆるモノをIoTで見える化し、発注を自動化するDXソリューション「スマートマットクラウド」を使えば、簡単に自動化が可能です。スマートマットの上に管理したいモノを載せるだけで設置が完了。

あとはマットが自動でモノの在庫を検知、クラウド上でデータを管理し、適切なタイミングで自動発注してくれます

さまざまな自動発注に対応

お客様の発注先に合わせた文面でメール・FAXの送信が可能です

在庫圧縮を促進

推移を把握できるグラフで適切な在庫量を判断し、在庫圧縮を促進します

置く場所を選びません

スマートマットはA3サイズ〜A6サイズまでの4サイズ展開。ケーブルレスで、冷蔵庫・冷凍庫利用も可能。

API・CSVでのシステム連携実績も多数

自社システムや他社システムと連携を行い、より在庫管理効率UPを実現します。

ロケーション管理の関連記事

最大150万円! IT導入補助金を相談する

スマートマットクラウドはIT導入補助金対象のITツールです。IT導入補助金をご検討の方はお問合せください。

  • 在庫管理システムを見る

人気事例

最大150万円! IT導入補助金を相談する

スマートマットクラウドはIT導入補助金対象のITツールです。IT導入補助金をご検討の方はお問合せください。

  • 在庫管理システムを見る
全自動で在庫管理・発注を行う! ︎