在庫管理術

棚の在庫管理【できない原因とデメリット・ロケーション管理・棚番・棚札・エクセル・棚管理を見える化するIoT】

棚の在庫管理とは

棚の在庫管理とは

棚の在庫管理(棚管理)とは、部品や備品、資材、製品などの在庫を棚に保管して管理することです。

多くの場合、倉庫や工場などあらかじめ決めておいた場所に設置された棚に在庫を保管していますが、在庫の数や棚の数が増えたり、仕事が立て込んでいたりすると、どの棚にどの在庫を保管しているかというように棚の管理が曖昧になってしまうことも多々あります。

この記事では在庫管理に欠かせない方法の一つである棚管理のできない原因とデメリット・ロケーション管理・棚番・棚札・エクセル・棚の在庫管理を見える化するIoTについてわかりやすく解説していきます。

棚の在庫管理ができない原因とデメリット

まずは棚の在庫管理ができない主な原因を見てみましょう。

  • どの棚に何を保管するかいった基本的なルールができていない(守られていない)


  • 他の業務に追われるなど忙しいさのあまり、在庫の出入りを記録するのを忘れてしまう

  • 多数のスタッフが棚管理に関わることで、誰がどこに何を保管したかが曖昧になっている

上記のようなことが原因で以下のようなデメリットが発生します。

  • 在庫がどこにあるかわからず探す手間暇や人件費がかさむ

  • 余剰在庫や過剰在庫によるキャッシュフローの悪化

  • 在庫不足による販売機会の損失・顧客満足度の低下

このように在庫管理において棚管理がしっかりできていないと企業にとってはさまざま弊害を生み出す原因になります。

棚の在庫管理に欠かせないロケーション管理とは

倉庫内で「商品の保管場所」を示す言葉を「ロケーション」といいます。

ロケーションを決めることで、在庫の置き場が決まるため在庫がどこに保管されているのかわかります。

そして、「どこに何を保管しているのか」を番号やデータ、カード、ラベルなどで管理することをロケーション管理と言います。

ロケーション管理を行うことで在庫の保管(管理)場所が明確になります。

ロケーション管理の種類【固定ロケーション管理・フリーロケーション管理】

棚の在庫管理には、固定ロケーション管理とフリーロケーション管理の2種類があります。

それぞれの特徴を詳しくみていきましょう。

  • 固定ロケーション管理


    在庫の保管ルールのひとつで、アイテムごとに保管する場所を固定する管理方法。

    管理するアイテムの数が少ない倉庫や、定番商品の割合が多い倉庫に向いているシンプルな方法。

  • フリーロケーション管理


    倉庫の空いている場所に商品を保管し、その都度商品とロケーションを紐づける管理方法。

    保管場所を固定しないで、入庫の際に空いている場所に保管していくのが特徴で、アパレル業界やネット通販業界など商品の入出庫が激しく在庫量の増減が激しい業界や、商品の種類がの入れ替わりが激しい業界向き

棚の在庫管理の方法【棚番・棚札・エクセル】

ロケーション管理を使った棚の在庫管理方法の具体的な方法は、

  • 棚番(ロケーション番号)

    倉庫内の保管場所を表す位置番号。棚や棚の1段ごとに棚番(ロケーション番号)を付ける。
    ラックが入っている倉庫では、ラック1つづつに。平置きの場合は、一定のエリアごとに床に線を引いて(ロケーション番号)を付ける。

  • 棚札

    在庫の品番や入出庫履歴、現在個数、棚番(ロケーション番号)などが記載された用紙のこと。
    通常は、在庫のそばに置いて(ラベルやカードにして貼り付けておくことも)、すぐに誰でも情報を把握できるようにしておく。

  • エクセル

    棚番(ロケーション番号)や棚札の情報をエクセルを使った在庫管理表などで管理。

棚の在庫管理を見える化するIoT

新型コロナウイルス、人手不足などさまざまな問題に直面している状況下において、いかに効率化して正確に在庫管理・自動発注を行うことができるかが重要となります。そこで注目され、近年続々と各企業で導入されているのが在庫管理・発注の自動化であり、その最も有効な方法として以下の2つが大きなキーワードとされています。

DX(デジタルトランスフォーメーション)

企業の営みや産業全体をデジタルの力でよりよくしていく取り組み

IoT(Internet of Things)

IoT=「モノのインターネット化」

IoT機器を導入することにより、「自動化」や「見える化」が可能になり、棚卸、現場作業の改善、在庫管理、発注管理、品質管理なども効率的に行えるようになります。

このように稼働状況や生産状況、在庫などのデータを分析することで、人力では発見しにくい問題や傾向なども把握できるようになり、生産性の向上やロスタイムの削減につながります。

デジタルテクノロジーを駆使して、企業経営や業務プロセスそのものを根本的に改善していくDX(デジタルトランスフォーメーション)を実現するためにIoTは欠かせない要素となります。

また、新型コロナウイルス対応などで業務に忙殺されている医療分野や調剤薬局、リモートワークを取り入れたい現場スタッフをサポートすることも大いに期待されています。

次の章では置くだけで在庫の見える化が可能!今、話題のIoT機器「スマートマットクラウド」をご紹介します。

棚の在庫管理を改善!2つのロケーション管理に対応!スマートマットクラウド

スマートマットクラウドは、株式会社スマートショッピングが運用するIoT機器スマートマットを利用した在庫管理・発注自動化サービスです。

今までありそうでなかったスマートマットが重さで在庫を検知するというシンプルな仕組みを利用して、残量/残数をスマートマットクラウドに保存。

タグやバーコードの貼り付け・読み取りなどの作業負担もなく、管理画面から実在庫の自動記録、確認ができるため品質管理の現場でもおおいに役立ちます。

また、現場への導入に向けては、専門のカスタマー・サクセス担当が、お客様を厚くサポートします。

オフィスのコピー用紙、倉庫や工場の小さなネジ類、 冷蔵庫の見えない食材、遠方のお客様先に設置した自社製品など、業種・品目を問わず幅広い場面に対応。CSVやAPIを利用し、生産・在庫管理・購買システムとの連携も可能です。

スマートマットクラウドの主な機能と特徴は以下の通りです。

機能 スマートマットクラウド
計測最大重量 A3サイズ:100kgまで/A4サイズ:30kgまで/A5サイズ:5kgまで
マルチマット 複数台による計測可
在庫管理 可能
棚卸 可能
接続方法 Wi-Fiで接続
海外での利用 可能な地域あり
冷凍室での利用 可能
発注方法 メール、FAX、インフォマート、メディコード
発注方式 不定期定量発注と定期不定量発注の2種類
在庫量の遠隔監視 可能
アラート機能 在庫が少なくなったタイミングでのメール通知

※2021年9月現在の情報です。

信頼できる在庫管理システム「スマートマットクラウド」

在庫管理や棚卸の業務負担にお困りですか? 「スマートマットクラウド」が毎日の在庫管理業務を、劇的に改善。

「管理商材が多く、ICタグを貼る業務が負担」
「初期投資費用がかかりすぎる」
「システムを入れたけど結局棚卸が必要」

自社に合った在庫管理システムが見つからずお悩みの企業様。 費用面でも運用面でも導入のハードルが低く、 早期の導入効果を実現する「スマートマットクラウド」の資料請求はこちらです。

もうすぐ締切!IT導入補助金が利用可能

「スマートマットクラウド」は、IT導入補助金2021の対象ITツールに認定。
申請を検討の方はお急ぎください

  • 今すぐ資料請求

関連記事

もうすぐ締切!IT導入補助金が利用可能

「スマートマットクラウド」は、IT導入補助金2021の対象ITツールに認定。
申請を検討の方はお急ぎください

  • 今すぐ資料請求

人気事例

もうすぐ締切!IT導入補助金が利用可能

「スマートマットクラウド」は、IT導入補助金2021の対象ITツールに認定。
申請を検討の方はお急ぎください

  • 今すぐ資料請求
全自動で在庫管理・発注を行う! ︎