在庫管理術

生産管理システム

生産管理システムでの在庫管理機能についてまとめました。

seisan_sys

生産管理とは

 

生産管理(英語:Production control)とは、モノづくりの現場で行われる生産・製造業務において、QCDを最適化することをいいます。GCDとは

  • 品質(Quality)
  • 原価(Cost)
  • 納期(Delivery)

の3つを指します。

生産管理とは「どのような材料をいつ・いくらで・どれくらい調達し、いつまでにいくつの製品を製造し納品するか」という計画に加えて、生産の工程を管理する活動まで含まれます。

在庫の過不足を調整しながら、納期までに製品を正しく製造し、納品するために生産管理は欠かせません。

生産管理をエクセルで行うデメリット

管理対象の少ない中小企業やシステム導入のハードルの高さを懸念する場合、生産管理・進捗管理業務をエクセルのマクロや関数を使って管理していることも多いようです。

フリーソフトやテンプレートなども多数あるほか、自作で行なっている場合もありますが、管理対象が増え、一定の規模を超えるとエクセルでの管理は現実的に厳しいと言えます。生産管理には正確さが求められますが、エクセル管理には

  • 入力ミスがおきやすい
  • 同時編集ができない

などの課題があるからです。

このような課題を解決する手段として、生産管理システムの導入をすすめる企業が増えています。

 

生産管理システムとは

生産管理システム(英語:production management system)とは製造業の生産管理の課題解決に特化したシステムで、生産フロー全体の作業効率を高める役割を担っています。

ひと口に生産管理といっても「生産計画受注出荷工程管理製造管理品質管理設備管理、といった実に幅広い業務があり、在庫管理原価管理も生産管理に深く関わってきます。

生産管理システムは、製造業におけるモノと情報を一元管理し、各部署の連携を強め生産管理全般の効率化をはかるためのツールなのです。


生産管理システムの機能

production control01-min

生産管理は製造業の現場でスムーズに生産活動を行うために各工程で進められています。

▼生産管理の工程

  • 生産計画:各工程の情報を集め分析し、最大限に利益を生み出す計画を立てる
  • 調達・購買計画:製造に必要な原材料や部品を調達する
  • 工程管理:製造のための人員を確保し、生産設備・生産ラインを整え、製造の進捗をチェックする
  • 品質管理:不良品の納品を防ぐため、製品の品質をチェック・不良品を適切に管理する
  • 原価管理:製造にかかった費用を計算し、原価を割り出す
  • 在庫管理:原材料・部品・仕係品・製品のリアルタイムな在庫を把握する

この工程をすべて生産管理システムでカバーする必要はありません。 会社の規模や、業種や業態、すでに導入している在庫管理システムや会計システムに連携させるかどうかによって生産管理システムに求める機能は異なります。


生産管理システムの種類【クラウド型・オンプレミス型】

クラウドとオンプレミス

生産管理システムの形態は大きく分けて2つのタイプがあります。

  • クラウド型:インターネットを経由してサービスを利用する
  • オンプレミス型:自社で用意したサーバーにソフトをインストールする

オンプレミス型は既存のシステムと連携を持たせたり機能をカスタマイズしたりしやすい一方で、初期のコストがかかるという特徴があります。
一方クラウド型は、カスタマイズの自由度はオンプレミス型より下がりますが、初期コストを抑えることができるというメリットがあります。


ERPと生産管理システム

生産管理という仕事は生産管理部門だけでなく、製造部門や営業部門といった部署間での連携が必要です。 そのためERP(統合基幹業務システム)の一部に生産管理システムの機能を持つシステムを導入し、統一のデータをもとに生産管理をおこなう製造業が増えています。

▼関連記事
◾️ ERP | 在庫管理システム


生産管理システムを導入するメリット

生産管理システムのメリット

生産管理システムを導入し、うまく稼働すると次のようなメリットがあります。

  • 各工程の自動化で人為的ミスを減らすことができる
  • 業務の見える化が進み、迅速に経営判断をくだすことができる
  • 製品の品質が向上や納期の短縮化で顧客満足度が上がる
  • 適正在庫をキープし、キャッシュフローが健全になる

自社にあった生産管理システムを選ばなければ、導入は失敗に終わり、メリットを得ることもできません。


生産管理システムを導入する課題

生産管理システムを導入するには以下のような課題やデメリットに注意しなければなりません。

導入コスト

初期コストのほかに運用コストがかかる場合もあります。また、現場の仕様に合わないことが多く、使いやすくするためにカスタマイズするコストが必要になることも。

上手に運用できないリスク

実際に使い始めてみると現場に合わないこともあり、せっかくのシステムを運用できない可能性も。

現場の負担増加

実際の現場で使いこなすための機能を覚えたり、トラブルの際の対応などの業務負担が増える場合も。


生産管理システムと相性の良いIoT在庫管理ソリューション

生産管理システムを使って効率アップをはかるには、ERPや基幹システムの在庫管理機能でわかる理論在庫だけでなく、実在庫を把握する工程が欠かせません。 正確な実在庫を自動で把握できる在庫管理に特化したIoTツールと組み合わせて使用することをお勧めします。

IoT型在庫管理システムなら、ハンディターミナルでバーコードを読む手間をかけることなく今ある在庫を計測することができます。 販売管理システムとの連携を見据えた在庫管理システムを選ぶなら、CSV連携やAPI自動データ連携できる在庫管理システム
がおすすめです。

信頼できる在庫管理システム「スマートマットクラウド」

properstock03-1

スマートマットクラウドは、株式会社スマートショッピングが運用するIoT機器スマートマットを利用した在庫管理・発注自動化サービスです。

今までありそうでなかったスマートマットが重さで在庫を検知するというシンプルな仕組みを利用して、残量/残数をスマートマットクラウドに保存。

タグやバーコードの貼り付け・読み取りなどの作業負担もなく、管理画面から実在庫の自動記録、確認ができます。

また、現場への導入に向けては、専門のカスタマー・サクセス担当が、お客様を厚くサポートします。

オフィスのコピー用紙、倉庫や工場の小さなネジ類、 冷蔵庫の見えない食材、遠方のお客様先に設置した自社製品など、業種・品目を問わず幅広い場面に対応。CSVやAPIを利用し、生産・在庫管理・購買システムとの連携も可能です。

スマートマットクラウドの主な機能と特徴は以下の通りです。

機能 スマートマットクラウド
計測最大重量 A3サイズ:100kgまで/A4サイズ:30kgまで/A5サイズ:5kgまで
マルチマット 複数台による計測可
在庫管理 可能
棚卸 可能
接続方法 Wi-Fiで接続
海外での利用 可能な地域あり
冷凍室での利用 可能
発注方法 メール、FAX、インフォマート、メディコード
発注方式 不定期定量発注と定期不定量発注の2種類
在庫量の遠隔監視 可能
アラート機能 在庫が少なくなったタイミングでのメール通知

※2021年6月現在の情報です。

 

信頼できる在庫管理システム「スマートマットクラウド」

在庫管理や棚卸の業務負担にお困りですか? 「スマートマットクラウド」が毎日の在庫管理業務を、劇的に改善。

「管理商材が多く、ICタグを貼る業務が負担」
「初期投資費用がかかりすぎる」
「システムを入れたけど結局棚卸が必要」

自社に合った在庫管理システムが見つからずお悩みの企業様。 費用面でも運用面でも導入のハードルが低く、 早期の導入効果を実現する「スマートマットクラウド」の資料請求はこちらです。

生産管理システムの関連記事

もうすぐ締切!IT導入補助金が利用可能

「スマートマットクラウド」は、IT導入補助金2021の対象ITツールに認定。
申請を検討の方はお急ぎください

  • 今すぐ資料請求

人気事例

もうすぐ締切!IT導入補助金が利用可能

「スマートマットクラウド」は、IT導入補助金2021の対象ITツールに認定。
申請を検討の方はお急ぎください

  • 今すぐ資料請求
全自動で在庫管理・発注を行う! ︎