在庫管理術

在庫の見える化|在庫を可視化するメリットとは?改善方法や事例を紹介

在庫の見える化

在庫の見える化とは?

自社の在庫管理状況を改善するために「在庫の見える化をすすめましょう」、と言うフレーズを耳にすることはありませんか。

見える化とは、企業の活動の実態が目に飛び込んでくるような仕組みをつくることを言います。

見える化の定義

ここでは「在庫の見える化」とは具体的にどのような状況をさすのかを明らかにし、実際にどのような方法で在庫の見える化が実現できるのかを紹介します。
また在庫の見える化で在庫管理の改善に成功した事例も紹介していきます。

現品の見える化と情報の見える化

在庫管理の見える化では、「現品」と「情報」の両方で見える化をすすめる必要があります。

現品の見える化と情報の見える化

  • 現品の見える化:在庫の場所を目で見て分かるようにする
  • 情報の見える化:在庫の数量を数えて記録を残す

現品の見える化のために、在庫の置き場を決め守ること、情報の見える化のために、入出庫のたびに記録をとること、という風に継続してルールを守ることが必要になってきます。

在庫の見える化の効果

問題の可視化

在庫の見える化をすすめると、「使用数に対して発注数が多い」、「在庫のうち売り上げに貢献していない製品の占める割合が多い」等、今まで分からなかった問題点が明らかになります。

問題点を正確に把握することで、現状を踏まえた改善策を講じることができるようになります。
 

合理的な評価

記録した在庫情報をグラフで表してみると、在庫量の推移が視覚的に分かるというメリットがあります。

今行っている改善の取り組みがうまくいっているのかを客観的に判断でき、今後の方針を決定するのに役立ちます。

在庫管理の見える化の方法

在庫管理の見える化の方法を紹介します。

①5S

在庫置き場を片付け保管のルールを決めることで、在庫の品質や過剰在庫の量といった実態が見えてきます。

新たな不良在庫を作らない環境は、5Sというフレームワークを使って、整備することができます。5Sでは、倉庫や在庫置き場の整理・整頓清掃・清潔をすすめ、社内のしつけを徹底的に行います。

在庫管理の改善には5S活動への取り組みが不可欠ですが、ルールが定着するのに時間がかかるのが課題になっています。

②在庫管理システムの導入

今ある在庫数の確認や入出庫の情報の記録には、在庫管理システムの導入が役立ちます。在庫管理システムの機能は製品によって異なり、エクセルを使って在庫管理表を作成する管理方法も在庫管理システムの一種と言えます。


在庫管理システムを使うことで、在庫管理の効率化をすすめることができますが、導入に費用がかかり、入力もれや数え間違いといった人為的ミスによって、現物と記録された在庫数に差異が発生することがあります。

在庫管理の見える化を無理なく実現するIoTシステム

「5Sの大切さはわかっているけれど、なかなか社内に整理整頓が浸透しない」
「入出庫処理を正確にするためにRFIDを検討したが、コストも手間もかかりすぎる」

在庫管理に課題を持っている企業の悩みを解決する、IoTツールを紹介します。

①導入するだけで現品の見える化ができる

スマートマットクラウドは、1枚のマットにつき1アイテムを管理。アイテムごとに置き場所が自然と定まります。

スマートマットクラウドの導入をきっかけに倉庫や在庫置き場を整理整頓できた、という声を多数いただいています。

 

▼在庫管理改善事例(ともファミリー歯科様

tomofamily03

数の多い歯科材料がどこに何があるのかわかりやすくなり、設置の過程で必要数以上に在庫があるアイテムが判明した

 

②自動で情報の見える化ができる

スマートマットクラウドの管理画面では、スマートマットが計測した「今在庫がいくつあるのか」という在庫情報を表示します。データはクラウド上に保管されているので、パソコン、タブレットと業務スタイルに合わせて表示端末をチョイスできます。

管理画面では管理しやすい表示方法を選択でき、在庫情報の共有・報告業務も簡単です。

 

▼在庫管理改善事例(株式会社井口 浜の湯様

hotel_jirei_01

計測した現在の在庫状況と安全在庫と比較することで、無駄な在庫が統計的にわかるようになった

 

現物も情報も一度に見える化する在庫管理ツール「スマートマットクラウド」

在庫の見える化を可能にするスマートマットクラウドスマートマットクラウドは、株式会社スマートショッピングが運用するIoT機器スマートマットを利用した在庫管理・発注自動化サービスです。

今までありそうでなかったスマートマットが重さで在庫を検知するというシンプルな仕組みを利用して、残量/残数をスマートマットクラウドに保存。

タグやバーコードの貼り付け・読み取りなどの作業負担もなく、管理画面から実在庫の自動記録、確認ができます。

また、現場への導入に向けては、専門のカスタマー・サクセス担当が、お客様を厚くサポートします。

オフィスのコピー用紙、倉庫や工場の小さなネジ類、 冷蔵庫の見えない食材、遠方のお客様先に設置した自社製品など、業種・品目を問わず幅広い場面に対応。CSVやAPIを利用し、生産・在庫管理・購買システムとの連携も可能です。

スマートマットクラウドの主な機能と特徴は以下の通りです。

機能 スマートマットクラウド
計測最大重量 A3サイズ:100kgまで/A4サイズ:30kgまで/A5サイズ:5kgまで
マルチマット 複数台による計測可
在庫管理 可能
棚卸 可能
接続方法 Wi-Fiで接続
海外での利用 可能な地域あり
冷凍室での利用 可能
発注方法 メール、FAX、インフォマート、メディコード
発注方式 不定期定量発注と定期不定量発注の2種類
在庫量の遠隔監視 可能
アラート機能 在庫が少なくなったタイミングでのメール通知

※2021年10月現在の情報です。

信頼できる在庫管理システム「スマートマットクラウド」

在庫管理や棚卸の業務負担にお困りですか? 「スマートマットクラウド」が毎日の在庫管理業務を、劇的に改善。

「管理商材が多く、ICタグを貼る業務が負担」
「初期投資費用がかかりすぎる」
「システムを入れたけど結局棚卸が必要」

自社に合った在庫管理システムが見つからずお悩みの企業様。 費用面でも運用面でも導入のハードルが低く、 早期の導入効果を実現する「スマートマットクラウド」の資料請求はこちらです。

もうすぐ締切!IT導入補助金が利用可能

「スマートマットクラウド」は、IT導入補助金2021の対象ITツールに認定。
申請を検討の方はお急ぎください

  • 無料で事例集を受け取る

関連記事

もうすぐ締切!IT導入補助金が利用可能

「スマートマットクラウド」は、IT導入補助金2021の対象ITツールに認定。
申請を検討の方はお急ぎください

  • 無料で事例集を受け取る

人気事例

もうすぐ締切!IT導入補助金が利用可能

「スマートマットクラウド」は、IT導入補助金2021の対象ITツールに認定。
申請を検討の方はお急ぎください

  • 無料で事例集を受け取る
全自動で在庫管理・発注を行う! ︎