煩雑な記録や報告の業務効率化から本業集中まで

毒物及び劇物の棚卸・発注・報告工数を大幅削減

毒物及び劇物の棚卸・発注・報告工数を大幅削減

  • 01法規制があり、毒物・劇物の点検や区分保管、使用量の記録が必須。管理工数が大
    手間がかかる確認作業を自動化。重量変化による正確な使用量の遠隔管理を実現

    IoT重量計が毒物・劇物の在庫量をグラム単位で計測。煩雑だった巡回業務・在庫確認・残量記録・報告業務までまるごと自動化します。

    煩雑な管理を効率化
  • 02取扱責任者に管理も責任も集中し、心理的負荷が大。従業員の労災リスクも懸念
    管理の属人化を解消。心理的負荷や不慮の事故から従業員を守る

    スマートマットが人のかわりに24時間監視。人体に影響のあるモノに手を触れず残量確認等ができます。リスクの高い作業を必要最低限に抑制。

    身体的精神的ストレス解消
  • 03保管場所への移動や発注で業務が中断。研究開発など重要業務に集中できない
    • 施錠された保管場所への巡回不要。遠隔管理・自動通知でメイン業務に集中

    リアルタイム在庫をモニター経由で確認。在庫が少なくなったらアラート通知。欠品リスクを解消し、生産や研究など重要業務に専念できます。

    遠隔管理でメイン業務に集中 

毒物・劇物管理の効率化事例

sanyokasei_r02

分析に使用する試薬や廃液・液体窒素の残量を把握

三洋化成工業株式会社

導入目的

  • 試薬の在庫管理や発注の度に分析作業が中断され効率が低下していた

結果

  • 試薬や溶剤の在庫管理・発注を自動化し業務効率が上がった
  • 導入以前はボンベを持ち上げて確認していた液体窒素残量把握に役立っている
  • 増えていく廃液の残量も見える化し確認作業で溢れさせる等のトラブルが解消した

毒物・劇物の管理についての資料は
こちら

スマートマットクラウドの詳細は資料から確認できます。