在庫管理術

工場や倉庫内の在庫を遠隔管理【重要性やメリット、システム・スマホアプリ・カメラ・AI・IoTなどのツール】

在庫の遠隔管理とは

在庫の遠隔管理とは

文字通り、倉庫や工場、オフィス、店舗内などの在庫状態を遠隔(リモート)から正確に把握、管理することが、在庫の遠隔管理です。

カメラやロボットなどのAIやIoTなどさまざまな遠隔管理のツールを使い、わざわざ倉庫や工場などの現場に足を運ぶことなく在庫の管理が可能なため、在庫管理の現場が抱えていた課題を解決する方法として遠隔管理を導入・検討する企業が増加しています。

この記事では、コロナ渦の今、大きな期待が寄せられている在庫の遠隔管理について、重要性やメリット、アプリ・カメラシステム・スマホ・AI・IoTなどのツールについてわかりやすく解説していきます。

また、在庫の遠隔管理のなかでも最も話題を集めているIoT機器についてもあわせてご紹介!

在庫の遠隔管理のメリットと重要性【課題解消・コロナのテレワーク対応】

従来の在庫管理の現場では、以下のような課題や問題点をなんとかしたい…という声が実際に高まっていました。

  • 余剰在庫や過剰在庫、滞留在庫が増えてしまう

  • 在庫不足が起こる

  • 数え間違い、受注・発注漏れなどの人的ミス(ヒューマンエラー)

  • 在庫管理担当者の負担増・属人化

  • 倉庫内や工場内の製品の盗難が起こり、在庫数が合わない

これらの課題をそのままにしておくことで、

  • 管理コストや管理スペースが増加

  • 顧客からの注文に即座に対応できず満足度の低下や販売機会の損失

  • 残業の増加や本来の業務に専念できない

…といった問題が起こり、企業の経営にも悪影響を及ぼしているのが実情です。

さらに、コロナ渦の今、密を避けるためのテレワーク(リモートワーク)が推奨されたことにより、これまでの在庫管理の課題解決に加え、働き方改革の重要な方法としても遠隔管理のニーズが高まっています。

*属人化:特定の社員が担当している業務の詳細内容や進め方が、当人以外では分からなくなってしまう状態。

在庫遠隔管理ツール・機器【システム・スマホアプリ・カメラ・AIのメリットとデメリット】

では、在庫管理を遠隔管理するためのツールにはどのようなものがあるのか?

現在、在庫管理の現場で実際に導入されている主なツールには以下のようなものがあります。

スマホ遠隔在庫管理アプリ

iPhoneやAndroidのスマートフォンやiPadなどのタブレットを使用して、在庫管理や棚卸し、入出庫管理、資材管理などができるアプリ

持ち運びが簡単なので、いつでもどこでも手軽に在庫管理が可能。

スマホやタブレットに搭載されているカメラを使って、商品を撮影・登録したり、QRコードバーコードをスキャンして読み取ることで、在庫データの管理。

デメリット

  • 無料版では機能に制限があり、有料版へ移行する必要があることも

  • 手軽に持ち運べるため、スマホの置き忘れや紛失などによるセキュリティが心配

  • 在庫数に制限があるものも多く、小規模には適しているが、中大規模の企業には向かない

遠隔在庫管理カメラシステム

カメラで撮影・録画した映像データをクラウド上で保管することにより、物流倉庫や店舗、製造ラインなど監視。

アナログカメラを含む監視カメラ、防犯カメラ、IoTを利用したカメラなどさまざま。

デメリット

  • カメラの範囲が限られている、奥まった場所の撮影が難しい

  • カメラの電源が必要なので、ケーブルなど導線がゴチャゴチャする

  • カメラの範囲が限られているのでカメラの台数が多く必要、コストがかかる

  • 上記の理由から広い倉庫や工場には不向き

遠隔在庫管理AI

AIがさまざまなパターンを経験し、学習、大量のデータを分析。人間のように作業の手順を覚えることができ、データに基づいた正確な需要予測が可能

デメリット

  • AIシステム導入やロボットの購入などの初期費用やランニングコストがかかる

  • 情報漏洩のリスクがある

  • 責任の所在が曖昧

在庫の遠隔管理のデメリットを解消するIoTとは

在庫不足は売上の減少に、過剰在庫は倉庫スペースの圧迫や在庫ロスに繋がるため、在庫管理や倉庫の保管管理は必要不可欠な業務です。

新型コロナウイルス人手不足などさまざまな問題に直面している状況下において、いかに効率化して正確に在庫管理、倉庫内における保管を行うことができるかが重要となります。

そこで注目され、近年続々と各企業で導入されているのが在庫管理の自動化であり、その最も有効な方法として以下の2つが大きなキーワードとされています。

DX(デジタルトランスフォーメーション)

企業の営みや産業全体をデジタルの力でよりよくしていく取り組み

IoT(Internet of Things)

IoT=「モノのインターネット化」

IoT機器を導入することにより、「自動化」や「見える化」が可能になり、棚卸、現場作業の改善、在庫管理、工程管理、品質管理なども効率的に行えるようになります。

このように稼働状況や生産状況、在庫などのデータを分析することで、人力では発見しにくい問題や傾向なども把握できるようになり、生産性の向上やロスタイムの削減につながります。

デジタルテクノロジーを駆使して、企業経営や業務プロセスそのものを根本的に改善していくDX(デジタルトランスフォーメーション)を実現するためにIoTは欠かせない要素となります。

また、新型コロナウイルス対応などで業務に忙殺されている医療分野や調剤薬局、リモートワークを取り入れたい現場スタッフをサポートすることも大いに期待されています。

次の章では置くだけで在庫の見える化が可能!今、話題のIoT機器「スマートマットクラウド」をご紹介します。

在庫の遠隔管理を簡単サポート!スマートマットクラウド

スマートマットクラウドは、株式会社スマートショッピングが運用するIoT機器スマートマットを利用した在庫管理・発注自動化サービスです。

今までありそうでなかったスマートマットが重さで在庫を検知するというシンプルな仕組みを利用して、残量/残数をスマートマットクラウドに保存。

タグやバーコードの貼り付け・読み取りなどの作業負担もなく、管理画面から実在庫の自動記録、確認ができます。

また、現場への導入に向けては、専門のカスタマー・サクセス担当が、お客様を厚くサポートします。

オフィスのコピー用紙、倉庫や工場の小さなネジ類、 冷蔵庫の見えない食材、遠方のお客様先に設置した自社製品など、業種・品目を問わず幅広い場面に対応。CSVやAPIを利用し、生産・在庫管理・購買システムとの連携も可能です。

スマートマットクラウドの主な機能と特徴は以下の通りです。

機能 スマートマットクラウド
計測最大重量 A3サイズ:100kgまで/A4サイズ:30kgまで/A5サイズ:5kgまで
マルチマット 複数台による計測可
在庫管理 可能
棚卸 可能
接続方法 Wi-Fiで接続
海外での利用 可能な地域あり
冷凍室での利用 可能
発注方法 メール、FAX、インフォマート、メディコード
発注方式 不定期定量発注と定期不定量発注の2種類
在庫量の遠隔監視 可能
アラート機能 在庫が少なくなったタイミングでのメール通知

※2021年10月現在の情報です。

信頼できる在庫管理システム「スマートマットクラウド」

在庫管理や棚卸の業務負担にお困りですか? 「スマートマットクラウド」が毎日の在庫管理業務を、劇的に改善。

「管理商材が多く、ICタグを貼る業務が負担」
「初期投資費用がかかりすぎる」
「システムを入れたけど結局棚卸が必要」

自社に合った在庫管理システムが見つからずお悩みの企業様。 費用面でも運用面でも導入のハードルが低く、 早期の導入効果を実現する「スマートマットクラウド」の資料請求はこちらです。

もうすぐ締切!IT導入補助金が利用可能

「スマートマットクラウド」は、IT導入補助金2021の対象ITツールに認定。
申請を検討の方はお急ぎください

  • 無料で事例集を受け取る

関連記事

もうすぐ締切!IT導入補助金が利用可能

「スマートマットクラウド」は、IT導入補助金2021の対象ITツールに認定。
申請を検討の方はお急ぎください

  • 無料で事例集を受け取る

人気事例

もうすぐ締切!IT導入補助金が利用可能

「スマートマットクラウド」は、IT導入補助金2021の対象ITツールに認定。
申請を検討の方はお急ぎください

  • 無料で事例集を受け取る
全自動で在庫管理・発注を行う! ︎