在庫管理術

遠隔管理【在庫をリモートで管理する際のツールや課題とは?】

遠隔管理【在庫をリモートで管理する際のツールや課題とは?】

在庫を遠隔管理するニーズやメリット、遠隔管理の課題、在庫の遠隔管理を可能にするツールについて紹介します。

目次

在庫の遠隔管理とは

在庫の遠隔管理とは、工場・店舗・オフィスなどの資材・商品・消耗品を何らかのツールを使用してその在庫数の情報を取得し、インターネット経由でパソコンなどから管理することです。

在庫があるかどうか、現場までわざわざ足を運ぶ必要がなく、敷地面積の大きな工場や複数店舗をもつチェーン店、多フロアにまたがるオフィスなどで在庫管理を一元化できます。

在庫の遠隔管理とは

在庫管理・発注を自動化する

在庫の遠隔管理に使われているデータベース・ツール

在庫管理に使用されるデータベースはクラウドにデータを保存しデータ一覧表やデータ推移グラフで在庫の種類や数を管理できるシステムが一般的です。

アカウントさえあれば社内の誰もが入力・同時編集ができ、また現場のモニターに在庫一覧表を写し出すことで常時、誰しもが閲覧可能。ソフトウェアのアップデートもクラウドを介して行うことができます。

在庫管理のデータベース

そして遠隔管理を行うツールには以下のようなものがあります。

実際の在庫を管理するために以前は現場の人間が発注・入庫・出庫・販売数などを手入力していましたが、ここ最近では遠隔管理用ツールとしてハンディスキャナーやスマホアプリでJANやITFなどのバーコードやQRコードを写すコード管理が主流となってきました。

またコストがかかるハンディスキャナーやハンディターミナルを必要としないスマホアプリでのコード読み取りがパッケージ化された商品も登場しています。スマホアプリは操作が簡単・いつでもどこでも在庫が確認できるなどのメリットがあります。

バーコード、QRコード、RFID、重量センサなどの遠隔管理ツール

RFIDを使った在庫管理はコード×ハンディスキャナーを使う在庫管理に非常によく似ています。コード管理と異なるのは、電波が遮断されなければ一括で大量の在庫を読み取れたり、またRFIDタグが汚れていたり、隠れて見えなくても専用のスキャナで読み取れる点です。

ただし、全商品にRFIDタグを購入しひとつ一つ貼り付ける必要があったり、専用のスキャナも割高であったりと人件費や導入コストが高くなるというデメリットがあります。

モニタリングカメラによる画像認識も遠隔管理に使用されていますが、モノが箱に入ったままの状態では内容を把握できない、衣類などのサイズ違いは認識できない、カメラに映る向きによっても識別が難しくなる、というデメリットがあります。

そのため、カメラが認識しやすい識別コードなどをモノに取り付けて遠隔管理する場合もありますが、どちらかというと在庫数の把握というよりは紛失や盗難防止のために使用されることが多いようです

光センサーは限られた空間内での収納量を測定するのが得意なので、冷蔵庫などでよく使用されていますが、モノの種類を判定するのは難しくあまり実用には至っていません。

最後に重量センサですが、これは体重計のような装置にモノを載せておくだけで商品の重さから個数を割り出すことができます。重量センサひとつひとつにモノの種類を紐付けておけば、全ての実在庫をリアルタイムで一元管理することが可能です。

遠隔管理ツールの特徴一覧表

在庫管理・発注を自動化する

在庫の遠隔管理をする必要性・メリット

多くの企業が在庫管理の自動化を進めるなかで、在庫の遠隔管理も同時に行いますが、何よりものメリットは現場にわざわざ足を運ばなくてもよいという点です。

コロナ禍以降、製造業では技術員や作業員は会社に出社しても、総務や本部といった基幹部隊はリモート勤務という形態の企業が増えてきました。

そのため、資材・副資材・仕掛品・研究材料や試薬などの在庫を遠隔管理する必要性がますます高まっています

その他の分野でも、飲食・ファッション・雑貨など複数店舗をもつチェーン店や中央倉庫とフロアごとに医薬品がある大病院や、毎日大量のリネンやアメニティを扱うホテルフロア数の多いオフィスの消耗品などは在庫管理の自動化・遠隔管理が省人化に大いに繋がります

遠隔管理のメリット

遠隔で発注・入庫・出庫を管理できるもうひとつのメリットは、在庫が少なくなれば現場が発注依頼をしなくても本部で発注できる点です。また発注を自動化、もしくはアラートで発注を促す在庫管理システムもあります。

また在庫の流れを一元管理することで、店舗であれば商品の売れ筋を分析したり、製造業であれば7つのムダのひとつである在庫のムダを排除したりということにも役立ちます。

さらに在庫を一元管理することで、現場での棚卸しや在庫管理の属人化の解消にも繋がり、発注や入出庫以外の本業に集中できるというメリットもあります。

在庫を遠隔管理する上での課題・デメリット

在庫の遠隔管理する上での注意点は、バーコードなら入出庫の際の重複読み込みや、重量センサなら重量センサに紐づいたモノ以外のモノを置いてしまう、というヒューマンエラーがあります。

現場におけるモノの入出庫の取扱いにも誰が・読み取る・モノの確認をするという責任者の所在を明らかにし、どこに何を置くのかひと目分かる工夫をしておくのがよいでしょう。

遠隔管理の注意点

また管理側では、クラウド型データベースを同時編集できるために発注数を複数人が入力してしまった・逆に発注数を入力していなかったために重複発注してしまったというミスも起こらないとは限りません。誰が・いつ・発注し・入力するというルールを厳格に決めたほうがよいでしょう。

こういったミスを防ぐために、在庫数がある閾値以下になると自動発注され、新たに入庫された分だけ自動で更新されるという在庫管理システムが有効です。

現在、遠隔管理を含めさまざまな在庫管理システムがあります。しかし自社の入出庫・発注の流れに合わなかった、返って手間が増えた、初期投資だけでなくランニングコストが予想以上に高くついた、などのデメリットがあり理想どおりの在庫管理が導入できない場合があります。

在庫管理システムを導入する際は、まず自社の在庫管理の現状把握から解決すべき課題を見つけましょう。

次にどういった遠隔管理をすれば自社のモノの流れにマッチするか分析するのがマスト。その後でそれらをソリューションできる在庫管理システム・遠隔管理ツールを導入すべきです。

在庫管理・発注を自動化する

遠隔管理に重量センサを使った「スマートマットクラウド」で実在庫をいつでもどこでも把握

7wastes09

現場のあらゆるモノをIoTで見える化し、発注を自動化するDXソリューション「スマートマットクラウド」を使えば、簡単に在庫管理の自動化・遠隔管理が可能です。重量センサであるスマートマットの上に管理したいモノを載せるだけで設置が完了。

新たに入荷したモノをマットに載せれば、在庫数も自動で更新。またスマートマットクラウドのアプリでは入出庫管理も可能です。

マットが自動でモノの在庫を検知、クラウド上でデータを管理して適切なタイミングで自動発注してくれるので、重複発注やデータ更新ミスなどを防いでくれます。

さまざまな自動発注に対応

お客様の発注先に合わせた文面でメール・FAXの送信が可能です。

在庫の圧迫を防ぐ

推移を把握できるグラフで適切な在庫量を判断し、余分な在庫による圧迫・ムダを防ぎます。

置く場所を選びません

スマートマットはA3サイズ〜A6サイズまでの4サイズ展開。ケーブルレスで配線の必要はありませんが、ACアダプタにも対応可能。耐冷仕様なので冷蔵庫・冷凍庫利用も可能です。

API・CSVでのシステム連携実績も多数

自社システムや発注元・顧客先システムと連携をスムーズにするAPIやCSVが充実。より在庫管理効率UPを実現します。

安心サポート

現場への導入に向けては、専門のカスタマー・サクセス担当がお客様を厚くサポートします。

在庫管理・発注を自動化する

在庫の遠隔管理にスマートマットクラウドを使用した成功事例

 

 

\3分でわかる!スマートマットクラウド/

  • サービス資料を読んでみる(無料)

関連記事

\3分でわかる!スマートマットクラウド/

  • サービス資料を読んでみる(無料)

人気事例

  • 三洋化成工業株式会社
    化学工業

    【業務効率化・生産性向上】試薬・溶剤の発注を完全自動化。液体窒素や廃液処理までも管理する事で、メイン業務である分析に専念

    三洋化成工業株式会社

    / 生産性向上 / ゴミ回収

  • 株式会社SUBARU
    製造業

    消費スピードの予測が困難な部品在庫数をリアルタイムで把握。管理人件費削減により従来の1.5倍の費用対効果と若手の従業員体験向上を同時に実現

    株式会社SUBARU

    / 生産性向上 / 遠隔監視

  • 株式会社神戸製鋼所
    製造業

    欠品防止で生産停止リスクを排除。検査工程に必須のX線フィルム在庫を大幅に圧縮し大幅なコストコントロールを自在にする発注マネジメント

    株式会社神戸製鋼所

    / 発注ミス / 適正在庫

\3分でわかる!スマートマットクラウド/

  • サービス資料を読んでみる(無料)