在庫管理術

業務効率化

 

business_efficiency_top

業務効率化が求められる背景

人手不足や新型コロナウィルスの影響、業界が置かれている状況そのものが厳しく、業績がなかなか伸びない……。
人手や資金等限りある資源の中で経営を安定させ、成果を出すためには、業務効率化に取り組み成功させる必要があります。


この記事では業務効率化の具体的な進め方や業務効率化を進めるポイント・注意点、業務効率化に役立つツールとその選び方について解説します。

 

業務効率化とは【目的・業務効率化と生産性向上の違い】

業務効率化とは、業務プロセスからムリ・ムダ・ムラをなくして、改善することです業務効率化の目的は主に次の3点にあります。

業務効率化の目的

  • コスト削減
  • 生産性向上
  • 労働環境改善

業務効率化と生産性向上はしばしば混同されがちですが、次のような違いがあります。

  • 業務効率化は手段
  • 生産性向上は目的のひとつ

 

業務効率化の進め方

業務効率化は以下の手順で進めていきます。

  • 業務内容・フローの把握:現在何をどれだけやっているかを知り、どこに問題点があるかを見極める
  • 改善策立案 :課題の解決策を検討する
  • 改善策の実施:検討した解決策をテスト的に実施して問題がないかチェックする
  • 評価:改善策の効果測定をし、改善すべきところがあればあらためて改善する

業務効率化の手順

この手順を繰り返すことで、さらなる業務効率をはかることができます。


業務効率化に役立つツール

おすすめのフレームワーク5つ


業務効率化を進めていく上で、役にたつフレームワークを紹介します。
フレームワークとは誰もが使え思考の整理に役立つ、分析、意思決定、企画立案の枠組みのことです。

▼フレームワークの例

  • QCDS:クオリティ・コスト・デリバリー・サポートの4項目で他の商品と比較し品質管理をすすめる手法
  • PDCA:Plan・Do・Check・Actionを順番に繰り返し、管理業務を継続的に効率化する手法
  • BPMN:現状の業務プロセスの課題を抽出し・分析の上、見直しを続ける手法ロジックツリー:問題をツリー状に分解して原因や解決策を見落とすことなく論理的に洗い出す手法
  • ECRS:排除(Eliminate)・結合(Combine)・再配置(Rearrange)・単純化(Simplify)の視点で業務の見直しをはかる方法

 

業務効率化の方法

在庫管理効率化の方法とは

業務効率化には、削減、簡素化・システム化・アウトソーシング・標準化・集約化という方法があります。
ここではどの業界にも発生する定例業務、在庫管理を例にとり、業務効率化の方向を探ってみましょう。

在庫管理業務効率化の方法

  • 在庫管理削減:残数チェック・棚卸の廃止
  • 在庫管理の簡素化:残数チェック・棚卸回数を減らす
  • 在庫管理の標準化:発注点・発注量の設定
  • 在庫管理の集約化:担当制の導入、本部による一括管理
  • 在庫管理のアウトソーシング:在庫管理・棚卸業務を外注
  • 在庫管理のシステム化:ITツール・RPAの導入

業務効率化の方法

在庫管理や棚卸は健全な経営に欠かせない業務です。在庫管理や棚卸削減はおすすめできません。
業務の標準化や集約化は大きなコストはかかりませんが、現場にあらたに発注点・発注量を周知する教育コスト、担当部署に在庫数を共有するコミュニケーションコストが発生します。
棚卸業社利用やアウトソーシングは、業務量を大きく削減しますが、費用が発生します。
業務のシステム化は業務にあったツールを選ぶことで、業務量削減や自動化を実現することができます。導入コストや教育コストがかかるため、費用対効果を見極める必要があります。

業務効率化が特にもとめられる業種

どの業界でも業務効率化は命題となっていますが、特に次の業界では、喫緊の経営課題となっています。

これらの業界に共通している点は深刻な人手不足です。人手が足りずに、普段の業務で手いっぱいになっている業界こそ業務効率化を進めるべきですが、業務効率化には、業務フローの変化が伴います。

現場の教育コストやツールの初期導入費用がネックとなって本格的な業務効率化に着手できないケースが多いのが現状です。

在庫管理を業務効率化する「スマートマットクラウド」の特徴

在庫管理の重要性は理解しているが、労力がかかりすぎるため、十分な管理ができていない企業には、シンプルな仕組みで在庫確認・発注。棚卸という在庫管理業務を自動化する在庫管理システム「スマートマットクラウド 」がおすすめです。

スマートマットクラウドは、現場のあらゆるモノをIoTで見える化し、遠隔管理を可能にするDXソリューションです。

スマートマットクラウドのイメージ

スマートマットの上に管理したいモノを載せるだけで設置が完了。

あとはマットが自動でモノの在庫を検知、クラウド上でデータを管理し、適切なタイミングで自動発注してくれます。

タグやバーコードの貼り付け・読み取りなどの作業負担もなく、管理画面から実在庫の自動記録や、確認ができます。

 

さまざまな自動発注に対応

お客様の発注先に合わせた文面でメール・FAXの送信が可能です

在庫圧縮を促進

推移を把握できるグラフで適切な在庫量を判断し、在庫圧縮を促進します

置く場所を選びません

スマートマットはA3サイズ〜A6サイズまでの4サイズ展開。ケーブルレスで、冷蔵庫・冷凍庫利用も可能。

 API・CSVでのシステム連携実績も多数

自社システムや他社システムと連携を行い、より在庫管理効率UPを実現します。

安心サポート

現場への導入に向けては、専門のカスタマー・サクセス担当が、お客様を厚くサポートします。

スマートマットクラウド導入事例

スマートマットクラウドは、現在さまざまな業界に導入いただいています。飲食業・宿泊業の業務効率化に貢献できた例をご紹介します。

飲食業DXsake.bar.成田屋

成田屋様導入事例
北海道札幌市の日本酒バーの導入事例です。140枚のスマートマットで日本酒、おつまみ、おしぼり、箸、炭酸のガスボンベなど店舗運営に必要なものほとんどを管理しています。徹底的なマットの活用で人件費を可能な限り削減しています。

 

宿泊業DX株式会社井口 浜の湯様

株式会社井口浜の湯様の事例
長野県和風温泉宿での導入事例です。シャンプーやボディーソープ、アメニティの在庫をスマートマットクラウドで管理しています。消費データを元に、これまで在庫過剰に陥っていたことに気づき、安全在庫の基準を見直しました。

業務効率化の関連記事

  • 宿泊業(旅館・ホテル)の人手不足とは
    業務効率化

    宿泊業(旅館・ホテル)人手不足【統計でみる現状・コロナの影響・原因・対策・人手不足を解消するIoT】

  • サプライチェーンマネジメント(SCM)とは
    業務効率化

    サプライチェーンマネジメント(SCM)【目的・仕組み・機能・事例・メリット・課題・SCMで重要な在庫適正化をサポートするIoT】

  • ジャストインタイム
    業務効率化

    【図解】ジャストインタイム(JIT)【意味・歴史・考え方と三原則・目的・事例・デメリット・在庫を適正化しコスト削減するIoT】

最大150万円! IT導入補助金を相談する

スマートマットクラウドはIT導入補助金対象のITツールです。IT導入補助金をご検討の方はお問合せください。

  • 在庫管理システムを見る

人気事例

最大150万円! IT導入補助金を相談する

スマートマットクラウドはIT導入補助金対象のITツールです。IT導入補助金をご検討の方はお問合せください。

  • 在庫管理システムを見る
全自動で在庫管理・発注を行う! ︎