在庫管理術

IoTサービスの必要性と事例 I スマートマットクラウドを使った在庫管理方法 

IoTサービスの必要性

在庫管理の効率化に欠かせないIoTサービスとは

在庫管理とIoT

在庫管理の課題・リスクを克服し、成功するために注目されているのが、

DX(デジタルトランスフォーメーション)

企業の営みや産業全体をデジタルの力でよりよくしていく取り組み

IoT(Internet of Things)

IoT=「モノのインターネット化」

です。

IoT機器を導入することにより、「自動化」や「見える化」が可能になり、現場作業の改善、倉庫内の在庫管理、工程管理、品質管理なども効率的に行えるようになります。このように稼働状況や生産状況、在庫などのデータを分析することで、人力では発見しにくい問題や傾向なども把握できるようになり、生産性の向上やロスタイムの削減につながります。

デジタルテクノロジーを駆使して、企業経営や業務プロセスそのものを根本的に改善していくDX(デジタルトランスフォーメーション)を実現するためにIoTは欠かせない要素となります。

製造業、病院、クリニック、サービス業といった業種を問わず、在庫管理は大きな関心事項です。


在庫切れや、過剰在庫といった在庫管理の課題解決に役立つとして、IoTが期待を集めています。

在庫管理の課題を解消!IoT機器スマートマットクラウド

スマートマットクラウドは、現場のあらゆるモノで見える化し、在庫管理・発注を自動化するIoTソリューションです。

スマートマットの上に管理したいモノを載せるだけで設置が完了。

あとはマットが自動でモノの在庫を検知、クラウド上でデータを管理し、適切なタイミングで自動発注してくれます。

タグやバーコードの貼り付け・読み取りなどの作業負担もなく、管理画面から実在庫の自動記録や、確認ができます

今すぐ無料資料を受け取る

スマートマットクラウドの仕組み

スマートマットクラウドの仕組み

スマートマット

重量IoTであるスマートマットが、在庫の重さを自動計測しデータを送信。在庫の数や変動をいつでも把握できます。

管理画面

管理画面を通じ「どこ」に「何が」「どれだけ」あるのかを在庫置場にいくことなく遠隔から確認できます。

 

スマートマットクラウドが解決する課題

スマートマットクラウドで課題を解決

スマートマットクラウドは、在庫管理・発注における以下のような課題を解消します。

  • 在庫確認・発注・棚卸の業務負担
  • 過発注・発注漏れなどの発注ミス
  • 過剰在庫・欠品
  • 社内盗難

これらが原因で生じる…

  • 人手不足
  • 従業員満足度低下・離職
  • 生産性ダウン
  • 在庫管理にかかる人件費や保管費、教育コスト増
  • 棚卸資産減耗
  • 機会損失

さらに、本来の業務を在庫管理で中断されることがなくなり、よりクリエイティブな仕事へ注力できるようになります。

 

スマートマットクラウドの主な特徴・機能

スマートマットクラウドの機能

多彩なサイズ展開

  • A3〜A6の4種類のサイズがあり、電池で動くためケーブルレスで設置場所を選びません。また、耐久性にも優れ、衝撃・水滴にも強く、冷蔵倉庫や冷蔵庫内でも使用できます。

自動発注機能

実際の消費に合わせ最適なタイミングでの自動発注が可能。業種ごとのさまざまな発注先に対応しています。仕入先ごとに最低発注金額があるような、複雑なルールにも対処できます。

調達部門との連結工程・システム連携

  • 社内調達部門との工程連結も可能。発注前タイミングでのメール通知など、別部門との連携も万全です。CSVやメール、FAXでの発注に加え、RPAなどシステムとの連携も網羅しています。

  • マルチマット機能

    • 複数枚のマットで、1枚のマットサイズより大きな商品の在庫管理を行うことが可能。A3サイズを大きく超える在庫の管理に活躍します

    • ※サイズ展開・機能は2022年6月時点の情報です

    •  

今すぐ無料資料を受け取る

スマートマットクラウド安心のサポート体制

スマートマットクラウドのサポート

在庫管理システムを選ぶ上で、さらに重要となるのが導入前・導入後のサポート体制です。

新たなシステムを導入する際は、想定外のトラブルや疑問が生じる可能性もあるので、その際にどのようなサポートをしてくれるかは選ぶ際の重要なポイントになります。

問題解決がスムーズにいかなければ、現場は混乱し、業務や経営の効率化が進まなくなってしまうこともあります。

スマートマットクラウドでは、お客様自身によるスマートマットクラウドの利用がスムーズにできるよう、専門のカスタマー・サクセス担当が、お客様を厚くサポートします。

 

従来の在庫管理とスマートマットクラウドの比較

スマートマットクラウドとの比較

従来の在庫管理方法には、在庫表やエクセルを用いたもの、RFIDを用いたものなどがあります。
在庫表やエクセルを用いた在庫管理は、出入庫のたびに在庫表に数量を記入したり、定期的に棚卸を行う必要がありました。
そのため、多くの単純作業を必要とし、人件費や時間がかかってしまう上、正確性や迅速性で劣るという課題が。

また、RFIDは精度は高いものの、1つ1つの商品にタグ付けを行う手間がかかるのが特徴。システム価格も一般的にIoTを利用したシステムより高額なため、導入費用が高くなってしまうという問題があります。

在庫表+エクセル、バーコード、RFID、スマートマットクラウド比較表

  在庫表+エクセル バーコード RFID スマートマットクラウド
業務負担 × ×
読み取り精度 ▲(1つ1つスキャン) ▲(計測誤差)
現場での作業 ×(現場で棚卸・在庫確認) ×(現場でスキャン) ×(現場でスキャン)
棚卸での利用 × ×
ソフトウェア × パッケージ カスタマイズ パッケージ

 

スマートマットクラウドは自動で計測するため正確で、人の手による読み取り作業が不です。在庫管理・棚卸・発注といった単純作業をスマートマットクラウドで自動化することで、社員のモチベーションアップ、業務効率化などさらなる効果が期待できます。

今すぐ無料資料を受け取る

 

最大150万円! IT導入補助金を相談する

スマートマットクラウドはIT導入補助金対象のITツールです。IT導入補助金をご検討の方はお問合せください。

  • 在庫管理システムを見る

関連記事

最大150万円! IT導入補助金を相談する

スマートマットクラウドはIT導入補助金対象のITツールです。IT導入補助金をご検討の方はお問合せください。

  • 在庫管理システムを見る

人気事例

最大150万円! IT導入補助金を相談する

スマートマットクラウドはIT導入補助金対象のITツールです。IT導入補助金をご検討の方はお問合せください。

  • 在庫管理システムを見る
全自動で在庫管理・発注を行う! ︎