在庫管理術

IoTサービスの必要性・事例「スマートマットクラウド」 I 在庫管理方法 

IoTサービスの必要性・事例

在庫管理の効率化に欠かせないIoTサービスとは

internet-of-things-technology_isai_01jpg

在庫管理の課題・リスクを克服し、成功するために注目されているのが、

DX(デジタルトランスフォーメーション)

企業の営みや産業全体をデジタルの力でよりよくしていく取り組み

IoT(Internet of Things)

IoT=「モノのインターネット化」

です。

IoT機器を導入することにより、「自動化」や「見える化」が可能になり、現場作業の改善、倉庫内の在庫管理、工程管理、品質管理なども効率的に行えるようになります。このように稼働状況や生産状況、在庫などのデータを分析することで、人力では発見しにくい問題や傾向なども把握できるようになり、生産性の向上やロスタイムの削減につながります。

デジタルテクノロジーを駆使して、企業経営や業務プロセスそのものを根本的に改善していくDX(デジタルトランスフォーメーション)を実現するためにIoTは欠かせない要素となります。

そして、在庫管理は製造業や小売業、アパレル、薬局や医療業界などにとって大きな関心事項であるにもかかわらず、なかなか成果を出せないという課題を解決するために必要なIoT機器が、将来的にも欠かせない役割を担っていくでしょう。

在庫管理の課題を解消!IoT機器スマートマットクラウド

smartma_01

スマートマットクラウドとは、重量をベースに自動で在庫管理を行う最新のIoT機器です。 株式会社スマートショッピングが運用、2020年6月末時点で導入企業は500社を誇ります。 マットの上に資材を置くことで在庫データを自動計測し、残量データをクラウド上に自動保存します。 また、PCやスマートフォンなど、お好きな端末でリアルタイムに在庫量を把握できます。

残量が減ったらアラームを飛ばしたり、自動で発注を行うことも可能です。

工場・飲食店・医療現場・ホテルなど、様々な業種で幅広く用いられています。

 

今すぐ無料資料を受け取る

スマートマットクラウドの仕組み

smartmat_02

通信する重量計スマートマット(IoT機器)

在庫の重量を自動計測し送信

クラウドソフト

「自動棚卸・発注・入出庫管理「「在庫・消費見える化」

アラート・自動発注

スマートマットクラウドが解決する課題

smartmat_03

スマートマットクラウドは、在庫管理・発注の以下のような課題を解消します。

棚卸・在庫確認の業務負担

発注ミス(過発注・発注漏れ)

過剰在庫・欠品

非効率な配送

これらが原因で生じる…

人手不足・やる気減退

生産性ダウン

コスト増

売上ロス

さらに、「リモート」「毎日・誰でも利用可能」なスマートマットクラウドは、新型コロナウィルス下における最適な在庫管理システムとして注目を集めています。

スマートマットクラウドの機能

smartmat_04

・3サイズ展開
  • A3/A4/A5の3種類のサイズがあり、電池で動くためケーブルレスで場所を選びません。また、耐久性にも優れ、衝撃・水滴にも強く、冷蔵庫などでも使用できます。
・マルチマット機能
  • 複数マットで、1つの大きな商品の在庫管理を行うことも可能で物流パレット(110cm x 110cm)や工場内の各種折りたたみコンテナで活用されています。
・Web画面で在庫数量を遠隔から簡単管理
  • Web画面から計測頻度変更、電池・WiFi接続状況の確認、発注・通知方法設定、位置・タグ情報の登録が可能です。
・自動発注も簡単に設定可能(メール・Fax)
  • 不定期定量発注 (発注点を下回ると定量発注)と定期不定量発注 (定期的に差分を発注)に対応。
・入出庫機能
  • 入出庫機能で入出庫データの蓄積・保存が可能。
・在庫一覧メールのみでの数量把握も可能
  • 他部署スタッフや営業スタッフが外部から残量を確認可能(CSVメール添付も)。電池残量もメールでお知らせします。
・システム連携
  • API・CSVでのシステム連携実績も多数。また、重量センサを活用した新規サービスも増加中(Amazonアマゾンジャパン合同会社、アスクル株式会社など)。

詳しい機能に関してはこちらをご覧ください。

 

今すぐ無料資料を受け取る

従来の在庫管理とスマートマットクラウドの比較

smartmat_05

従来の在庫管理は、在庫表やエクセルを用いたもの、RFIDを用いたものなどがあります。
在庫表やエクセルを用いた在庫管理は、出入庫のたびに在庫表に数量を記入したり、定期的に棚卸を行う必要がありました。
そのため、多くの単純作業を必要とし、人件費や時間がかかってしまう上、正確性や迅速性に劣ります。

また、RFIDは正確ではあるものの、1つ1つの商品にタグ付けを行う手間がかかる上、導入費用も高くなってしまいます。

在庫表+エクセル、バーコード、RFID、スマートマットクラウドの特徴と価格比較表(1,000商材管理)

  在庫表+エクセル バーコード RFID スマートマットクラウド
業務負担 × ×
読み取り精度 ▲(1つ1つスキャン) ▲(計測誤差)
現場での作業 ×(現場で棚卸・在庫確認) ×(現場でスキャン) ×(現場でスキャン)
棚卸での利用 × ×
ソフトウェア × パッケージ カスタマイズ パッケージ
現状の業務費用 500万円 500万円 500万円 500万円
導入費用 300万円 1,100万円 600万円
納品書 × ×
導入効果 ▲100万円 ▲400万円 ▲800万円
導入後の業務費用 500万円 700万円 1,200万円 300万円
※導入済企業、導入検討中企業・パートナーからのヒアリングに基づく。

スマートマットクラウドは自動で計測するため正確で、置きっ放しのため人手も不要です。在庫管理・棚卸・発注といった単純作業をスマートマットクラウドに任せることで、社員のモチベーションアップ、業務効率化など様々な効果が期待できます。

今すぐ無料資料を受け取る

スマートマットクラウド安心のサポート体制

smartmat_06

在庫管理システムを選ぶ上で、さらに重要となるのが導入前・導入後のサポート体制です。

新たなシステムを導入する際は、想定外のトラブルや疑問が生じる可能性もあるので、その際にどのようなサポートをしてくれるかは選ぶ際の重要なポイントになります。

問題解決がスムーズにいかなければ、現場は混乱し、業務や経営の効率化が進まなくなってしまうこともあります。

スマートマットクラウドでは、導入するお客様自身でスマートマットクラウドを自由自在に利用することを目的に、導入後1ヶ月間、スタッフがスマートマットクラウド利用・課題解決を集中的にサポートします。

さらに、その後も以下のような様々な方法で状況に応じたサポートを行ってくれるので安心感があります。

web

メール

電話

リモート(WEB会議・稼働状況の監視)

訪問

マニュアル

レクチャー

FAQ


信頼できる在庫管理システム「スマートマットクラウド」

在庫管理や棚卸の業務負担にお困りですか? 「スマートマットクラウド」が毎日の在庫管理業務を、劇的に改善。

「管理商材が多く、ICタグを貼る業務が負担」
「初期投資費用がかかりすぎる」
「システムを入れたけど結局棚卸が必要」

自社に合った在庫管理システムが見つからずお悩みの企業様。 費用面でも運用面でも導入のハードルが低く、 早期の導入効果を実現する「スマートマットクラウド」の資料請求はこちらです。

6/30まで!スマートマットクラウドはIT補助金を利用できます

  • 今すぐ資料請求

関連記事

6/30まで!スマートマットクラウドはIT補助金を利用できます

  • 今すぐ資料請求

人気事例

6/30まで!スマートマットクラウドはIT補助金を利用できます

  • 今すぐ資料請求
全自動で在庫管理・発注を行う! ︎