在庫管理術

自動発注【ロジック・発注点・計算式・自動発注システム・メリット・デメリット】

自動発注とは
目次

自動発注とは

自動発注とは、消費者のニーズや売れ行きの状況などをもとに、商品の販売数が
発注点または閾値(しきいち)=「その数量を下回れば発注する」あらかじめ決めた在庫水準(発注をかけるタイミング)になった際に、自動で発注を行うことです。

自動発注とは

発注業務に関する人的負担やコスト削減、発注漏れを防ぐ自動発注は、大手のイオングループ、ライフグループなどの食品スーパーやワークマンなどのアパレル、ホームセンター、ドラッグストア、コンビニなど小売業や流通業、飲食店、製造業などさまざまな業界で自動発注機能を持つ小売発注システムや資材発注システムの導入を介して進んでいます。

この記事では受発注システム・在庫管理システムの機能である、自動発注のロジック・発注点・計算式・自動発注システム・メリット・デメリットをわかりやすく解説していきます。

また、発注の自動管理を簡単に実現できるIoTシステムもご紹介。

在庫管理・発注を自動化する

自動発注のロジック【発注点・計算式】

自動発注のロジックは、いったいどのようなものなのでしょうか。

自動発注を行う上で基本となる重要な考え方が、発注点(閾値)です。発注点(閾値)を設定するために参考にする3つの要素があります。

発注点設定に必要な3要素

・1日の平均出荷量
1日あたりの使用・販売する数量のこと。

・調達期間(発注リードタイム
材料の発注点なら、発注してから納品されるまでの調達期間、仕掛品の発注点なら、生産着手から完了までの製造期間のこと。

安全在庫
需要変動などのバラつきによって起こる可能性がある欠品を、ある程度防ぐための在庫のこと。

これらをもとに、発注点は、一般的に以下の計算式で求めることができます。

発注点=1日の平均出荷量×調達期間+安全在庫

→発註点について詳しくはこちら

自動発注システム

自動発注を行う上で欠かせないのが自動発注システムです。

自動発注システムは、1日の平均出荷量、調達期間(発注リードタイム)、安全在庫数などの発注点に必要な要素に加え、その時々の消費者にニーズや流行を踏まえた需要予測をもとに、発注点を決定し、その数値に達したら、システムが自動的に発注を行います。

システムの中には、発注点に達したら、自動でアラート通知が行われるものもあります・手動管理では見落としがちな発注タイミングで確実に発注し、在庫欠品を回避できます。

自動発注システムの種類

さまざまな自動発注システムが開発、導入されていますが、注目を集めているのは以下のようなシステムです。

・AI需要予測型自動発注システム
過去の販売データからAIがその日の需要を予測。最適な発注量を決定し、商品を自動発注。

・自動補充発注システム
過去の在庫数量や売上数量に基づいて基準在庫数量を設定し、基準在庫数量と
現在の売上、在庫数量をもとに自動的に発注時期や発注量を決定。

スマートマットクラウド
在庫の上に置くだけで在庫を遠隔監視。管理する在庫が少なくなったタイミングで自動発注ができるIoT型在庫管理システム。

自動発注のメリット・デメリット

自動発注のメリット

自動発注のメリット

  • 発注業務の負担を軽減できる

  • 人的コストの削減できる

  • 欠品による機会損失を回避できる

自動発注のデメリット

  • 従業員の需要予測や発注業務に関する知識が育たない

  • 自動発注システム導入・運用コストがかかる

  • 閾値の設定に必要な在庫消費データを集めるのが難しい

自社の発注業務に自動発注を導入した場合を具体的にシミュレーションして、メリット・デメリットを見極めましょう。

自動発注管理が向いている在庫

社内で扱う在庫のうち、在庫確認が難しい在庫欠品のダメージが大きい在庫を自動発注に切り替えることをお勧めします。

●在庫確認が難しい在庫

  • 数量が多い部品

  • 液体・粉末の在庫

  • 遠隔の倉庫で管理している在庫

●欠品のダメージが大きい在庫の例

  • 機械や設備の保守パーツ

  • 特注品や輸入品等発注から納品までに時間がかかる資材

  • 製品の出荷に欠かせない検査に使う消耗品や梱包材

自動発注管理が向いている在庫

当社の在庫管理システム「スマートマットクラウド」は、重量センサを活用したシステムです。重量センサを搭載したスマートマットを使ってリアルタイムの在庫数を遠隔確認できます。欠品させると機会損失に直結する副資材・予備品の管理にも最適な在庫管理ソリューションです。

自動発注で在庫管理を超効率化!スマートマットクラウド

 

スマートマットクラウドのイメージ

現場のあらゆるモノをIoTで見える化し、発注を自動化するDXソリューション「スマートマットクラウド」を使えば、簡単に自動化が可能です。スマートマットの上に管理したいモノを載せるだけで設置が完了。

あとはマットが自動でモノの在庫を検知、クラウド上でデータを管理し、適切なタイミングで自動発注してくれます。

スマートマットクラウドの自動発注の流れ

さまざまな自動発注に対応

お客様の発注先に合わせた文面でメール・FAXの送信が可能です

在庫圧縮を促進

推移を把握できるグラフで適切な在庫量を判断し、在庫圧縮を促進します

置く場所を選びません

スマートマットはA3サイズ〜A6サイズまでの4サイズ展開。ケーブルレスで、冷蔵庫・冷凍庫利用も可能。

API・CSVでのシステム連携実績も多数

自社システムや他社システムと連携を行い、より在庫管理効率UPを実現します。

詳しく見る

スマートマットクラウドを使った自動発注の導入事例

 

 

\3分でわかる!スマートマットクラウド/

  • サービス資料を読んでみる(無料)

関連記事

  • 発注

    アプリ・スマホ・タブレットで使える受発注システム【無料版もご紹介】

  • 発注管理システム
    発注

    発注管理システム【失敗しない発注の条件と課題を解決するシステムとは】

  • 発注

    【受発注システム】Web上で受発注業務が完結できるシステムの選び方や無料ツールは?

  • 受発注
    発注

    受発注【受注発注業務のフロー・業務上の課題とは?】

  • 購買管理
    発注

    購買管理【購買管理の5原則・購買の課題を解決する方法とは】

  • 在庫管理に欠かせない発注とは
    発注

    在庫管理に欠かせない発注【発注方式や発注点の重要性・課題と解決方法・発注自動化ツールと導入成功事例】

\3分でわかる!スマートマットクラウド/

  • サービス資料を読んでみる(無料)

人気事例

\3分でわかる!スマートマットクラウド/

  • サービス資料を読んでみる(無料)