在庫管理術

病院経営と在庫管理

 

inventory_control_hospital_TOP-min-1

病院経営の現状【黒字・赤字】

厚生労働省の「病院の経営収支調査の結果」では、黒字の病院が29.7%、赤字の病院が70.3%と、赤字の病院が圧倒的に多いことがわかっています。

また、公益社団法人 全日本病院協会「2019年度 病院経営定期調査」の報告によると…。

・黒字病院
収益増に対して、給与費、設備関係費、経費などの費用の伸びが低抑えられている(DX化などをいち早く取り入れ、効率化している)

・赤字病院
収益の伸びが低く、費用の伸びが収益を大きく上回って赤字が拡大している

このように、病院経営の2極分化(黒字・赤字の格差)が進展していたことが明らかになっています。

厚生労働省の「医療施設(動態)調査」の結果では、過去20年で一般病院数は2000年9月の9,266院から2020年9月末日現在で8,243院に減少し、20年間で約11%も少なくなっています

特に、規模の大きい病院は経営が厳しく、統廃合により病院数が減少しています。また、200床以下の中小病院についても、過去20年間で約1割が減少しています。

さらに、一般社団法人 日本病院会による「新型コロナウイルス感染拡大による病院経営状況の調査(2020年度第3四半期)では、」新型コロナの感染拡大により、外来患者数、入院患者数の減少が継続

コロナ受け入れ病院の4割強が、冬の賞与を減額支給したとの結果が報告されています。

病院を取り巻く環境は年々厳しさを増し、現在、日本の医療・病院経営は、大変シビアな経営状況にあります。

 

病院経営の課題【コスト管理】

病院経営コンサルタントの多くが、安定した病院経営を維持するためには、コスト管理の重要性を掲げています。

コストのなかでも病院の経費の大部分を占める人件費と材料費(診療材料と医薬品)を適切に管理し、スタッフのモチベーションを下げないような体制づくりを行うことが病院経営の大きな課題とされています。
人件費と材料費が病院経営に影響大
 

病院の在庫管理・物品管理と課題

病院経営に欠かせないコスト管理(人件費・材料費)削減の方法として、真っ先に取り組みたいのが、在庫管理物品管理業務です。

病院の在庫管理・物品管理業務は、医薬品、医療材料、医療消耗品、医療機器、リネン類、食材、備品…など膨大な種類を適正に管理することが求められます。

ですが、実際には

  • 在庫切れがあると、患者の治療に影響が出てしまうため、スタッフの心的負担が大きい
  • 在庫管理業務に追われ、本来の業務に専念できない
  • 在庫管理業務のために残業(残業代)が発生する
  • 発注ミスによる不動在庫の増加
  • SPD(院内物流管理システム)の導入にはコストがかかるし、スタッフが使いこなせない

上記のような課題を抱え、効率化できない、経営にも悪影響を与えているというのが実情です。

また、人件費高騰や人手不足といった病院が抱える人材面の課題=医療の働き改革にも大きく関わっていることも明らかに…。

病院の在庫管理の課題

そこで、注目されているのが、看護師などのスタッフによる人力(アナログ)に頼っていた在庫管理や発注業務の自動化

次の章では、これからの病院経営に欠かせないIoTについてご紹介していきます。

病院経営の課題をサポートするIoT

病院経営と在庫管理のIoT

在庫管理の課題・リスクを克服し、成功するために注目されているのが、

です。

IoT機器を導入することにより、「自動化」や「見える化」が可能になり、現場作業の改善、在庫管理、工程管理、品質管理なども効率的に行えるようになります。このように稼働状況や生産状況、在庫などのデータを分析することで、人力では発見しにくい問題や傾向なども把握できるようになり、生産性の向上ロスタイムの削減につながります。

デジタルテクノロジーを駆使して、企業経営や業務プロセスそのものを根本的に改善していくDX(デジタルトランスフォーメーション)を実現するためにIoTは欠かせない要素となります。

そして、在庫管理は製造業や小売業、アパレル、薬局や医療業界などにとって大きな関心事項であるにもかかわらず、なかなか成果を出せないという課題を解決するために必要なIoT機器が、大きな注目を集めています。

 

病院の在庫管理・発注を効率化!スマートマットクラウド

病院経営と在庫管理のスマートマットクラウド

 

スマートマットクラウドは、株式会社スマートショッピングが運用するIoT機器スマートマットを利用した在庫管理サービスです。


今までありそうでなかったスマートマットが重さで在庫を検知するというシンプルな仕組みを利用して、残量/残数をスマートマットクラウドに保存。


タグやバーコードの貼り付け・読み取りなどの作業負担もなく、管理画面から実在庫の記録、確認ができます。
これまで目視で確認、ノートで記録していた在庫管理業務を大幅に時間削減。


病院・クリニックの隠れた負担となっている医療材料・用品の発注業務を簡単に自動化します。主要ディーラーへの自動発注に対応しており、診療に必要なものの欠品を予防できます。


また、専門のカスタマー・サクセス担当が、お客様を厚くサポート
導入・運用で現場スタッフに負担をかけることがないよう、責任を持って対応します。


スマートマットクラウドの主な機能と特徴は以下の通りです。

 

機能 スマートマットクラウド
計測最大重量 A3サイズ:100kgまで/A4サイズ:30kgまで/A5サイズ:5kgまで
マルチマット 複数台による計測可
在庫管理 可能
棚卸 可能
接続方法 Wi-Fiで接続
海外での利用 可能な地域あり
冷凍室での利用 可能
発注方法 メール、FAX、インフォマート、メディコード
発注方式 不定期定量発注と定期不定量発注の2種類
在庫量の遠隔監視 可能
アラート機能 在庫が少なくなったタイミングでのメール通知
スマートマットクラウド」の資料請求はこちらです。

 

信頼できる在庫管理システム「スマートマットクラウド」

 

在庫管理や棚卸の業務負担にお困りですか? 「スマートマットクラウド」が毎日の在庫管理業務を、劇的に改善。

「管理商材が多く、ICタグを貼る業務が負担」
「初期投資費用がかかりすぎる」
「システムを入れたけど結局棚卸が必要」

自社に合った在庫管理システムが見つからずお悩みの企業様。 費用面でも運用面でも導入のハードルが低く、 早期の導入効果を実現する「スマートマットクラウド」の資料請求はこちらです。

 

病院経営と在庫管理の関連記事

最大150万円! IT導入補助金を相談する

スマートマットクラウドはIT導入補助金対象のITツールです。IT導入補助金をご検討の方はお問合せください。

  • 無料資料をダウンロード

人気事例

最大150万円! IT導入補助金を相談する

スマートマットクラウドはIT導入補助金対象のITツールです。IT導入補助金をご検討の方はお問合せください。

  • 無料資料をダウンロード
全自動で在庫管理・発注を行う! ︎