在庫管理術

医療現場のDX推進|病院でのDXの進め方やDX化が進まない場合の対応策とは

医療現場のDX推進

医療機関のDX推進の目的と背景

医療現場の人手不足問題を解消する切り札として、注目されているのがDX

病院スタッフの過重労働をなくすため、病院のあらゆる業務の改善や生産性向上が課題となっています。医療DX推進の背景

この記事では医療機関でのDX化の進め方、医療機関でDX化が進まない理由と対応策、医療機関のDX化の事例を紹介します。

※DX:デジタルトランスフォーメーション(Digital Transformation)の略。IT化や、IoTやAIなどのデジタル技術を活用。デジタル技術を使いこれまでとは異なる新しい便利なビジネス形態を実現すること

 

医療機関のDXの進め方

医療機関のDX化はどのように進めるべきか

医療機関のDX化をすすめるにあたって、具体的にどのような手続きを踏めば良いのでしょうか。簡単にまとめてみました。

医療DXの進め方

  1. 課題の把握
  2. DX化の優先順位づけ
  3. 導入ソリューションの決定
  4. 導入
  5. オペレーション見直し

①課題の把握

まず病院内の課題を洗い出し、明確にします。
現場で特に大きな課題が見えていない場合でも、下記の項目に当てはまる場合はDX推進の効果が高い業務となるので重点的にチェックをしましょう。

医療DX化の効果が出やすい業務

  • 手動で行っている定例業務
  • システム間の連携を手動で行っている業務
  • 報告書や部門間共有が必要な業務
  • 長時間労働になっている部門の業務
  • 離職率が高い部門の業務

 

②優先順位付け

課題が把握できたら比較してどこからDX化をすすめたら良いのかを決定します。
これからDXに本格的に取り組む場合は、日常的な業務のデジタル化の優先が現場の理解が得られやすく、DX化推進成功の近道となります。日常的な業務のデジタル化の例をピックアップしてみました。

  • 電子カルテ:診察内容や処方薬情報をデジタル化。レセプト業の効率化や他機関との連携を簡単にする
  • 予約システム:診察のWEB予約。電話応対や待ち時間が原因のクレームを削減する
  • 自動発注システム:医療材料や消耗品在庫を自動で発注。在庫確認や発注書作成・送付の手間をなくす

③導入ソリューションの決定

優先順位に従い、病院内の課題を解決できるソリューションを選択します。

比較検討の際、初期費用や年間利用費といった費用に目がいきがちですが、システムを使えるようになるためにスタッフ指導をおこなう教育コストや、実際の運用にかかる工数もチェックしましょう。

④導入/⑤オペレーションの見直し

運営のオペレーションを決め、DXを導入します。
導入後は定期的に効果を測定し、オペレーションの見直しを続けていきます。

 医療機関でDX化が進まない理由と対応策

病院のDXが進まない理由

DX化はどの業界でも十分に進んでいるとは言えません。中でも医療業界は特にDXが進んでいない分野と言われています。
医療の現場でDX化が進んでいない理由とその対応策を整理しました。

医療現場のDX化が進まない理由

IT人材が不足している

DX化が進まない理由として多くの病院が、IT人材不足を理由にあげています。
病院スタッフは、専門職の割合が高く、IT機器の操作に慣れていないスタッフも在籍しています。

運営が軌道に乗るまでIT人材の育成期間のつもりで、導入に時間をかけることが必要です。

予算が制限されている

DX化の意欲はあるが予算が制限されているという点は病院共通の大きな課題です。
DX化と聞くと病院の業務全てを網羅する大掛かりなシステムの新規導入や入れ替えをイメージしがちですが、それだけがDXではありません

対策として単純な業務の自動化で、DX化のスモールスタートを切る方法があります。
スタッフがメイン業務の中断を余儀なくされている業務かつ経営インパクトの大きな業務をデジタル化するIoTの導入からDX化することをおすすめします。

 

欠品を予防しスタッフが治療に専念できるようになる医療DX「スマートマットクラウド」


在庫管理システムスマートマットクラウドは、病院の医療の質向上に貢献できるソリューションです。


これまで病院の在庫管理は診療の合間を縫って、スタッフが手作業で医療材料や新消耗品の数を数え発注するという方法が主流でした。

限られた時間で目視で在庫を確認、手作業で発注を出すため、診療に必要な在庫を欠品させてしまうリスクがありました。


在庫管理バーコードシステムを導入済みの病院であっても、コードを読み取るために倉庫まで行く必要があり、作業が中断されるという課題は残ったままでした。

スマートマットクラウドは、管理したいものを乗せるだけで在庫数を計測。発注まで自動で行うことが可能です。
医療現場スタッフの負担を確実に軽減し、在庫管理のために作業を中断する必要がありません。もちろん欠品で診療に影響が出ることもありません

診療に専念できる環境作りに貢献し、医療の質を向上させる在庫管理システムとして、幅広い診療科目の病院で導入が進んでいます。

医療現場のDX化スタートに最適。「スマートマットクラウド」

Pharmarket(ファルマーケット)のスマートマットクラウド

現場のあらゆるモノをIoTで見える化し、発注を自動化するDXソリューション「スマートマットクラウド」を使えば、貴院でも簡単に自動化が可能です。

スマートマットの上に管理したいモノを載せるだけで設置が完了。あとはマットが自動でモノの在庫を検知、クラウド上でデータを管理し、適切なタイミングで自動発注してくれます。

さまざまな自動発注に対応

「スマートマットクラウド」は、メール・FAXに加え、医薬品やディスポーザブル製品の受発注などに広く使われている標準商品コード「メディコード」を使ったAPI連携により、貴院で現在お取引のある主要ディーラーに対し自動で発注を行うことができます。

スマートマットのサイズは、A5サイズ〜A3サイズまで

  • 倉庫室のラック上

  • 診療エリア備え付けの棚の中

  • 引き出しの中

貴院のスペースや使用状況、導線に合わせた設置が可能です。

医療現場のスマートマットクラウド導入事例

スマートマットクラウドは、現在多くの医療機関に導入いただいています。病院での導入事例をご紹介します。

●看護業務に専念できる環境へ(医療法人佑諒会千里中央花ふさ皮ふ科

hanafusa_2

大阪の豊中市にある皮膚科クリニック様の事例。導入によって、スタッフの在庫管理負担を軽減本業の看護業務に専念できるようになった。

 

最大150万円! IT導入補助金を相談する

スマートマットクラウドはIT導入補助金対象のITツールです。IT導入補助金をご検討の方はお問合せください。

  • 無料資料をダウンロード

関連記事

最大150万円! IT導入補助金を相談する

スマートマットクラウドはIT導入補助金対象のITツールです。IT導入補助金をご検討の方はお問合せください。

  • 無料資料をダウンロード

人気事例

最大150万円! IT導入補助金を相談する

スマートマットクラウドはIT導入補助金対象のITツールです。IT導入補助金をご検討の方はお問合せください。

  • 無料資料をダウンロード
全自動で在庫管理・発注を行う! ︎