在庫管理術

IoT×在庫管理【特徴・デメリット・その他ソリュショーンとの比較】

「スマートマットクラウド」とは スマートマットクラウドとは、自動で上に置くだけで簡単に在庫管理を行う最新のIoT重量計です

IoTとは?わかりやすく解説

iotとは何か

IoT(アイオーティー)とは、Internet of Thingsの略で、「モノのインターネット」という意味です。

あらゆるモノをインターネット(あるいはネットワーク)に接続する技術のことで、具体的には以下のようなことを可能にします。

離れた場所からモノを操作する

離れた場所からモノの状態を把握する

モノや人の動きを検知する

モノとモノとを繋ぐ

IoTの仕組みと活用事例

iotの仕組みと活用事例

IoTを使った家電や設備には、センサーやカメラなどが搭載されており、モノの状態や周辺環境といった情報を感知・収集し、インターネットを介して、それらのデータを人やモノに伝えます。

搭載されているセンサーは、機器によって光センサーや温度センサー、重量センサーなどさまざまです。

よりイメージしやすいように、実際に私たちの身近で活用されているIoTの事例をいくつかご紹介します。

農業

スマート農業=省力化や高品質生産などを可能にするIoT先端技術を使用した、次世代農業。センサーにより日射量や土壌の状態などを情報収集し、水やりや施肥のタイミング、最適な肥料の量などを算出。

医療

インターネットに接続したデバイスを患者が身につけることで、体温や血圧、脈拍などの生体データを計測し、データ化。医療スタッフ不足の解消。

物流・製造業

倉庫管理や在庫管理、棚卸、ピッキング、配送などにIoTを活用。工場にIoTを導入すれば、スマートファクトリー(スマート工場)の実現も!

労働人口の変化

このように、もはやIoTは製造業や医療などを中心にあらゆる現場や業界で業務の効率化や人手不足といった課題を解決するために欠かせないソリューションの一つになっています。

また、コロナ渦において、ますます注目され、今後もさらにIoT化は加速していくと言われています。

IoT×在庫管理システム

iotと在庫管理

IoT機器を使った在庫管理システムを導入することにより、「自動化」や「見える化」が可能になり、現場作業の改善、在庫管理、工程管理、品質管理なども効率的に行えるようになります。

稼働状況や生産状況、在庫などのデータを分析することで、人力では発見しにくい問題や傾向なども把握できるようになり、生産性の向上やロスタイムの削減につながります。

このように、IoT機器を使った在庫管理システムは、在庫管理の課題を解消するために、大きな注目を集め、製造業や小売業、アパレル、薬局や医療業界などを中心に導入が進んでいます。

今すぐ無料資料を受け取る

IoTのデメリット

iotのデメリット

このように多くのメリット・利点や将来性が期待されているIoTですが、デメリットや課題とされている点もあります。特に注意しなければならないのは…

セキュリティ

インターネットに接続するということは、インターネットを通して外部から攻撃されるリスクを抱える危険性があります。

人材不足

IoTを導入しても、システムを管理するのは人間です。将来的にはロボットやAIが人間の仕事を行う可能性もありますが、現状では人的な作業負担が増えることは否めません。また、IoT技術やデータ分析に詳しい人材の確保も必要になるため、それらの人手不足が課題に。

プライバシー

IoTのさまざまな恩恵を受けるためには、ユーザーが持つ個人情報を提供する必要があることも。どこまで個人情報を提供するかはプライバシー問題とは切り離すことはできません。

電波と電力の問題

モノをインナーネットに接続するには電波、作動させるには電力は必須です。IoTを正確に作動させるには、常に安定した電波と電力の確保が求められます。

デメリットの心配はナシ!話題のIoT機器「スマートマットクラウド」

スマートマットクラウドの機能

スマートマットクラウドは、株式会社スマートショッピングが運用するIoT機器スマートマットを利用した在庫管理・発注自動化サービスです。

今までありそうでなかったスマートマットが重さで在庫を検知するというシンプルな仕組みを利用して、残量/残数をスマートマットクラウドに保存。

タグやバーコードの貼り付け・読み取りなどの作業負担もなく、管理画面から実在庫の自動記録、確認ができます。

また、現場への導入に向けては、専門のカスタマー・サクセス担当が、お客様を厚くサポートします。

オフィスのコピー用紙、倉庫や工場の小さなネジ類、 冷蔵庫の見えない食材、遠方のお客様先に設置した自社製品など、業種・品目を問わず幅広い場面に対応。CSVやAPIを利用し、生産・在庫管理・購買システムとの連携も可能です。

スマートマットクラウドの主な機能と特徴は以下の通りです。

機能 スマートマットクラウド
計測最大重量 A3サイズ:100kgまで/A4サイズ:30kgまで/A5サイズ:5kgまで
マルチマット 複数台による計測可
在庫管理 可能
棚卸 可能
接続方法 Wi-Fiで接続
海外での利用 可能な地域あり
冷凍室での利用 可能
発注方法 メール、FAX、インフォマート、メディコード
発注方式 不定期定量発注と定期不定量発注の2種類
在庫量の遠隔監視 可能
アラート機能 在庫が少なくなったタイミングでのメール通知

※2021年7月現在の情報です。

信頼できる在庫管理システム「スマートマットクラウド」

在庫管理や棚卸の業務負担にお困りですか? 「スマートマットクラウド」が毎日の在庫管理業務を、劇的に改善。

「管理商材が多く、ICタグを貼る業務が負担」
「初期投資費用がかかりすぎる」
「システムを入れたけど結局棚卸が必要」

自社に合った在庫管理システムが見つからずお悩みの企業様。 費用面でも運用面でも導入のハードルが低く、 早期の導入効果を実現する「スマートマットクラウド」の資料請求はこちらです。

在庫管理から発注、棚卸まで不要!

  • 無料資料をダウンロード

関連記事

在庫管理から発注、棚卸まで不要!

  • 無料資料をダウンロード

人気事例

在庫管理から発注、棚卸まで不要!

  • 無料資料をダウンロード
全自動で在庫管理・発注を行う! ︎