在庫管理術

IoT×在庫管理【IoT活用のメリットや注意点、選び方】

「スマートマットクラウド」とは スマートマットクラウドとは、自動で上に置くだけで簡単に在庫管理を行う最新のIoT重量計です

本記事では、在庫管理にIoTを活用することで、どのように企業が生産性を向上し、新しい価値を創造できるのかを探ります。在庫分析という視点から、IoTがもたらすメリットと、その導入に際して考慮すべき点について詳しく解説します。アナログな在庫管理の限界を超え、IoTの可能性を最大限に活かしましょう。

目次

IoTとは?

IoT(Internet of Things)とは、モノをインターネットに接続する技術を指します。これにより、以下のようなことが可能になります

  • 離れた場所からモノを操作する
  • 離れた場所からモノの状態を把握する
  • モノや人の動きを検知する
  • モノとモノとを繋ぐ

IoTができること製造業では、センサーやデバイスを用いて機械の稼働状況や生産状況、在庫データを収集します。これらのデータを分析することで、状況の可視化や改善の糸口を見つけ、現場作業の効率化を図ることができます。

在庫管理IoTスマートマットクラウドの資料を受け取る>>

IoTを活用した在庫管理の概要

IoT在庫管理システムでは、センサーを利用してリアルタイムに在庫を把握し、データを収集します。このシステムには、IoT重量計、ビーコン、画像認識技術が採用されています。

  • IoT重量計:在庫の重さから在庫数を把握する
  • ビーコン:在庫の位置を把握する
  • 画像認識:画像から数量や形状を把握する

関連記事:在庫管理と重量センサ>>

IoT×在庫管理のメリット

IoTを導入すると在庫管理に必須の「人がモノを確認する作業」が不要になります。

自動で蓄積される在庫データを分析することにより、これまで気がつかなかった問題や傾向を把握し、生産性向上やロス削減を実現できます。

IoTを在庫管理に活用するメリット

アナログな在庫管理の限界

欠品や過剰在庫といった在庫の課題は、常に全ての物品を監視していれば未然に防ぐことができます。しかし、人が常時あらゆる在庫をモニタリングし続けることは、現実的には不可能です。

月に一度、年に一度、と定期的に目視と手作業によるアナログな実地棚卸を行い、その結果と入出庫管理の数値と組み合わせた理論在庫をもとに在庫管理を行うのが通常であり、その結果、帳簿上の在庫数と実在庫数が食い違う、在庫差異に多くの企業が悩まされているのが現状です。

IoT活用で、これまで見たくても見ることができなったリアルタイム在庫データの取得が可能になります。

関連記事:在庫差異>>

在庫管理IoTの構成要素

在庫管理IoTは4つの要素で構成されます。

  • メカ:デバイスの外装
  • エレキ:デバイスの基盤
  • 組込みソフトウェア:デバイスに内蔵されていて機器を制御
  • クラウドソフトウェア:デバイスと接続し機器やデータを制御する

IoTの4つの構成要素

デバイス内蔵の組み込みソフトウェアは、機器を制御するもので、一握りの人にしか開発できないクローズドな性質をもっています。一方、クラウドソフトウェアは、オープンな言語で成り立ち、他のシステムと連携がしやすいという特徴があります。

現在流通しているIoTシステムには、組み込みソフトウェアを重視しているものとクラウドソフトウェアを重視しているものに大別できます。

IoT×在庫管理の注意点

IoTを導入した企業の全てが、投資に見合う成果を得られるとは限りません。IoT導入後に次のようなケースに陥らないよう注意が必要です。

●CASE1

集められるだけのデータを集めることに終始してしまい、現場が作業に追われ疲労してしまう。

●CASE2

在庫管理業務のデジタル化や自動化しか実現できず、IoT導入の費用対効果が出ないように感じてしまう。DXの本来の目的である価値創造まで到達できない

このような事態を避けるため、IoTを検討するときに着目すべきポイントがあります。

在庫管理IoTを選ぶポイント

デジタルに精通しているIT人材よりも、現場に精通し普段から課題感を持って業務にあたっている人の方がIoTで取得したデータをより有効に活用できます。

在庫作業のデジタル化にとどまらず、取得したデータを有効活用するには、現場の従業員のアイデアを引き出すことができるシンプルな仕組みのハードウェアが最適です。

重さで在庫を管理する「わかりやすさ」がカイゼンの種に

当社の「スマートマットクラウド」は、デバイスを極限までシンプルにし、クラウドソフトウェアを重視しているIoTシステムです。

IoTデバイス「スマートマット」に在庫を載せ、モノの重量データをネットワーク経由で集めます。取得したデータはパソコンやタブレットで閲覧できる管理画面で見ることができます。

「重さで在庫を計測」というわかりやすい仕組みは、課題意識を持つ従業員から改善のアイデアを引き出します。「重さ」のデータは在庫管理にとどまらず、生産管理や工程管理までさまざまなユースケースで活用されています。

関連記事:現場にとって使いやすい在庫管理システムとは>>

重量IoT「スマートマットクラウド」でカイゼンを促進

重さの再発明で工程管理を自動化

IoTで在庫管理を自動化、工程カイゼン・DX推進

スマートマットクラウドはリアルタイム実在庫の見える化で在庫管理、工程カイゼン・DXを進めるIoT SaaSプロダクトです。IoTで現場のモノの動きを捉え在庫管理を自動化、その上でモノの流れを分析し問題を見える化します。さらにリアルタイム実在庫データを武器にモノの流れの澱みを特定し現場力の向上に寄与します。

 

◆特徴

  • 管理の自動化:遠隔管理と管理精度向上を実現
  • データの蓄積:課題解決に結びつくな在庫データを集め見やすく提示
  • DX文化の醸造:シンプルな仕組みで抵抗なくDX化へ

在庫管理IoT活用事例集を受け取る>>

IoT成功事例紹介

\3分でわかる!スマートマットクラウド/

  • サービス資料を読んでみる(無料)

関連記事

\3分でわかる!スマートマットクラウド/

  • サービス資料を読んでみる(無料)

人気事例

\3分でわかる!スマートマットクラウド/

  • サービス資料を読んでみる(無料)