在庫管理術

在庫管理システムの選び方⑤ : 現場で使いやすいツールか

現場の声

現場スタッフのリアルな声は?

システム管理の面では便利な在庫管理ツールも、現場スタッフにとっては面倒であったり、難しいツールであることもあります。
現場管理者からは以下のような声が上がっています。

  • 社長やシステム部は最新のものを導入しろというが、現場で使えるツールでないものも多い
  • RFIDを導入したが、タグ貼り付けの負担が大きいため、結局元のオペレーションで回している
  • 最新技術は素晴らしいが、使いにくいものだとかえってミスが増えてしまう
  • トレーニングが不要な直感的なツールが良い
  • 高機能すぎて使いこなせない上、どの機能が適切なのかむしろわかりづらい

現場スタッフともよく検討して、在庫管理ツールを導入しましょう。
お試しプランがあれば、まずはそれを導入してみるのが良いでしょう。

現場の作業負担や混乱を防ぐポイント

現場が混乱しない在庫管理システム導入の方法

 

いざ、在庫管理システムを導入しようという際にクリアしなければならない課題やリスクをまずは事前にしっかり把握しておくことが重要です。

上記で挙げたような、現場管理者からのリアルな感想や要望をヒアリングするのはもちろん、以下のようなことを経営者と現場スタッフが共有、実行することも大切です。

  • 経営者が確固たる信念を持ち、在庫管理システムの導入を推し進める
  • 導入前・導入後の内容・責任・役割と経営者と現場で話し合い、納得の上、進める
  • 在庫管理システムを導入する目的と目標を明確し、共有する
  • 本当に自社にあった在庫管理システムを選択し、まずはトライアルや小規模でスタートする
  • 自社のスキルに合った説明・サポート体制が整っている在庫管理システムを選ぶ
  • 在庫管理システムとそれに伴う業務に関する社員教育を行う

経営者や責任者が途中で妥協したり、迷うことは現場の負担や混乱を招く危険性もあるので、不安や疑問はその都度、解決しながら、着実に導入を推進していきましょう。

 

在庫管理ツールとは

在庫管理ツールの種類

では、在庫管理ツールにはどのようなものがあるのでしょう。

現場で実際に使用されているものを簡単にご紹介します。

代表的なものは以下の通りです。

エクセル(マクロや関数)

自分で無料で作れたり、web上のフリーソフトもあるが、取り扱う製品が多いほど、大変になり、リアルタイムで見れない、データ数に限界がある、入力ミスや誤データ削除などのデメリットも。

バーコード

ハンディーターミナルなどの専用機器を用い、レーザーセンサーでバーコードを読み取り、在庫・製品を管理。バーコードを活用していない場合は、貼り付け作業などの新たな作業が発生したり、専用機器を用意しなければならない。

RFID(Radio Frequency Identifierの略語)

電波や電磁波を使って、タグの情報を読み取る仕組み。電波や電磁波を使って、通信するため環境によっては読み取り精度が落ちる可能性やコスト面も心配も。

クラウド型在庫管理システム

システムの開発やインフラ調達が必要ないため、低コストでスピーディに導入可能。リアルタイムで外出先からも利用できるなどメリットが多く、近年注目を集めている。

IoT機器やAI

AI(人工知能)やIoT(Internet of Things)=「モノのインターネット」で在庫管理の人手不足やミスをなくし、作業を効率化。コロナ渦の今、リモートで在庫管理を行える技術が注目を集めています。

このように在庫管理ツールには、無料(フリー)で利用できる小規模のものから、大規模なクラウドシステムまでさまざま。また、Amazonやヤフオク、BUYMA、メルカリのebayなどECサイトに特化したものもあります。導入する際は、どの在庫管理ツールが最適かを業務課題別に見極める必要があります。

次の章では、そんな方にぜひ検討してみてほしいIoT機器で行うおすすめの在庫管理についてわかりやすくご紹介します。

 

在庫管理の効率化に欠かせないIoT機器

在庫管理の課題・リスクを克服し、成功するために注目されているのが、

DX(デジタルトランスフォーメーション)

企業の営みや産業全体をデジタルの力でよりよくしていく取り組み

IoT(Internet of Things)

IoT=「モノのインターネット化」

です。

IoT機器を導入することにより、「自動化」や「見える化」が可能になり、現場作業の改善、在庫管理、工程管理、品質管理なども効率的に行えるようになります。このように稼働状況や生産状況、在庫などのデータを分析することで、人力では発見しにくい問題や傾向なども把握できるようになり、生産性の向上やロスタイムの削減につながります。

デジタルテクノロジーを駆使して、企業経営や業務プロセスそのものを根本的に改善していくDX(デジタルトランスフォーメーション)を実現するためにIoTは欠かせない要素となります。

そして、在庫管理システムは製造業や小売業、アパレル、薬局や医療業界などにとって大きな関心事項であるにもかかわらず、なかなか成果を出せないという課題を解決するために必要なIoT機器が、大きな注目を集めています。

 

親身なサポート体制でスムーズに導入「スマートマット クラウド」

現場にフィットする在庫管理システム

スマートマットクラウドは、株式会社スマートショッピングが運用するIoT機器スマートマットを利用した在庫管理・発注自動化サービスです。

今までありそうでなかったスマートマットが重さで在庫を検知するというシンプルな仕組みを利用して、残量/残数をスマートマットクラウドに保存。

タグやバーコードの貼り付け・読み取りなどの作業負担もなく、管理画面から実在庫の自動記録、確認ができます。

また、現場への導入に向けては、専門のカスタマー・サクセス担当が、お客様を厚くサポートします。

オフィスのコピー用紙、倉庫や工場の小さなネジ類、 冷蔵庫の見えない食材、遠方のお客様先に設置した自社製品など、業種・品目を問わず幅広い場面に対応。CSVやAPIを利用し、生産・在庫管理・購買システムとの連携も可能です。

スマートマットクラウドの主な機能と特徴は以下の通りです。

機能 スマートマットクラウド
計測最大重量 A3サイズ:100kgまで/A4サイズ:30kgまで/A5サイズ:5kgまで
マルチマット 複数台による計測可
在庫管理 可能
棚卸 可能
接続方法 Wi-Fiで接続
海外での利用 可能な地域あり
冷凍室での利用 可能
発注方法 メール、FAX、インフォマート、メディコード
発注方式 不定期定量発注と定期不定量発注の2種類
在庫量の遠隔監視 可能
アラート機能 在庫が少なくなったタイミングでのメール通知

※2021年7月現在の情報です。

スマートマットクラウド」の資料請求は こちらです。

 

信頼できる在庫管理システム「スマートマットクラウド」

在庫管理や棚卸の業務負担にお困りですか? 「スマートマットクラウド」が毎日の在庫管理業務を、劇的に改善。

「管理商材が多く、ICタグを貼る業務が負担」
「初期投資費用がかかりすぎる」
「システムを入れたけど結局棚卸が必要」

自社に合った在庫管理システムが見つからずお悩みの企業様。 費用面でも運用面でも導入のハードルが低く、 早期の導入効果を実現する「スマートマットクラウド」の資料請求はこちらです。

もうすぐ締切!IT導入補助金が利用可能

「スマートマットクラウド」は、IT導入補助金2021の対象ITツールに認定。
申請を検討の方はお急ぎください

  • 無料で事例集を受け取る

関連記事

もうすぐ締切!IT導入補助金が利用可能

「スマートマットクラウド」は、IT導入補助金2021の対象ITツールに認定。
申請を検討の方はお急ぎください

  • 無料で事例集を受け取る

人気事例

もうすぐ締切!IT導入補助金が利用可能

「スマートマットクラウド」は、IT導入補助金2021の対象ITツールに認定。
申請を検討の方はお急ぎください

  • 無料で事例集を受け取る
全自動で在庫管理・発注を行う! ︎