在庫管理術

在庫管理システムの選び方【製造業の現場にとって使いやすい在庫管理システムとは】

現場スタッフが使いやすい在庫管理システム

製造業の現場で使いやすい在庫管理システムとは

現場スタッフのリアルな声は?

経営者や経理部門、生産管理部門にとって便利な在庫管理システムが、製造業の工場や倉庫で働く現場スタッフにとっては運用負担がかかるシステムということがあります。

genba_ori00-min

機能に関する現場の声

  • 生産管理システムの在庫管理機能が、工場や倉庫の実際の業務にそぐわない
  • 多機能なシステムを導入したが、実際には使わない機能が多い
  • 導入したシステムが製品在庫向けで、部品や仕掛品の在庫管理に向いていない

作業負担に関する現場の声

  • 操作が難しく、研修に時間がかかる
  • RFIDを導入したが、新たに在庫にタグを貼り付ける作業が追加された
  • 理論在庫を元にしたシステムのため実地棚卸をこまめに行う必要があり負担がかかる

在庫管理システム・在庫管理ツールを導入する際は、導入後のこうしたミスマッチを防ぐために現場で実際に行われている業務に即したシステムかどうかを入念に検討する必要があります。

在庫管理・発注を自動化する

生産管理部門の在庫管理と工場の在庫管理

製造業の在庫管理は、数量管理現物管理のふた通りの考え方があります。

数量管理と現物管理

  • 数量管理:どれいくらい在庫を持ち、いくつ発注するかという在庫の数量を決定する業務
  • 現物管理:倉庫にある実在庫を物理的に管理する業務

現物を管理するのは主に工場や倉庫で働く現場スタッフの仕事です。
また生産管理部門で数量管理を行う際にも現物の確認が必須であり、現場スタッフに棚卸作業や報告の負担がかかる仕組みになっています。

さらに在庫管理システムの操作にはトレーニングが必要で、異動が発生するたびに現場は教育コストも負担しています。

在庫管理業務の負担は現場に集中

 

現場で受け入れられる在庫管理システムの導入方法

現場の混乱や反発を防ぐ手法

いざ、在庫管理システム・在庫管理ツールを導入しようという際にクリアしなければならない課題やリスク事前にしっかり把握しておくことが重要です。

現場管理者からの要望をヒアリングするのはもちろん、以下のようなことを経営者と現場スタッフが共有、実行することが大切です。

現場が混乱しない在庫管理システム導入の方法

  • 経営者が在庫管理システムの導入をトップダウンで推進する
  • 導入後の業務内容・責任・役割について経営者と現場で話し合い、納得の上進める
  • 在庫管理システム・在庫管理ツールを導入する目的と目標を明確にし、共有する
  • 自社の運営スキルに合ったサポート体制が整っている在庫管理システムやツールを選ぶ
  • 導入後も在庫管理業務に関する社員教育を継続して行う

経営者や責任者が現場の疑問をヒアリングし不安を解消しながら、着実に導入を推進していきましょう。

現場で役立つ在庫管理システムとは

在庫管理ツールの種類

製造業の現場で利用されている在庫管理システム・在庫管理ツールにはどのようなものがあるのでしょう。現場で実際に使用されているものを紹介します。代表的なものは以下の通りです。

エクセル

現場の業務にあった内容でフォーマットを作成でき、無料で配布されているテンプレートやフリーソフトもあるため導入コストがかかりません。リアルタイムで見れない、データ数に限界があるという課題があり、管理する在庫点数が多い場合は不向きです。

バーコード

ハンディーターミナルを用い、レーザーセンサーでバーコードを読み取り、部品や仕掛品、製品在庫を管理します。特に入出庫作業の効率化に効果を発揮します。バーコードの貼り付けや読み取り作業などの新たな作業が発生します。

RFID

電波や電磁波を使って、タグの情報を読み取るツールです。電波や電磁波を使って、通信するため、環境によっては読み取り精度が落ちる可能性があります。

在庫管理システム

在庫管理システムは、在庫数や入出庫情報などを入力し、在庫情報を把握・管理するのに役立ちます。バーコードやRFID、IoTデバイスを実在庫の読み取りに使うこともあります。

IoT・AI

IoTやAIのセンシング技術を使って、実在庫を読み取ります。目視や手で数える方法に比べると精度が高くなり、在庫管理の実務を担う現場の負担軽減に貢献

さらに在庫の見える化在庫管理の自動化人手不足解消や遠隔管理を可能にします。

在庫管理の効率化に欠かせないIoT機器

在庫管理の課題・リスクを克服し、成功するために注目されているのが、

DX(デジタルトランスフォーメーション)

企業の営みや産業全体をデジタルの力でよりよくしていく取り組み

IoT(Internet of Things)

IoT=「モノのインターネット化」

です。

製造業現場に支持されるスマートマットクラウド

IoT機器を導入することにより、管理の「自動化」や在庫の「見える化」が可能になり、製造業の現場作業改善、在庫管理が効率的に行えるようになります。さらにIoTが読み取り収集したデータを分析することで、発見しにくい問題や傾向なども把握できるようになり、生産性向上やロスタイムの削減につなげることができます。

デジタルテクノロジーを駆使して、企業経営や業務プロセスそのものを根本的に改善していくDX(デジタルトランスフォーメーション)を実現するためにIoTは欠かせない要素となります。

製造業現場の在庫管理を効率化!「スマートマットクラウド」

スマートマットクラウドのイメージ

現場のあらゆるモノをIoTで見える化し、発注を自動化するDXソリューション「スマートマットクラウド」を使えば、簡単に自動化が可能です。スマートマットの上に管理したいモノを載せるだけで設置が完了。

あとはマットが自動でモノの在庫を検知、クラウド上でデータを管理し、適切なタイミングで自動発注してくれます。

さまざまな自動発注に対応

お客様の発注先に合わせた文面でメール・FAXの送信が可能です

在庫圧縮を促進

推移を把握できるグラフで適切な在庫量を判断し、在庫圧縮を促進します

置く場所を選びません

スマートマットはA3サイズ〜A6サイズまでの4サイズ展開。ケーブルレスで、冷蔵庫・冷凍庫利用も可能。

API・CSVでのシステム連携実績も多数

自社システムや他社システムと連携を行い、より在庫管理効率UPを実現します。

詳しく見る

製造工場の棚卸を効率化できた導入事例

 

▼部品の実地棚卸時間を削減(株式会社日立産機システム)

製造業の棚卸効率化に成功した事例

倉庫でOリングをはじめとする部品管理にスマートマットクラウドを部分導入しました。 RFIDシステムの導入は、タグの付け外しの手間とランニングコストを考えると導入は難しく、具体的な検討には至りませんでした。スマートマットクラウドの導入によってひと月12時間の省力化が実現しました。

続きを読む>>

 

詳しく見る

最大150万円! IT導入補助金を相談する

スマートマットクラウドはIT導入補助金対象のITツールです。IT導入補助金をご検討の方はお問合せください。

  • 在庫管理システムを見る

関連記事

最大150万円! IT導入補助金を相談する

スマートマットクラウドはIT導入補助金対象のITツールです。IT導入補助金をご検討の方はお問合せください。

  • 在庫管理システムを見る

人気事例

最大150万円! IT導入補助金を相談する

スマートマットクラウドはIT導入補助金対象のITツールです。IT導入補助金をご検討の方はお問合せください。

  • 在庫管理システムを見る
在庫管理システムを見る