在庫管理術

重量管理【重さで在庫管理するメリットとは?カイゼンに役立つ重量IoTを紹介】

重量管理
目次

重量管理とは?

重量管理とはものの重さを測定する機械で、重量を測定し、その値を管理することです。一般的に重量を測定する機械には、秤(はかり)や天秤(てんびん)が使われます。

この記事では、重量という情報を元にモノを管理するメリットや、重量管理の課題、これまでの重量管理の課題を解消する方法について解説します。

在庫管理・発注を自動化する

重量で在庫管理するメリットとは

管理工数を短縮できる

重量管理の目的はさまざまですが、当社の在庫管理ソリューション「スマートマットクラウド」は、モノの重さから在庫量を測定し、在庫を見える化管理を自動化します。

管理工数短縮

通常の在庫管理の手順は、

  • 保管場所まで移動
  • 在庫を目視で数える
  • 数えた数を記録する

という一連の動きが必要でしたが、IoTによる重量管理によって管理工数を大幅に削減することが可能になります。

数えにくいもの・数えられないものを見える化できる

重量という数値でモノを管理すると、「1個、2個」という個数では管理しきれなかった物品を数値で正確に管理することができます。

数えにくいモノを見えるか

数えにくいものの具体例をあげると

  • 液体
  • 粉末
  • ケーブル
  • 大量の小さな部品

が該当します。重量計測によって今どれだけ在庫があるか把握、数値を使って在庫情報の共有ができるようになります。

現場からアイデアが出やすい

「モノの重さで在庫を管理する」という仕組みは非常にシンプルで、誰にでも理解されやすいものです。ツールをただ使いこなすだけにとどまらず、活用のアイデアが現場から生まれやすいという特徴があります。

現場でアイデアが生まれやすい

在庫管理や棚卸を自動化するだけでなく、従業員の自律的な取り組みを促すソリューションで、「これからDXを推進していきたい」、「DX人材を社内で育成したい」という企業の経営層に特に注目されています

これまでの重量管理の課題

重量管理のプロセスでは、これまで「人がものを秤に載せる」作業が不可欠でした。全ての在庫を常に秤で計測し続けることは事実上不可能で、絶え間なく実物を重量で管理することは不可能と考えられてきました。

諦めていた「在庫を24時間365日監視する」方法

IoT重量計の仕組み【重量で在庫管理を自動化】

 実物の24時間365日監視を可能にするのがIoT重量計です。IoT重量計とは、インターネットに接続した状態で使用する秤のことをいいます。

IoT重量計で在庫管理をするためには、事前に管理するアイテムの重量を登録しておきます。管理する在庫は、重量に個体差のないものが適しています。重量センサが読み取った総重量から在庫数を割り出す仕組みで、計量のたびにリアルタイムの実在庫数の把握ができ、在庫データは自動的にクラウド上に保存されます。

重量による管理の仕組み

当社の重量IoTを搭載した在庫管理ツール「スマートマット」なら、在庫を載せっぱなしで、これまで手に入らなかったリアルタイム在庫データを簡単に取得することができます。

→在庫管理と重量センサについて詳しくはこちら

重量管理で在庫管理を根本解決「スマートマットクラウド」

重さの再発明で在庫管理と工程改善スマートマットクラウドは、株式会社スマートショッピングが運用するIoT機器スマートマットを利用した在庫管理・発注自動化サービスです。

現場のあらゆるモノをIoTで見える化し、発注を自動化するDXソリューション「スマートマットクラウド」を使えば、簡単に自動化が可能です。スマートマットの上に管理したいモノを載せるだけで設置が完了。

あとはマットが自動でモノの在庫を検知、クラウド上でデータを管理し、適切なタイミングで自動発注してくれます。

さまざまな自動発注に対応

お客様の発注先に合わせた文面でメール・FAXの送信が可能です

在庫圧縮を促進

推移を把握できるグラフで適切な在庫量を判断し、在庫圧縮を促進します

置く場所を選びません

スマートマットはA3サイズ〜A6サイズまでの4サイズ展開。ケーブルレスで、冷蔵庫・冷凍庫利用も可能。

API・CSVでのシステム連携実績も多数

自社システムや他社システムと連携を行い、より在庫管理効率UPを実現します。

詳しく見る

重量管理で工場の見える化に成功した導入事例

配膳棚への補充効率化を実現

スマートマットクラウドは、製造業をはじめ現在多くの企業様に導入いただいています。重量管理で在庫管理の効率化に成功した事例をご紹介します。

重量管理による配膳効率化の事例

組立製造業の導入事例です。建屋の異なる保管スペースから製造ライン付近の配膳棚に組立キットを補充する際、以前は配膳棚の在庫数が分からず、配膳係がムダな移動をする、反対に在庫が少なくなっていても補充がされないといった課題がありました。

スマートマットを配膳棚に設置することで、配膳係が足を運ばなくても、閾値を下回ったら在庫スペースに通知が届き、ジャストインタイムで組立キットを補充することが可能になりました。

詳しく見る

\3分でわかる!スマートマットクラウド/

  • サービス資料を読んでみる(無料)

関連記事

\3分でわかる!スマートマットクラウド/

  • サービス資料を読んでみる(無料)

人気事例

\3分でわかる!スマートマットクラウド/

  • サービス資料を読んでみる(無料)