IoT重量計により実在庫ベースで仕掛品の状況を見える化

生産計画を日中でも迅速変更。属人化せず、納期回答も瞬時に

正確な納期回答・即納/ 生産計画変更の迅速化・属人化を排除

  • 01目視・伝言・システム入力など状況把握のために労力が必要で、負担が大きい
    仕掛品・中間在庫数量をIoT重量計で管理し、リアルタイムに可視化。日中でも判断が瞬時に

    予測が難しく、日々、変化している仕掛品や中間在庫の状況をIoT重量計で正確に可視化。目視で数えていた在庫を自動計測し、コミュニケーションコストをかけずに共有することで、柔軟かつ迅速な生産計画の変更が可能に。工場全体のQCD向上に寄与

    目視やアナログ管理から脱却できるIoT重量計
  • 02営業からの納期依頼の度に掛る仕掛品・中間在庫の目視確認などムダな労力
    仕掛品・中間在庫の確認工数を削減し、迅速かつ正確な納期回答に帰結

    工場内全ての仕掛品・中間在庫をIoT重量計で見える化し、遠隔での一元管理が可能。営業からの納期依頼に対する回答の迅速化・効率化を実現します。早期の納期回答により顧客との関係性向上にも繋がる

    IoT重量計により目視確認から自動計測へ
  • 03熟練スタッフにより属人化され、曖昧だった生産計画変更
    • IoT重量計による仕掛品や中間在庫の重量変動データの履歴など、ベテランの判断を言語化・共有化

    中間在庫・仕掛品在庫の重量変動データが履歴として蓄積。生産計画調整の根拠が明確化・共有化されるため、ベテランの暗黙知を形式知化し、属人化解消に貢献

    IoT重量計のデータ履歴により生産計画調整の根拠の明確化・共有化

中間在庫・仕掛品管理に
成功した企業

株式会社アメロイドのマットによる仕掛品管理

数百種類に及ぶ仕掛品と製造部品の管理にかかる時間とコストを削減

株式会社アメロイド

導入目的

  • 製品製造に必要な仕掛品や部品が数百点におよび、倉庫内の管理を効率化したかった

結果

  • 管理に費やす時間・コストが削減でき、重要業務に集中出来るようになった
  • 前工程の生産指示が自動化できることで、社内のコミュニケーション・コスト削減にも寄与

中間在庫・仕掛品在庫管理について資料は
こちら

スマートマットクラウドの詳細は資料から確認できます。