入出庫時の数量確認を自動化し人為的ミスを防止

実入返却の課題を解決して、サプライヤーとの関係強化

実入返却の課題を解決して、サプライヤーとの関係強化

  • 01入庫時のチェックにかかる労力・工数負担。人力では完全に把握し切れない
    入庫時のチェック工程をスマートマットで自動化。バーコード確認の負担も一切なし

    入庫された原材料、部品の数量をスマートマットが管理。その後の棚卸、出庫のタイミングでの個数まで一元管理が可能

    スマートマットが入庫管理を自動化
  • 02実入返却による無駄なコスト発生や生産の遅れを回避
    出庫時もスマートマットが重さで中身を確認。

    IoT重量計マットを置いて、「想定重量と異なるか」を判断。ケースを返却する際に画面を確認し、実際に載っている数と照らし合わせ、問題があったら中を確認するというシンプル運用

    出庫時の実入り返却を解消
  • 03入出庫時の確認に工数がかかる。確認を怠るとサプライヤーとの関係悪化のリスクも
    • スマートマットが入出庫時の確認作業負担を削減。無理なくサプライヤーと良好な関係を継続

    入出庫時の検品や出庫チェックにかけていた現場の負担を解消。緊急手配のリスクを解消し、実入返却が原因の取引先とのトラブルも未然に防止

    サプライヤーとメーカーの関係が良好に

実入返却の課題解決に貢献するIoT重量計の資料は
こちら

スマートマットクラウドの詳細は資料から確認できます。