【VMI】見えづらい顧客先の在庫情報をリアルタイムで把握

即納が必須のベンダーが過剰在庫や欠品に悩まないIoT重量計

即納が必須のベンダーが過剰在庫や欠品に悩まないIoT重量計

  • 01突然の納品依頼。ベンダー側は欠品を恐れ、自社で扱う製品全般が過剰在庫に
    顧客の実在庫データにより、商品の消費履歴や重量変化が激しい商品から受注を予測

    顧客先の実在庫量の変動をリアルタイムで把握し、さらに消費履歴データを分析することにより受注予測が立てやすくなる。適切な受注予測に基づき、ベンダー側の過剰在庫の抑制に寄与

    顧客のリアルタイム在庫データの変動により受注を予測
  • 02欠品や品薄の場合、納期遵守のため担当者や関連部署が緊急対応。かつ残業も発生
    ベンダー側の在庫管理にもIoT重量計を活用して、常に適正在庫を維持。

    安全在庫を上回る適正在庫の維持により、欠品や品薄を回避し納期遵守に貢献。緊急対応のための残業生産計画の突発的な変更が不要
    *安全在庫とは天候、季節、流行など不確定な需要変動にも対応可能な最低限の保管在庫のこと

    ベンダー側の在庫管理もIoT重量計で適正在庫を維持
  • 03顧客側もベンダー側も在庫をリアルタイムで把握できていない。理論在庫との乖離
    • IoT重量計により、リアルタイム実在庫を顧客とベンダー双方が把握

    モノの下にマットを置くだけ。IoT重量計が在庫量をクラウドに自動記録し、反映されたリアルタイム実在庫データを顧客とベンダーで共有

    IoT重量計によりリアルタイム実在庫を顧客側とベンダー側で共有

顧客先の在庫管理に
成功した企業が増えています!

取引先にIoT重量計を置き、サプライヤー側が在庫管理に成功した事例

顧客先倉庫にIoT重量計を設置し、迅速かつ効率的な納品を可能に

国内配送会社

導入目的

  • 伝票や段ボールなどの消耗品や間接材を扱っているが、顧客先からの突発的な依頼が多く、配送効率が悪い
  • 顧客先でも消耗品や間接資材の管理に手が回っておらず、在庫が無くなる直前まで納品依頼が来ない

結果

  • 取引先で各商材をIoT重量計に載せ、サプライヤー側が能動的な在庫管理をする体制へ
  • 迅速かつ効率の良い納品と機会損失抑制に貢献

VMIの成功に貢献するIoT重量計の資料は
こちら

スマートマットクラウドの詳細は資料から確認できます。