リアルタイムに品質や生産ロスの可能性を把握

「レシピずれ」の早期発見で、生産遅延や不良品の発生を回避

遅延や不良品の原因を特定し、〝レシピずれ〟を解決

  • 01配合表(レシピ)やBOMとは異なる原材料を誤投入
    レシピやBOMをもとに、正しい原材料をマットに載せているかを重量から判断

    配合表(レシピ)やBOMとは異なる種類や数量を取ったりすると、マットが問題をリアルアイムで判定。原材料の保管場所と投入口のIoT重量計でWチェックし、重量変動に問題があればエラーをお知らせ。

    IoT重量計でレシピずれを確認
  • 02既存の手法では、解決しにくいレシピずれがもたらすOprの無駄
    エラーが起きる工程や場所を特定し、生産オペレーションをカイゼン

    ミスが発生する箇所をIoT重量計で迅速に特定・共有し、問題を解決。さらには生産オペレーションのカイゼンもサポート

    IoT重量計によりレシピずれを特定
  • 03手戻りによる時間の大きなロスや不良品による損失などQCDに直結する問題
    • 各工程で重さによる品質チェックがリアルタイムで可能

    レシピずれの発見遅延によって後々にリカバリー生産が必要となり、さらには大量の不良品など…といった大きなトラブルをIoT重量計による各工程の重量による品質チェックで未然に回避

    IoT重量計による各工程での品質チェック

レシピずれの解決に
成功した企業が増えています!

recipe_zure_jirei

スマートマットクラウドで整理整頓・誤投入防止に成功

国内化学製造会社

導入目的

  • ピックアップ時に取り間違えたち、入れる量を間違えたり、袋が似ているため誤投入することがあり、廃棄しなければならなかった

結果

  • 固定マットとフリーロケーションマットの重量から、マスターバッジに沿った「投入量・種類」が遠隔で確認可能が可能に
  • 在庫スペースが整理整頓され、廃棄の削減に

レシピずれの解決に貢献するIoT重量計の資料は
こちら

スマートマットクラウドの詳細は資料から確認できます。