販売用メンテナンスパーツの管理を可視化・工数を削減

属人化しがちな在庫管理を形式知に。突発的な需要にも対応可

在庫状況をリアルタイム遠隔管理、突発的な需要に対応

こんなお悩み
ありませんか?

01

突発的な需要による在庫変動が大きく、理論在庫と実在庫に乖離があるが管理が追い付かない

紙媒体や伝言に頼った曖昧な在庫管理

調達・納品が優先で在庫管理に必要な帳票や入力を後回しにしがち

resolution_arrow

需要予測が属人化し、客観的データが不足

後継への引き継ぎのハードルが高い

resolution_arrow
  • 01多品種の販売メンテパーツの理論在庫と実在庫に乖離があるが、管理が追い付かない
    IoT重量計により、在庫管理・棚卸・発注を自動化。実在庫データをもとに理論在庫との乖離を軽減

    IoT重量計の上に管理したい販売メンテパーツを置くだけ。重量変動によりリアルタイム実在庫データを自動で反映。さらに予め決めた閾値を下回れば、自動で発注アラートを配信、もしくは自動発注を実施。欠品防止や納期遵守率の向上に貢献します

    IoT重量計で機械予備品の在庫管理・棚卸・自動発注
  • 02人の勘や経験頼みの管理では客観的・正確な需要予測ができない
    在庫変動データを蓄積し、最適閾値を導き出す

    在庫変動データを蓄積し、最適閾値を導きます。季節や他パラメータを交えた需要予測精度の向上にも寄与。担当者の経験や勘による属人化した需要予測から脱却情報を形式知化し、さらに各部署との情報共有が可能に

    データを蓄積し有効活用
  • 03わざわざ各倉庫に出向き、目視確認する労力と手間が大きな負担
    • 複数倉庫にマットを設置し、リアルタイムで在庫状況を遠隔&一元管理

    各販売メンテパーツをマットで管理し、リアルタイムな在庫状況を遠隔で管理。わざわざ倉庫まで出向いて、目視で確認する労力が不要となり残業も回避。棚卸工数の削減と資産の管理精度向上に寄与

    複数拠点の在庫状況をIoT重量計で一元&遠隔管理

販売用メンテナンスパーツの在庫管理に
成功した企業

保全品管理効率化の事例

RPA連携を活用した発注の自動化でDX化を推進

NTT東日本-関信越 長野支店 設備部 長野サービスセンター

導入目的

  • 保守パーツの在庫点検・発注業務の負担が大きく緊急時の在庫確保のリスクを軽減したかった

結果

  • 在庫数量の自動把握に加え、RPA連携を通じ発注業務を自動化できた
  • 在庫点検や発注業務自体を引き継ぎしやすく誰でも在庫管理が簡単にできるようになった

販売メンテパーツ(補給品)管理

について資料は
こちら

スマートマットクラウドの詳細は資料から確認できます。