在庫管理術

現品管理|目的と重要性とは?現場の在庫管理を正確にする方法と手順

現品管理とは

現品管理とは

現品管理とデータ管理現品管理とは、企業が販売する目的で一時的に保管している原材料や部品、商品・製品・原材料・仕掛品、完成品などの棚卸資産(在庫)が、どこに、何が、どのくらいあるかを把握し、共有すること。「現物管理」と呼ばれることもあります。

そして、棚卸資産の状況を正確に把握して管理することは、効率的かつスムーズな企業経営にとって欠かせません。

この記事では現品管理の目的や重要性、注意点、メリット、方法や手順についてわかりやすく解説していきます。

現品管理の目的と重要性

現品管理を行うのは以下のような目的を実現するためです。

  • 生産計画を立てるため

  • 進捗管理を正確に行うため

  • 仕掛品の滞留時間や生産リードタイムを短縮するため
 

現品管理の注意点

実際に現品管理を行う現場ではどれだけ注意しても、人為的ミスや突発的なトラブルが原因で起こる誤差の可能性も。

特に以下のような点に十分な注意を払う必要があります。しっかり踏まえた上で、全社で決めたルールにのっとり、情報を共有するようにしましょう。

  • 破損
  • 紛失
  • 管理場所の移動
  • 伝票の記入漏れや記入ミス
  • 数え間違い
 

現品管理のメリット

現品管理は企業にとって以下のようなメリットをもたらします。

  • 生産リードタイムの削減・生産性の向上
  • コスト削減
  • 滞留在庫の削減
  • 販売機会損失の削減

現品管理の方法

現品管理は、正確な方法や手順で行わなければ、労力や時間の無駄になるばかりではなく、正しい棚卸資産が把握できなくなる危険性があります。

そのため、各工程や部門ごとのルールではなく、社内全体で共通のルールを作って取り組むことが大切です。

  • 商品を保管する棚を分類して、棚の番号(ロケーション)を決める
    ⬇️
  • 棚の区分ごとに列の番号と段の番号を決める
    ⬇️
  • 決めた棚番号、列番号、段番号に商品を保管する

このように現品管理で最も重要なことは、在庫を決められた位置に置くことです。そのためには、「定量」「定位置」「定品」3定「整理」「整頓」「清掃」「清潔」「しつけ」5Sを意識することも大切です。

製品別、顧客別、梱包単位別、配送方法別など倉庫のどこに何が保管されているのかがわかるようにルール化して配置することも必要に。

また、現品管理を効率化するには在庫管理表の作成や在庫管理システムの導入も検討しましょう。

現品管理を楽にするツール

次の章では、現品管理の労力を削減し、効率化を可能にする今、話題のIoT機器について詳しくご紹介していきます。

現品管理の効率化をサポート!スマートマットクラウド

現品管理の効率を上げるスマートマットクラウドスマートマットクラウドは、株式会社スマートショッピングが運用するIoT機器スマートマットを利用した在庫管理・発注自動化サービスです。

今までありそうでなかった重さで在庫を検知するというシンプルな仕組みを利用して、残量/残数をスマートマットクラウドに保存。管理画面から実在庫の自動記録、確認ができます。

重さで在庫を図るシンプルなシステムなので、RFIDやバーコード管理のようなタグやバーコードの貼り付けなどの作業負担もなく、現場への導入もスムーズです。

オフィスのコピー用紙、倉庫や工場の小さなネジ類、 冷蔵庫の見えない食材、遠方のお客様先に設置した自社製品など、あらゆる環境に対応。スマートマットを商品の下に置くだけで、日々の作業を劇的に改善するため現場のスタッフの労力も軽減してくれます。

CSVやAPIを利用し、生産・在庫管理・購買システムとの連携も可能です。

SIMルーター貸与、Wi-Fiアクセスポイント貸与、SIMカード貸与・通信料も無料、親身なサポート体制で導入しやすいと好評です。

契約継続率98%の満足度!累計導入800件/20,000台以上!スマートマットクラウドの主な機能と特徴は以下の通りです(※2021年6月現在の情報です)。

機能 スマートマットクラウド
計測最大重量 A3サイズ:100kgまで/A4サイズ: 30kgまで/A5サイズ5kgまで/
マルチマット 複数台の利用で1トンまで計測可能
入荷管理 可能
出荷管理 可能
在庫管理 可能
棚卸 可能
接続方法 Wifiで接続
海外での利用 可能
冷凍庫での利用 可能
発注方式 不定期定量発注と定期不定量発注の2種類
在庫量の遠隔監視 可能
アラート機能 在庫が少なくなったタイミングでのメール通知
ロケーション管理 フリーロケーション管理・固定ロケーション管理のいずれにも対応

信頼できる在庫管理システム「スマートマットクラウド」

在庫管理や棚卸の業務負担にお困りですか? 「スマートマットクラウド」が毎日の在庫管理業務を、劇的に改善。

「管理商材が多く、ICタグを貼る業務が負担」
「初期投資費用がかかりすぎる」
「システムを入れたけど結局棚卸が必要」

自社に合った在庫管理システムが見つからずお悩みの企業様。 費用面でも運用面でも導入のハードルが低く、 早期の導入効果を実現する「スマートマットクラウド」の資料請求はこちらです。

6/30まで!スマートマットクラウドはIT補助金を利用できます

  • 今すぐ資料請求

関連記事

  • 循環棚卸
    棚卸

    循環棚卸|循環棚卸の目的ややり方と効率を上げる方法とは

  • 棚卸資産とは
    棚卸

    棚卸資産とは【種類・貸借対照表に計上するポイント・評価方法・計算方法・効率化するIoT】

  • 一斉棚卸
    棚卸

    一斉棚卸|正しい在庫を把握する一斉棚卸のメリット・やり方・効率化の方法とは?

6/30まで!スマートマットクラウドはIT補助金を利用できます

  • 今すぐ資料請求

人気事例

6/30まで!スマートマットクラウドはIT補助金を利用できます

  • 今すぐ資料請求
全自動で在庫管理・発注を行う! ︎