在庫管理術

棚卸の課題【実地棚卸の課題を解決し効率化する方法とは?デジタル化の成功事例も】

棚卸の課題
目次

棚卸の課題が経営に及ぼす影響【正確に棚卸ができないとどうなる?】

在庫管理を行う上で、棚卸に課題を抱えている企業が数多くあります。


棚卸(たなおろし)とは在庫の数を数え在庫総額から棚卸資産を計算すること。企業経営の状態を把握する目的で行われ、在庫管理の中でも特に重要な業務です。


棚卸ミスによって正確な棚卸結果が得られなかったり、棚卸作業にかかる負担のせいで、充分な頻度で決算月以外に実地棚卸を実施できなかったりすると、企業経営に深刻な影響を及ぼしかねません。


今回は企業が抱えている棚卸の具体的な課題をピックアップし、その原因と解決方法をわかりやすく紹介していきます。

また、棚卸の課題を解決し、効率化する今、話題のIoTやDXによる棚卸の自動化とその成功事例もご紹介!

人手不足働き方改革、棚卸の負担をなくし、スタッフが快適に働き、本来の業務に集中できる環境作りを検討している方、必見です。

 

在庫管理・発注を自動化する

企業が抱える棚卸の課題とは

ひと口に棚卸の課題といっても内容は多岐に渡ります。
これまでに在庫管理システムを販売する当社に寄せられた棚卸の課題とは以下のようなものでした。

棚卸の課題

  • 数え間違いや記入漏れなど棚卸のミスを軽減したい

  • 生産や営業がストップしてしまうため、棚卸作業の負荷や残業時間を減らしたい

  • 棚卸にかかるコストを削減したい

  • 棚卸前後の棚卸表作成や集計にかかる時間を短くしたい

  • 実在庫と帳簿在庫の棚卸差異を解消したい

課題の背景には「Excel」や「紙」によるアナログな作業

課題は、棚卸作業に原因があるものと、棚卸以外の前後のプロセスに原因があるものに大別することができます

  • ミスが発生する
  • 時間がかかる
  • 人件費や業者利用のコストがかかる

という課題のほとんどが、在庫を目視で確認し、人の手でカウントする手動の作業であることに起因しています。

2022年7月15日〜同年7月25日にIDEATECHが提供するリサーチPR「リサピー」の企画によるインターネット調査「エクセルでの在庫管理の実態調査*」によると、

棚卸の課題の背景
倉庫の約4割が「Excel」や「紙」で棚卸を行っており、半数以上が、今のやり方に変更の必要性を感じると回答しています。

また、在庫点数が多いため、手動による棚卸方法は労力がかかる割に精度は低くなりがちです。

また経営上棚卸を必要と認識していても、アナログなやり方で行う棚卸は、人手も時間も消費するため十分な回数を実施できないという悪循環に陥りやすくなります。

今の在庫管理・棚卸作業をやり方を変えて、課題を解決したい!という方が注目する重量型IoTスマートマットクラウドで在庫を自動計測する方法なら、手動よりも正確に時間をかけずに在庫の個数を計測できます。

 

棚卸の課題

棚卸準備や集計にも便利なスマートマットクラウド

  • 棚卸表作成に時間がかかる
  • 実在庫と帳簿在庫に棚卸差異が出る
  • 棚卸し後の集計に時間がかかる

といった、棚卸前後のプロセスに原因がある場合も、実在庫を自動で数える在庫管理システム「スマートマットクラウド」が解決します。

 

スマートマットクラウドが解決する棚卸準備の課題

スマートマットクラウドにはCSV出力機能があり、これまで時間がかかっていた棚卸表作成や集計作業を超効率化できます。在庫情報も管理画面や自動メール送信で簡単に関係部署で共有することができます。

また在庫の横領や盗難といった社内不正を隠蔽する目的で、棚卸結果のごまかしや改ざんされるケースもまれにあります。重量によって定期的に在庫の変動を記録するスマートマットクラウドの導入はこうした社内不正防止にも役立ちます

スマートマットクラウドで棚卸・在庫管理・発注を自動化

棚卸課題のスマートマットクラウド

現場のあらゆるモノをIoTで見える化し、在庫管理・発注を自動化するDXソリューション「スマートマットクラウド」。スマートマットの上に管理したいモノを載せるだけで設置が完了。

あとはマットが自動でモノの在庫を検知、クラウド上でデータを管理し、適切なタイミングで自動発注してくれます。

タグやバーコードの貼り付け・読み取りなどの作業負担もなく、管理画面から実在庫の自動記録や、確認ができます。

さまざまな自動発注に対応

お客様の発注先に合わせた文面でメール・FAXの送信が可能です

在庫圧縮を促進

推移を把握できるグラフで適切な在庫量を判断し、在庫圧縮を促進します

置く場所を選びません

スマートマットはA3サイズ〜A6サイズまでの4サイズ展開。ケーブルレスで、冷蔵庫・冷凍庫利用も可能。

 API・CSVでのシステム連携実績も多数

自社システムや他社システムと連携を行い、より在庫管理効率UPを実現します。

詳しく見る

 

棚卸の課題を解決し、効率化するスマートマットクラウド導入事例

スマートマットクラウドは、現在多くの企業様に導入いただいています。導入をきっかけに棚卸における課題を解決した事例をご紹介します。

\3分でわかる!スマートマットクラウド/

  • サービス資料を読んでみる(無料)

関連記事

  • 棚卸

    棚卸代行|業者のサービス・費用やメリット・デメリットを紹介

  • 棚卸の効率化
    棚卸

    棚卸の効率化【早く終わらせるには?デジタル化して時間短縮する方法やメリット・成功事例】

  • 棚卸ロスとは
    棚卸

    棚卸ロス【逆ロスとの違い・デメリット・ロス率の計算と平均目安・ロス率の下げ方・原因と対策】

  • 期首棚卸高とは
    棚卸

    期首棚卸高【期末棚卸高との違い・売上原価の計算・期末棚卸高との差額や不一致・勘定科目と仕訳】

  • 在庫差異とは
    棚卸

    在庫差異【在庫差異率の計算式と許容範囲・原因や影響と対策法のIoT】

  • 棚卸

    棚卸減耗【原因・計算方法・仕分方法・棚卸減耗損や商品評価損・正確な棚卸に役立つIoT】

\3分でわかる!スマートマットクラウド/

  • サービス資料を読んでみる(無料)

人気事例

\3分でわかる!スマートマットクラウド/

  • サービス資料を読んでみる(無料)