在庫管理術

帳簿棚卸 | 在庫管理の基本

棚卸表と帳簿

帳簿棚卸とは

帳簿棚卸は棚卸の一種で、在庫を出し入れする度に在庫管理表に記録を残し、計算によって在庫高を計算する方法のことです。会社の利益を正確に把握し、正しい決算書を作成するために必要な手続きです。


帳簿棚卸の特徴

棚卸には

棚卸の種類

  • 帳簿棚卸
  • 実地棚卸

の2種類があります。健全な会社経営のためには、帳簿棚卸と実地棚卸の併用が欠かせません。帳簿棚卸のメリット・デメリットをまとめました。

 

▼帳簿棚卸の特徴

項目 帳簿棚卸
メリット 物流を止めずに実施できる・実地棚卸より手間がかからない
デメリット 在庫の汚損や型崩れ等の品質低下を把握できない・記入漏れやミスが発生する

 

帳簿棚卸の方法

帳簿棚卸は、最終的に企業経営の状態を把握するために実施されるタスクです。
そのためには、在庫の保管棚からお店に出し入れした在庫の種類や個数などを正確に在庫管理表に記入することが大事です。

帳簿棚卸の作業は大きく2行程に分けられます。

帳簿棚卸の工程

  1. その都度出し入れした在庫の数を在庫管理表に記入
  2. 期末に在庫管理表を使って在庫金額や資産額などを計算

 

良い帳簿棚卸とは?

正確な帳簿棚卸は、それぞれの行程を、効率よく・ミスなく行うことが欠かせません。
そのためには、次のポイントに気をつけて帳簿棚卸をミスなく・効率的に行える環境を整えましょう。

 

1.普段から在庫置き場を整理しておく

  • 帳簿棚卸の効率化とミスの撲滅のためには、在庫置き場をきれいにし、棚卸がしやすい環境にしておくことが大切です。

    そのためにも、在庫管理の基本である3定管理の知識をぜひ確認してみてください。

  •  

2.記入しやすい在庫管理表を作成・使用

  • 在庫管理表は在庫総額を確認してその後の計算につなげるための書類です。 在庫管理表のフォーマットは記入する人が理解しやすく記入しやすいものであることが重要です。

棚卸を楽にする重量型IoTとは

スマートマットクラウドのイメージ

現場のあらゆるモノをIoTで見える化し、発注を自動化するDXソリューション「スマートマットクラウド」を使えば、簡単に自動化が可能です。スマートマットの上に管理したいモノを載せるだけで設置が完了。

あとはマットが自動でモノの在庫を検知、クラウド上でデータを管理し、適切なタイミングで自動発注してくれます

さまざまな自動発注に対応

お客様の発注先に合わせた文面でメール・FAXの送信が可能です

在庫圧縮を促進

推移を把握できるグラフで適切な在庫量を判断し、在庫圧縮を促進します

置く場所を選びません

スマートマットはA3サイズ〜A6サイズまでの4サイズ展開。ケーブルレスで、冷蔵庫・冷凍庫利用も可能。

API・CSVでのシステム連携実績も多数

自社システムや他社システムと連携を行い、より在庫管理効率UPを実現します。

最大150万円! IT導入補助金を相談する

スマートマットクラウドはIT導入補助金対象のITツールです。IT導入補助金をご検討の方はお問合せください。

  • 在庫管理システムを見る

関連記事

  • 棚卸の課題
    棚卸

    棚卸の課題|実地棚卸の課題を解決し効率化する方法とは?

  • 棚卸の効率化
    棚卸

    棚卸の効率化【早く終わらせるカウント方法・やり方は?エクセル・アプリ・デジタル化】

  • 棚卸ロスとは
    棚卸

    棚卸ロス【逆ロスとの違い・デメリット・ロス率の計算と平均目安・ロス率の下げ方・原因と対策】

  • 期首棚卸高とは
    棚卸

    期首棚卸高【期末棚卸高との違い・売上原価の計算・期末棚卸高との差額や不一致・勘定科目と仕訳】

  • 在庫差異とは
    棚卸

    在庫差異【在庫差異率の計算式と許容範囲・原因や影響と対策法のIoT】

  • 棚卸

    棚卸減耗【原因・計算方法・仕分方法・棚卸減耗損や商品評価損・正確な棚卸に役立つIoT】

最大150万円! IT導入補助金を相談する

スマートマットクラウドはIT導入補助金対象のITツールです。IT導入補助金をご検討の方はお問合せください。

  • 在庫管理システムを見る

人気事例

最大150万円! IT導入補助金を相談する

スマートマットクラウドはIT導入補助金対象のITツールです。IT導入補助金をご検討の方はお問合せください。

  • 在庫管理システムを見る
全自動で在庫管理・発注を行う! ︎