在庫管理術

帳簿棚卸 | 在庫管理の基本

棚卸表と帳簿

帳簿棚卸とは

帳簿棚卸は棚卸の一種で、在庫を出し入れする度に在庫管理表に記録を残し、計算によって在庫高を計算する方法のことです。会社の利益を正確に把握し、正しい決算書を作成するために必要な手続きです。


帳簿棚卸の特徴

棚卸には

棚卸の種類

  • 帳簿棚卸
  • 実地棚卸

の2種類があります。健全な会社経営のためには、帳簿棚卸と実地棚卸の併用が欠かせません。帳簿棚卸のメリット・デメリットをまとめました。

 

▼帳簿棚卸の特徴

項目 帳簿棚卸
メリット 物流を止めずに実施できる・実地棚卸より手間がかからない
デメリット 在庫の汚損や型崩れ等の品質低下を把握できない・記入漏れやミスが発生する

 

帳簿棚卸の方法

帳簿棚卸は、最終的に企業経営の状態を把握するために実施されるタスクです。
そのためには、在庫の保管棚からお店に出し入れした在庫の種類や個数などを正確に在庫管理表に記入することが大事です。

帳簿棚卸の作業は大きく2行程に分けられます。

帳簿棚卸の工程

  1. その都度出し入れした在庫の数を在庫管理表に記入
  2. 期末に在庫管理表を使って在庫金額や資産額などを計算

 

良い帳簿棚卸とは?

正確な帳簿棚卸は、それぞれの行程を、効率よく・ミスなく行うことが欠かせません。
そのためには、次のポイントに気をつけて帳簿棚卸をミスなく・効率的に行える環境を整えましょう。

 

1.普段から在庫置き場を整理しておく

  • 帳簿棚卸の効率化とミスの撲滅のためには、在庫置き場をきれいにし、棚卸がしやすい環境にしておくことが大切です。

    そのためにも、在庫管理の基本である3定管理の知識をぜひ確認してみてください。

  •  

2.記入しやすい在庫管理表を作成・使用

  • 在庫管理表は在庫総額を確認してその後の計算につなげるための書類です。 在庫管理表のフォーマットは記入する人が理解しやすく記入しやすいものであることが重要です。

棚卸を楽にする重量型IoTとは

棚卸を楽にするスマートマットクラウド

物流をストップして行う棚卸は企業にとって負担が大きいもの。
実在庫と帳簿上の在庫の乖離が大きい場合は、実地棚卸をやり直すこともあり、棚卸は企業にとって負担の大きい作業です。


数ある在庫管理システムの中で、モノに組み込まれているセンサーやデバイスをインターネットにつないでデータを集めるIoTシステムで棚卸の作業負担を軽くすることができます。

重量型IoT「スマートマットクラウド」は、デバイスの上に置くだけで自動で在庫数を計測在庫の数を数える作業がいらなくなります。 棚卸の負担を軽減したいなら、 IoTツールがおすすめです。

 

信頼できる在庫管理システム「スマートマットクラウド」

スマートマットクラウドのイメージ

多くの企業から寄せられた「今ある在庫を正確に知りたい」という声から生まれたスマートマットクラウド。 ​

「バーコードやICチップを貼る等在庫管理のために労力をかけたくない」
「理論在庫と実在庫を合わせたい」
「現状を踏まえた安全在庫が知りたい」 というニーズにこたえ、在庫管理、発注、棚卸業務を劇的に改善します。

自社に合った在庫管理システムが見つからずお悩みの企業様。 費用面でも運用面でも導入のハードルが低く、 早期の導入効果を実現する「スマートマットクラウド」の資料請求はこちらです。

在庫管理から発注、棚卸まで不要!

  • 無料資料をダウンロード

関連記事

  • 棚卸ロスとは
    棚卸

    棚卸ロス【逆ロスとの違い・デメリット・ロス率の計算と平均目安・ロス率の下げ方・原因と対策】

  • 期首棚卸高とは
    棚卸

    期首棚卸高【期末棚卸高との違い・売上原価の計算・期末棚卸高との差額や不一致・勘定科目と仕訳】

  • 在庫差異とは
    棚卸

    在庫差異【在庫差異率の計算式と許容範囲・原因や影響と対策法のIoT】

  • 棚卸

    棚卸減耗【原因・計算方法・仕分方法・棚卸減耗損や商品評価損・正確な棚卸に役立つIoT】

  • 在庫評価方法
    棚卸

    在庫評価方法【6つの在庫評価の方法と在庫評価損を計上する理由とは】

  • 現品管理とは
    棚卸

    現品管理|目的と重要性とは?現場の在庫管理を正確にする方法と手順

在庫管理から発注、棚卸まで不要!

  • 無料資料をダウンロード

人気事例

在庫管理から発注、棚卸まで不要!

  • 無料資料をダウンロード
全自動で在庫管理・発注を行う! ︎