在庫管理術

棚卸表|棚卸表の作り方や作成のタイミングを解説!楽して正確に棚卸を実施

棚卸表

棚卸表とは

棚卸表とは

棚卸表とは在庫管理表の種類の一つで、棚卸の際に数量や金額などを一覧にして記入する表のことを指します。
棚卸表を作成することで棚卸の結果を文書に記録して残すことができるため、在庫の状態を知りたい際や発注の仕方を評価する際などに役立てることができます。


棚卸表は確定申告に必要な書類です。棚卸商品の明細書ともいえる棚卸表を元に棚卸金額を求め、そこから企業の利益や税金を計算していきます。
棚卸表は確定申告書を作成した後も、決められた期間保存する義務があります。税務署に提出する必要はありませんが、期間内は税務署から求められた際に提示できるようにしておきます。

▼保存期限

  • 青色申告:その事業年度の確定申告書提出期限の翌日から7年
  • 白色申告:その事業年度の確定申告書提出期限の翌日から5年

実地棚卸では、棚卸表とあわせて棚卸の時に在庫の個数や状態をメモした原始記録の保管も必要です。


棚卸表を作成するタイミング

棚卸表を作成するタイミングは、棚卸の後。
「月末毎に」、「半期に1度」など、棚卸の頻度や時期は企業によってまちまちですが、決算時期には必ず棚卸は実施する決まりになっています。


棚卸表の作り方

棚卸表を作成するために、まず棚卸をおこない製品や備品の棚卸高を調べます。
棚卸のやり方は大きく分けて2つ。

2種類の棚卸方法

実地棚卸と帳簿棚卸では棚卸表の記録の仕方が異なります。なぜなら、実地棚卸の際は在庫全てについて、帳簿棚卸の際は出し入れした在庫のみに関しての記録を行うからです。
実地棚卸・帳簿棚卸ともに、記録する内容は以下の項目です。
必要項目がもれなく記載されているかチェックしましょう。

▼記入項目

  • 棚卸実施日
  • 商品コード
  • 品名
  • 数量
  • 在庫単価
  • 在庫金額
  • 在庫状態
  •  

在庫の中には、販売前に型崩れや破損し、仕入れ時より価値が下がるものが出てきます。棚卸の際は数量と合わせて在庫状態もチェックし記録を残しておきましょう。
棚卸表に決められた書式は特にありません。手書きで作成してもExcelを使ったテンプレートを活用してもよいでしょう。

棚卸表を作成するメリット

棚卸表作成のメリット

棚卸表は決算に必要なので作成するという企業が多いのですが、作成することで明らかになることもあります。
棚卸を行うことで過剰な在庫や売り逃がしに気付きやすくなり、社内の在庫量を適切に管理しようという意識につながります。

また帳簿の数字と棚卸の結果に差異が出た場合は、実際の在庫に帳簿の数字をあわせる「すり合わせ」の作業を行います。
棚卸差異が出た原因を調査する機会が生まれるため、万一、社内で不正があれば発見し、在庫の出し入れの管理体制に問題があれば見直すことができます。

棚卸表作成業務を楽にするには

正確な棚卸表を作成するポイントは2つ。

  • 棚卸を正確におこなう
  • 日々在庫の変動を正確に記録する

棚卸での在庫カウント間違いや、商品の出荷記録漏れなど在庫管理にはヒューマンエラーがつきものです。
こまめな棚卸を行いたくても、棚卸にかかる時間や労力を考えるとやりたくてもできないという企業も多いのではないでしょうか。 手動による棚卸の回数を減らしつつ、在庫を棚卸差異を出さずに適切に管理するには、信頼できる在庫管理システムの導入がおすすめです。
棚卸表作成にかかる手間と時間を大幅に削減することができます。

在庫管理の悩みを解決するIoT

在庫管理の課題の解決に役立つ、在庫管理システム。 数ある在庫管理システムの中で、モノに組み込まれているセンサーやデバイスをインターネットにつないでデータを集めるIoTシステムなら今ある在庫を正確に把握し、在庫状態を記録できます。

業務を省力化できるだけでなく、IoT機器で収集したデータを分析することで、業務内容自体の見直しができると評価されています。 在庫管理システムの導入で期待した効果を得るには自社が抱えている課題をクリアできるIoTツールを選ぶことが重要になります。


棚卸表をかんたん作成!在庫管理システム「スマートマットクラウド」

スマートマットクラウドのイメージ

現場のあらゆるモノをIoTで見える化し、発注を自動化するDXソリューション「スマートマットクラウド」を使えば、簡単に自動化が可能です。スマートマットの上に管理したいモノを載せるだけで設置が完了。

あとはマットが自動でモノの在庫を検知、クラウド上でデータを管理し、適切なタイミングで自動発注してくれます

さまざまな自動発注に対応

お客様の発注先に合わせた文面でメール・FAXの送信が可能です

在庫圧縮を促進

推移を把握できるグラフで適切な在庫量を判断し、在庫圧縮を促進します

置く場所を選びません

スマートマットはA3サイズ〜A6サイズまでの4サイズ展開。ケーブルレスで、冷蔵庫・冷凍庫利用も可能。

API・CSVでのシステム連携実績も多数

自社システムや他社システムと連携を行い、より在庫管理効率UPを実現します。

 

実地棚卸と棚卸表作成にかかる労力を削減できた事例

●実地棚卸の労力を大幅削減(名古屋ボデー株式会社様

名古屋ボデー株式会社事例

トラック荷台製造業の事例。スマートマットクラウド導入以前は約1万点の部品を数えそれを表に記入するという棚卸作業を毎朝2人の担当者が30分くらいかけて行なっていました。一定のよく動く部品を管理しているエリアにスマートマットクラウドを部分導入し、作業時間を約半分に。大幅な労力削減に成功しました。

 

 

最大150万円! IT導入補助金を相談する

スマートマットクラウドはIT導入補助金対象のITツールです。IT導入補助金をご検討の方はお問合せください。

  • 在庫管理システムを見る

関連記事

  • 棚卸の課題
    棚卸

    棚卸の課題|実地棚卸の課題を解決し効率化する方法とは?

  • 棚卸の効率化
    棚卸

    棚卸の効率化【早く終わらせるカウント方法・やり方は?エクセル・アプリ・デジタル化】

  • 棚卸ロスとは
    棚卸

    棚卸ロス【逆ロスとの違い・デメリット・ロス率の計算と平均目安・ロス率の下げ方・原因と対策】

  • 期首棚卸高とは
    棚卸

    期首棚卸高【期末棚卸高との違い・売上原価の計算・期末棚卸高との差額や不一致・勘定科目と仕訳】

  • 在庫差異とは
    棚卸

    在庫差異【在庫差異率の計算式と許容範囲・原因や影響と対策法のIoT】

  • 棚卸

    棚卸減耗【原因・計算方法・仕分方法・棚卸減耗損や商品評価損・正確な棚卸に役立つIoT】

最大150万円! IT導入補助金を相談する

スマートマットクラウドはIT導入補助金対象のITツールです。IT導入補助金をご検討の方はお問合せください。

  • 在庫管理システムを見る

人気事例

最大150万円! IT導入補助金を相談する

スマートマットクラウドはIT導入補助金対象のITツールです。IT導入補助金をご検討の方はお問合せください。

  • 在庫管理システムを見る
全自動で在庫管理・発注を行う! ︎