在庫管理術

棚卸差異I 発生の仕組みを理解して正しく対策

棚卸差異

棚卸差異とは

棚卸差異とは

棚卸差異とは、帳簿上の在庫と実在庫の差のことをいいます。

棚卸差異が出るということは、在庫管理の方法に問題点があることを意味しています。
差異が出る状況を放置しておくと会社の利益を損ねるだけでなく、会社の信用を失う可能性があります。

実地棚卸の後、結果と帳簿の数字(理論在庫)と比べ差異分析をおこないます。
大きい差異が生じている商品は再度、実地棚卸をやり直し、それでも差異が出た場合は実在庫に帳簿の数字を合わせます。

差異分析の都度「なぜ棚卸差異が発生しているのか」という原因を調査し対策をすることが経営上とても重要です。

 

棚卸差異の原因

棚卸差異の原因

棚卸差異が出る原因は大きくわけて2つの場面があります。

在庫管理:日々の在庫処理で発生していミス

棚卸:実地棚卸で発生しているミス

 

仕入れ先のミス

発注した製品と実際に納品された製品が違う、伝票納品と納品数が異なるといった、仕入れ先のミスが原因で帳簿在庫が狂うことがあります。納品のたびに検品をおこなうことで防ぐことができます。

在庫の整理整頓不足による紛失

ものの置き場や置き方のルールが決まっていないと、自社内で在庫が紛失することがあります。盗難で在庫が持ち出されるとマイナス在庫になります。

在庫管理システムへの入力もれ・入力ミス

在庫管理システムに登録するときの数値違い、入力忘れで帳簿在庫がくるうことがあります。

現物の動きと処理のタイムラグ

実際に在庫を動かして時間をおいて在庫管理システムの処理を行うと、帳簿の数字と実在庫とが合わなくなることがあります。

棚卸のミス

棚卸当日にカウントミス(カウント漏れや二重カウント)があると、正確な実在庫を知ることができなくなります。

棚卸差異の対策

3つの棚卸差異対策

棚卸差異の対策①棚卸差異率を知る

企業にとって棚卸差異をゼロにすることは簡単ではありません。
しかし対策を講じて、棚卸差異を改善することはできます。
まずやるべき対策は、自社の棚卸差異率を知ることです。
棚卸差異率が計算できたら、目標数値を設定して、その後の政策を打っていきます。

棚卸差異率の計算方法

棚卸差異の計算式

在庫差異率の計算の仕方は以下のとおり。
在庫差異(%)=1- 実際の在庫数/データ上の在庫数×100

例えば実地棚卸の在庫数が97個、理論在庫が100個の場合、
1-97÷100×100で、在庫差異率は3%となります。

棚卸差異率の許容範囲


棚卸差異率の許容範囲は業種によってことなりますが、5%以下を許容範囲とし、2%を目標値としている企業が多く見受けられます。

棚卸差異の対策②マニュアルを作成する

在庫管理システムの入力や棚卸で人的ミスを減らすのに、各工程でのルール作成が欠かせません。

入庫・保管・出庫・棚卸、それぞれに業務マニュアルを作成し、全員が手順に沿って作業をおこなうようにします。

棚卸差異の対策③在庫管理や棚卸を自動化する

ルールを作成し、マニュアルを作っても人的ミスを完全に防ぐことが不可能です。
在庫管理や棚卸で、人の手に頼っている作業をAIやIoTシステムを導入して自動化することで、棚卸差異を抑えることができます。

棚卸差異を解決するIoT「スマートマットクラウド」

棚卸差異を解決するIoT

スマートマットクラウドは、株式会社スマートショッピングが運用するIoT機器スマートマットを利用した在庫管理・発注自動化サービスです。

今までありそうでなかった重さで在庫を検知するというシンプルな仕組みを利用して、残量/残数をスマートマットクラウドに保存。管理画面から実在庫の自動記録、確認ができます。

オフィスのコピー用紙、倉庫の小さなネジ類、 冷蔵庫の見えない食材、遠方のお客様先に設置した自社製品など、あらゆる環境に対応。スマートマットを商品の下に置くだけで、日々の作業を劇的に改善するため現場のスタッフの労力も軽減してくれます。

信頼できる在庫管理システム「スマートマットクラウド」

在庫管理や棚卸の業務負担にお困りですか? 「スマートマットクラウド」が毎日の在庫管理業務を、劇的に改善。

「管理商材が多く、ICタグを貼る業務が負担」
「初期投資費用がかかりすぎる」
「システムを入れたけど結局棚卸が必要」

自社に合った在庫管理システムが見つからずお悩みの企業様。 費用面でも運用面でも導入のハードルが低く、 早期の導入効果を実現する「スマートマットクラウド」の資料請求はこちらです。

今なら導入費用の2/3を補助!IT導入補助金を利用できます

  • 今すぐ資料請求

関連記事

  • 棚卸

    棚卸減耗【原因・計算方法・仕分方法・棚卸減耗損や商品評価損・正確な棚卸に役立つIoT】

  • 在庫評価方法
    棚卸

    在庫評価方法【在庫評価額・原価法・低価法・在庫評価損・届け出や変更】

  • 現品管理とは
    棚卸

    現品管理|目的と重要性とは?現場の在庫管理を正確にする方法と手順

  • 循環棚卸
    棚卸

    循環棚卸|循環棚卸の目的ややり方と効率を上げる方法とは

  • 棚卸資産とは
    棚卸

    棚卸資産とは【種類・貸借対照表に計上するポイント・評価方法・計算方法・効率化するIoT】

  • 一斉棚卸
    棚卸

    一斉棚卸|正しい在庫を把握する一斉棚卸のメリット・やり方・効率化の方法とは?

今なら導入費用の2/3を補助!IT導入補助金を利用できます

  • 今すぐ資料請求

人気事例

今なら導入費用の2/3を補助!IT導入補助金を利用できます

  • 今すぐ資料請求
全自動で在庫管理・発注を行う! ︎