在庫管理術

棚卸資産とは【種類・貸借対照表に計上するポイント・評価方法・計算方法・効率化するIoT】

棚卸資産とは

棚卸資産とは?わかりやすく解説

棚卸資産とは

棚卸資産(英語:Inventory)とは、一般的には「在庫」とも呼ばれ、企業が販売する目的で一時的に保管している商品・製品・原材料・仕掛品の総称です。

顧客への販売を予定していなくても、販売収益を得るために使用する事務用消耗品なども棚卸資産に含まれます。

損益計算書、キャッシュ・フロー計算書と並ぶ主要な決算書である賃借対照表においては、資産の中の流動資産に含まれる項目です。


流動性資産は、流動性が高い=現金化しやすい資産のことで、企業が保有する資産のうちで主に1年以内に現金として回収される、企業にとっては大切な財産です。


この記事では、企業にとって重要な棚卸資産について、種類や貸借対照表に計上するポイント、評価方法、計算方法などをわかりやすく解説していきます。

棚卸資産の種類

では、棚卸資産には具体的にどのようなものがあるのでしょうか。よりイメージしやすいように種類を見ていきましょう。

  • 商品・製品(すでに完成済みで、すぐに販売できる状態のもの)
  • 仕掛品(商品や製品の作りかけのもの)
  • 原材料(商品や製品のもととなるもの)

それぞれ、評価方法(会計処理)が異なりますが、棚卸資産の状況を正確に把握して管理することは、効率的かつスムーズな企業経営にとって欠かせません。

棚卸資産を貸借対照表に計上する方法

棚卸資産を貸借対照表に計上するには、「実際に在庫が存在していること」と、「販売価額が下落していないこと」が前提となります。


貸借対照表とは、決算日時点の財政状態を表す書類。ある一定の時点における企業の財産や負債の状況を示すもので、企業が事業に使う資金をどのように調達し、どのように保有しているかがわかります。

貸借対照表では、

  • 右側(資産)=資金をどうやって調達したか
  • 左側(資本・負債)=調達した資金を使って何を買ったか、それともそのまま保有しているか


が示されていて、左右が必ず同じ金額になるような仕組みになっていることから、「バランスシート(B/S)」と呼ばれます。


そして、棚卸資産を貸借対照表に計上するために必要なのが棚卸高です。棚卸高とは、棚卸資産(在庫)として残った製品や商品を貸借対照表に計上し、売上原価の算出から外して、翌期へと繰り越す棚卸資産(在庫)の総額です。


棚卸高の求め方は、以下の通り。

  • 棚卸高=棚卸資産の数×棚卸資産の単価
  •  

棚卸資産の数を確定するために行うのが実地棚卸であり、価値を確定する作業が棚卸資産の評価です。

棚卸資産の評価方法(会計処理・仕訳)【原価法・低価法・取得金額の評価方法】

棚卸資産の評価方法

棚卸の評価方法には、大きく分けて「原価法」と「低価法」があります。

  • 原価法=残った在庫を購入した際の原価を基にして計算する方法
  • 低価法=対象在庫を購入した際の原価とその時点での原価を比較して、いずれかの安い方を用いる方法

原価法と低価法では算出される金額が異なるので、方法を正しく理解し、自社にあった方法を選ばなければ、税金が高くなるなど思いがけない損失につながる可能性も。


原価法と低価法のどちらを採用するかは、自分で申請する必要があります。申請がない場合は、原価法が採用されるので、不安な場合は税理士など専門家に相談しましょう。


そして、原価法に必要な棚卸資産の取得価額の求め方には以下の6つの評価方法があります。

 

  • ①最終仕入原価法=期末に最も近い日に取得した仕入れ単価を基準に計算する方法


    計算はとても簡単な点がメリット。期末まで評価ができない、価格変動が多い場合は、実際かかったお金との誤差も大きくなるというデメリットも。
  •  
  • ②個別法=各仕入時の価格で評価する方法


    規格に応じて価額が違うものなどには認められていない。個別の商品を実際の仕入・払出のとおりに計算するので、数や種類が多い場合は手間がかかる。宝石・貴金属や不動産販売業者の販売する土地などの評価に適している。
  •  
  • ③先入先出法=「商品や資産は、仕入れた順に売れていく」と考えのもとで計算


    実際の資産の流れに近い状態で計算できるが、物価の変動があった場合、インフレ時には利益が多く評価され、デフレ時には小さく評価されてしまう。
  •  
  • ④総平均法=前期の繰り越し資産と当期中の資産総額を総数量で割った価格を取得価格と考える方法


    物価変動による影響を受けにくいことが、期末後にしか計算ができない。
  •  
  • ⑤移動平均法=仕入れ(資産取得)ごとにその時点の在庫と仕入れから棚卸資産の平均単価をその都度、計算して評価していく方法



    常に現状を把握できるが、毎回計算をしていくことになるため、計算が複雑で手間がかかる。

  • ⑥売価還元法=販売価格の合計に原価率を掛けて算出した金額で評価


    原価率=(期首の棚卸資産の取得価額+期中の仕入棚卸資産の取得価額)÷(期末の棚卸資産の販売額+期中に販売した棚卸資産の販売価額)

    取扱商品が多い場合など、商品ごとの原価を調べるのが難しい場合に便利なため、値札がついているスーパーや百貨店など小売業で取り入れられている。原価率の類似した商品グループに分けるのが大変。

 

棚卸資産の評価損とは【棚卸資産評価損の計上】

棚卸資産評価損とは、棚卸資産(在庫)の劣化による損失のことです。


仕入れた商品は仕入れ値よりも高い金額で販売するため、損失が生じることはありませんが、破損した商品や流行性の高い商品は仕入れた時点よりも価値が下がり損失が生じます。


実際の金額的な損失は販売しない限り発生しないため、在庫の評価損を損金として計上することはできませんが、以下のケースでは、棚卸資産評価損の計上が認められています。

  • 災害によって著しい損傷を受けた場合
  • 破損や型くずれなどの品質劣化がある場合
  • 流行性が極めて強い場合
    (クリスマスや正月向けの商品などの季節商品は認められない)

そして、棚卸資産評価損は以下の計算式で求めます。


棚卸資産評価損=棚卸資産評価額-販売した価格

次の章では、棚卸資産管理の効率化に欠かせないアイテムとして今、最も注目されているIoT機器についてわかりやすく解説していきます。

棚卸資産管理とIoT機器

新型コロナウイルス、人手不足、爆発的に増加する通販需要の拡大…といったロジスティクスの課題を克服するために注目されているのが、

  • DX(デジタルトランスフォーメーション)
    企業の営みや産業全体をデジタルの力でよりよくしていく取り組み。
  • IoT(Internet of Things)
    モノのインターネット化

IoT機器を導入することにより、「自動化」や「見える化」が可能になり、現場作業の改善、在庫管理、工程管理、品質管理なども効率的に行えるようになります。

このように稼働状況や生産状況、在庫などのデータを分析することで、人力では発見しにくい問題や傾向なども把握できるようになり、生産性の向上やロスタイムの削減につながります。

デジタルテクノロジーを駆使して、企業経営や業務プロセスそのものを根本的に改善していくDX(デジタルトランスフォーメーション)を実現するためにIoTは欠かせない要素となります。

棚卸資産の管理を効率化!スマートマットクラウド

棚卸資産の計測はスマートマットにおまかせ

スマートマットクラウドは、株式会社スマートショッピングが運用するIoT機器スマートマットを利用した在庫管理・発注自動化サービスです。

 

今までありそうでなかった重さで在庫を検知するというシンプルな仕組みを利用して、残量/残数をスマートマットクラウドに保存。管理画面から実在庫の自動記録、確認ができます。

重さで在庫を図るシンプルなシステムなので、RFIDやバーコード管理のようなタグやバーコードの貼り付けなどの作業負担もなく、現場への導入もスムーズです。

オフィスのコピー用紙、倉庫の小さなネジ類、 冷蔵庫の見えない食材、遠方のお客様先に設置した自社製品など、あらゆる環境に対応。スマートマットを商品の下に置くだけで、日々の作業を劇的に改善するため現場のスタッフの労力も軽減してくれます。

CSVやAPIを利用し、生産・在庫管理・購買システムとの連携も可能です。

 

SIMルーター貸与、Wi-Fiアクセスポイント貸与、SIMカード貸与・通信料も無料、親身なサポート体制、トライアルからスタート可能で導入しやすいと好評です。

契約継続率98%の満足度!累計導入700社/20,000台の以上!スマートマットクラウドの主な機能と特徴は以下の通りです。

機能 スマートマットクラウド
計測最大重量 A3サイズ:100kgまで/A4サイズ: 30kgまで/A5サイズ5kgまで/
マルチマット 複数台の利用で1トンまで計測可能
入荷管理 可能
出荷管理 可能
在庫管理 可能
棚卸 可能
接続方法 Wifiで接続
海外での利用 可能
冷凍庫での利用 可能
発注方式 不定期定量発注と定期不定量発注の2種類
在庫量の遠隔監視 可能
アラート機能 在庫が少なくなったタイミングでのメール通知
ロケーション管理 フリーロケーション管理・固定ロケーション管理のいずれにも対応
※2021年4月現在の情報です。

 

信頼できる在庫管理システム「スマートマットクラウド」

在庫管理や棚卸の業務負担にお困りですか? 「スマートマットクラウド」がまいにちの在庫管理業務を、劇的に改善。

「管理商材が多く、ICタグを貼る業務が負担」
「初期投資費用がかかりすぎる」
「システムを入れたけど結局棚卸が必要」

自社に合った在庫管理システムが見つからずお悩みの企業様。 費用面でも運用面でも導入のハードルが低く、 早期の導入効果を実現する「スマートマットクラウド」の資料請求はこちらです。

今なら導入費用の2/3を補助!IT導入補助金を利用できます

  • 今すぐ資料請求

関連記事

  • 棚卸

    棚卸減耗【原因・計算方法・仕分方法・棚卸減耗損や商品評価損・正確な棚卸に役立つIoT】

  • 在庫評価方法
    棚卸

    在庫評価方法【在庫評価額・原価法・低価法・在庫評価損・届け出や変更】

  • 現品管理とは
    棚卸

    現品管理|目的と重要性とは?現場の在庫管理を正確にする方法と手順

今なら導入費用の2/3を補助!IT導入補助金を利用できます

  • 今すぐ資料請求

人気事例

今なら導入費用の2/3を補助!IT導入補助金を利用できます

  • 今すぐ資料請求
全自動で在庫管理・発注を行う! ︎