在庫管理術

消耗品管理|在庫切れや過剰在庫を解消!消耗品の管理を楽にする方法とは?

消耗品管理

消耗品はなぜうまく管理できないのか

コピー用紙や文具、帳票等の企業で使用する消耗品。利用頻度が高く、消費のスピードが早い消耗品は在庫管理が難しい物品です。


最近は手指の消毒液やマスクといった感染症対策に必要なものが増え、ますます管理が大変、と感じている企業も多いのではないでしょうか。


消耗品管理は作業自体は非常に単純なものですが、管理点数が多いのが特徴。また在庫を切らしてしまうと、本来の業務に支障が出てしまいます。


会社備品や消耗品管理のルールを決めたり、担当者を置いたりしても、なかなか消耗品管理の課題はすっきり改善されにくいもの。


今回は消耗品管理に関する企業の課題を整理し、ベストな解決方法を紹介します。

消耗品管理がうまくいかない理由

消耗品管理の課題

発注依頼のやりとりが大変

消耗品の残りが少なくなったら、消耗品の発注管理をしている部署に依頼をする必要があります。依頼を出すタイミングが遅くなることで、在庫が切れてしまうということもあるかもしれません。

自分の仕事を中断し、発注担当部署にメールや電話で依頼するやりとりが負担になっているのが主な原因です。発注依頼を後回しにしたり、見て見ぬ振りをすることが常態化しているケースもあります。

在庫が過剰になっている

必要な消耗品がないと思って発注したら、別の場所にストックしてあった、という失敗を繰り返して、消耗品在庫が過剰なっている場合があります。
これは主に消耗品の置き場が固定化されていない、もしくは置き場が複数箇所あることが原因です。在庫切れを恐れ、必要数以上の在庫を持っているケースも珍しくありません。

在庫確認のために移動の手間が発生する

消耗品の在庫数は実際に現物を目で見て数える方法で確認をしている企業がほとんどです。
消耗品管理のためにエクセルで在庫管理表を作ったり、在庫管理アプリ等のツールを利用したりしている場合でも、実際に在庫のある場所に足を運ぶことに代わりはありません。


新型コロナウィルスの流行によって、リモートワークを実施する企業の割合が増えました。しかし、オフィスにある消耗品の在庫確認のために出社を余儀なくされている人が出ているのが現状です。

担当者に負担が集中する

消耗品の在庫管理には発注点発注量の知識が必要になります。
不特定多数の人が残数確認や発注に関与すると、その分ミスがふえるため、在庫管理に担当者制を採用する企業も多いのではないでしょうか。

在庫管理の担当者をおくことで、たしかにミスは少なくなります。
しかし通常業務と兼務で消耗品の在庫管理にあたることがほとんどのため、担当者に責任が集中します。仕事量が多くなるため、担当者にはストレスが重くのしかかることも。
さらに、担当者が異動・退職の際に混乱が起きる可能性も。担当者が入れ替わるたびに、教育・研修コストがかかるリスクを見ておく必要があります。

消耗品管理の課題を解決するIoTとDX化

消耗品管理の課題を解決するには、消耗品管理の自動化がおすすめです。目視や手書きに頼らず消耗品の在庫管理を自動化するITツールの導入は、業種や事業規模を問わずあらゆる企業にお勧めできる方法です。

自動化の有効な方法として以下の2つが大きなキーワードとなっています。

DX(デジタルトランスフォーメーション)

企業の営みや産業全体をデジタルの力でよりよくしていく取り組み

IoT(Internet of Things)

IoT=「モノのインターネット化」

IoT機器を導入することにより、残数確認や発注に人手をかけることなく、作業を正確に、そして飛躍的に効率よく行えるようになります。

デジタルテクノロジーを駆使して、企業経営や業務プロセスそのものを根本的に改善していくDX(デジタルトランスフォーメーション)を実現するためにIoTは欠かせない要素となります。

新型コロナウイルス対応でリモートワークを取り入れたい現場スタッフをサポートすることが大いに期待されています。

次の章では置くだけで在庫の見える化・発注の自動化が可能。IoT機器「スマートマットクラウド」の特徴をご紹介します。

 

重量IoTによる消耗品管理の解決方法をチェック

スマートマットクラウドで消耗品を簡単に

在庫情報・発注状況の自動共有

消耗品の発注には、現在在庫がいくつあるのかという在庫情報が必要です。また現場では在庫が少なくなっているけれど、発注が出ているのかどうかという現状を把握しておく必要があります。

在庫管理システム「スマートマットクラウド」は、管理画面から在庫状況を確認でき、関係者に在庫情報や発注通知メールを自動で送信することもできます

定置管理の導入

置き場所を固定する定位置管理は、在庫管理の基本のひとつです。
アイテムの置き場が定まっていないと、在庫総数の把握が難しくなります。


定位置管理は消耗品管理の第一歩。
消耗品で欠品や過剰在庫が発生している企業は、まずもののひとつひとつに置き場所を決めることから始めましょう。

遠隔管理の実施

消耗品の在庫切れ回避には定期的な在庫チェックが欠かせません。
重量IoT「スマートマットクラウド」はあらかじめ設定したタイミングで自動で残量を計測し、残りが少なくなったものを自動発注できます。遠隔管理ができるため、消耗品が置いてある場所に実際に移動する必要はありません。

 

スマートマットクラウドで在庫管理・発注を自動化

製造業のIT導入補助金ののスマートマットクラウド

現場のあらゆるモノをIoTで見える化し、発注を自動化するDXソリューション「スマートマットクラウド」を使えば、簡単に自動化が可能です。スマートマットの上に管理したいモノを載せるだけで設置が完了。

あとはマットが自動でモノの在庫を検知、クラウド上でデータを管理し、適切なタイミングで自動発注してくれます。

タグやバーコードの貼り付け・読み取りなどの作業負担もなく、管理画面から実在庫の自動記録や、確認ができます。

さまざまな自動発注に対応

お客様の発注先に合わせた文面でメール・FAXの送信が可能です

在庫圧縮を促進

推移を把握できるグラフで適切な在庫量を判断し、在庫圧縮を促進します

置く場所を選びません

スマートマットはA3サイズ〜A5サイズまでの3サイズ展開。ケーブルレスで、冷蔵庫・冷凍庫利用も可能。

 API・CSVでのシステム連携実績も多数

自社システムや他社システムと連携を行い、より在庫管理効率UPを実現します。

安心サポート

現場への導入に向けては、専門のカスタマー・サクセス担当が、お客様を厚くサポートします。

消耗品管理を効率化!スマートマットクラウド導入事例

スマートマットクラウドは、現在多くの企業様に導入いただいています。導入によって消耗品管理を効率化できた事例をご紹介します。

●食品製造業(株式会社アヤベ洋菓子様

株式会社アヤベ洋菓子様消耗品管理の事例

消耗品に関しては、従来厳密に在庫管理や棚卸を実施していなかった。スマートマット導入時に、設置サポートを受け、設置場所を決めてから導入を行ったことで バラバラだった保管場所を整理。導入前に比べ、消耗品の保管スペースを圧縮できた。
製造工場側で在庫の確認や発注業務を都度しなくても良くなったため、業務効率が上がり、グラフで現在の使用量を確認できる為、適正在庫の把握が楽に行えるようになった。

最大150万円! IT導入補助金を相談する

スマートマットクラウドはIT導入補助金対象のITツールです。IT導入補助金をご検討の方はお問合せください。

  • 無料資料をダウンロード

関連記事

最大150万円! IT導入補助金を相談する

スマートマットクラウドはIT導入補助金対象のITツールです。IT導入補助金をご検討の方はお問合せください。

  • 無料資料をダウンロード

人気事例

最大150万円! IT導入補助金を相談する

スマートマットクラウドはIT導入補助金対象のITツールです。IT導入補助金をご検討の方はお問合せください。

  • 無料資料をダウンロード
全自動で在庫管理・発注を行う! ︎