在庫管理術

RFID×在庫管理|RFIDとは?導入のメリットとデメリットをわかりやすく

RFIDとは

RFIDとは?【読み方・仕組み・ユニクロレジ利用例】

RFIDに必要なもの

RFIDは、Radio Frequency Identificationの略で読み方は、「あーるえふあいでぃー」。

微小なICチップを搭載しているアンテナを使用した商品タグ(RFタグ)を専用リーダー機器で読み取り、商品を識別・管理する非接触の自動認識技術のことです。

 

RFIDは、バーコードやQRコードに代わる新しい自動認識技術として、スイカやパスモといった交通系ICカードや、図書館やレンタルビデオ、自動車のスマートキーなど私たちの身近なところで使われています。

また、小売や物流の現場でも多くの企業がRFIDを利用して在庫管理や入出庫管理、棚卸などを行なっています。

具体例としてはユニクロ・gu・コンビニレジでのRFIDの導入が挙げられ、以下のようなメリットをもたらしたのは有名な話です。

ユニクロでは2018年以降、すべての商品にRFIDタグを貼り付けたことで…。

  • レジの無人化・行列の解消(精算時間の短縮化)
  • 万引き防止
  • 検品・棚卸・在庫管理業務の効率化

といった多くの効果を生み出しています。


RFIDの特徴【バーコードとの違い】

RFIDのメリット

RFIDは以前から使用されているバーコードと比較されますが、では具体的にどのような違いがあるのでしょうか。

バーコードは「バー」と言われる線とバー間のスペースの幅や組み合わせによって、数字や文字情報を表す技術です。

バーコードもRFIDと同じように、専用のスキャナでその情報をスキャンして使用しますが、読み込みには以下のような違いがあります。

  1. タグが遠距離・非接触で読める
  2. 複数のタグを一括処理できる
  3. ICチップはデータの寿命が長い
  4. データが書き換えられる

特徴①遠距離・非接触で読める

RFIDはよくバーコードと比較されます。バーコードリーダーが近い位置からしか読み込めないのに対し、RFIDは通信距離が比較的長いのが特徴。RFIDは使用する電波の周波数によってデータが読みとれる距離が異なります。

また、RFIDは電波を遮断しないという条件をクリアしていれば、リーダーとタグを密着させなくても読み取りができるという特性があります。ダンボールや棚から製品を取り出すことなく作業が始められるため効率的です。

  • LF帯:通信距離が短め(用途:車のスマートキーなど)
  • HF帯:通信距離が0.5cm〜30cmとやや短め (用途:交通系ICカード等)
  • UHF帯:通信距離が数mとやや長め(用途:在庫管理等)

特徴②複数のタグを一括処理できる

RFIDは同時に複数のICタグを読み込んで処理できます。そのため作業時間を大幅に短縮でき、在庫管理の効率UP人件費の抑制に貢献します。

特徴③データの寿命が長い

RFタグのICチップは、半導体なので、屋外で長期間、使用する場合は、紫外線の影響を少なくするなどの配慮をすれば半永久的に使用できます。

特徴④データが書き換えられる

RFタグにはあとから書き込みができデータを追加できるものもあります。バーコードやQRコードなど2次元コードよりもより多くの情報量を持たせることができ、データの寿命が長いのが特徴です。

RFIDの種類【パッシブ型・アクティブ型・セミアクティブ型】

RFIDのICタグにはバッテリーの有無や周波数によって種類があります。

  • パッシブ型:バッテリー非内蔵
  • アクティブ型:バッテリーが内蔵されている
  • セミアクティブ型:最初に起動されるまでパッシブタイプとして動作し、起動された後はアクティブとして動作する

さらにICタグには以下の通信規格があります

  • フィリップス社開発「Mifare」などの「Type A」
  • モトローラ社開発の高セキュリティ規格「Type B」 (運転免許証などに利用)
  • ソニー社開発「FeliCa」(Suicaなどに利用)

RFIDの在庫管理のメリット

RFIDを在庫管理に導入したときのメリットは次の3点です。

  1. 作業時間の短縮
  2. 作業コストの削減
  3. 在庫管理の精度アップ

人手不足問題を抱え、ヒューマンエラーが原因で正確な在庫管理が難しいというアパレルや製造業の現場で、RFIDの導入が進んでいるのもうなずけます。


RFIDの在庫管理のデメリット

RFIDのデメリット

導入前にRFIDのデメリットについても知っておく必要があります。

  1. ①初期導入コストが高い
  2. ②在庫に1点ずつタグをつける手間がかかる
  3. ③タグが読み取れないことがある
  4. ④電波が金属や水に弱い

RFIDを使った在庫管理にはリーダライタ、在庫管理分のICタグ、システム利用料として高額な導入費用がかかります。在庫管理システムのICタグ1枚あたりの金額は数十円からかかり、低単価の商材を大量に管理するとコスト原価を圧迫します。在庫を管理する商品の数が多い場合は、ICタグの取り付け作業も企業にとって大きな負担に。

また電波を反射する金属物質や、電波を吸収する水分の多い物質のそばでは電波が妨害されやすく、読み取り精度が落ちるリスクがあります。


RFIDの課題を克服するIoT機器

入出庫管理の課題・リスクを克服し、業務効率化のために注目されているのが、

DX(デジタルトランスフォーメーション)

企業の営みや産業全体をデジタルの力でよりよくしていく取り組み

IoT(Internet of Things)

IoT=「モノのインターネット化」

です。

IoT機器を導入することにより、「自動化」や「見える化」が可能になり、現場作業の改善、棚卸、検品、在庫管理、工程管理、品質管理なども効率的に行えるようになります。

このように稼働状況や生産状況、在庫などのデータを分析することで、人力では発見しにくい問題や傾向なども把握できるようになり、業務の効率化、生産性の向上やロスタイムの削減につながります。

デジタルテクノロジーを駆使して、企業経営や業務プロセスそのものを根本的に改善していくDX(デジタルトランスフォーメーション)を実現するためにIoTは欠かせない要素となります。

そして、棚卸や検品、在庫庫管理は製造業や小売業、アパレル、薬局や医療業界などにとって大きな関心事項であるにもかかわらず、なかなか効率化できない…。このような課題を解決するために必要なIoT機器が、大きな注目を集めています。

次の章ではIoTで在庫の見える化が簡単!話題のIoT機器、スマートマットクラウドをご紹介します。

RFIDを使った在庫管理の悩みを解決するスマートマットクラウド

在庫管理を省力化するスマートマットクラウド

在庫管理のためにRFIDシステムの導入を検討したけれど、「コストやタグの取り付けの手間を考えると現実的ではない」とお悩みの企業が多いのではないでしょうか。

RFIDよりもコストを抑えて導入でき、しかも業務負担がかからない在庫管理システムがIoTを使ったシステム「 スマートマットクラウド」です。

スマートマットクラウドは、株式会社スマートショッピングが運用するIoT機器スマートマットを利用した在庫管理・発注自動化サービスです。

今までありそうでなかったスマートマットが重さで在庫を検知するというシンプルな仕組みを利用して、残量/残数をスマートマットクラウドに保存。

タグやバーコードの貼り付け・読み取りなどの作業負担もなく、管理画面から実在庫の自動記録、確認ができます。

また、現場への導入に向けては、専門のカスタマー・サクセス担当が、お客様を厚くサポートします。

オフィスのコピー用紙、倉庫や工場の小さなネジ類、 冷蔵庫の見えない食材、遠方のお客様先に設置した自社製品など、業種・品目を問わず幅広い場面に対応。CSVやAPIを利用し、生産・在庫管理・購買システムとの連携も可能です。

スマートマットクラウドの主な機能と特徴は以下の通りです。

機能 スマートマットクラウド
計測最大重量 A3サイズ:100kgまで/A4サイズ:30kgまで/A5サイズ:5kgまで
マルチマット 複数台による計測可(条件に合えば1トン以上でも取り扱い可能)
在庫管理 可能
棚卸 可能
接続方法 Wi-Fiで接続
海外での利用 可能な地域あり
冷凍室での利用 可能
発注方法 メール、FAX、インフォマート、メディコード
発注方式 不定期定量発注と定期不定量発注の2種類
在庫量の遠隔監視 可能
アラート機能 在庫が少なくなったタイミングでのメール通知
※2021年3月現在の情報です。

 

RFIDシステムを使っているけれど費用負担が大きく運用にも手間がかかる、とお悩みの企業様、ぜひ一度お問い合わせください。

RFID・バーコード・スマートマットクラウドの比較

コードとRFIDとスマートマットクラウドを比較導入済企業、導入検討中企業・パートナーからのヒアリングに基づいて、スマートマットクラウドを導入する際に比較検討しているRFID・バーコードとの業務負担をわかりやすい比較表にしました。

  バーコード RFID スマートマットクラウド
業務負担 ×(毎回スキャン) ×(毎回スキャン) ◎(載せるだけ)
遠隔管理 ×(現場でスキャン) ×(現場でスキャン) ◎(リモートで確認OK)
在庫の管理方法 手動でバーコードをスキャン ※別途ハンディターミナル必須 手動でバーコードをスキャン ※別途ハンディターミナル必須 自動で数量計測
棚卸の作業 手動でバーコードをスキャン ※別途ハンディターミナル必須 手動でバーコードをスキャン ※別途ハンディターミナル必須 自動で数量計測

①価格

RFIDのタグは使い捨てのため、継続してタグを購入する必要があります。
一方スマートマットクラウドは、リーダーもタグも使用しませんので初期費用・運用コストを抑えることができます。


②オペレーション

スマートマットクラウドは、重量を計測するためタグをとりつける手間が発生しません。RFIDの貼り付けが難しい形状や素材の在庫にも対応します。


③業務負担

RFIDでの在庫は、手作業に比べると省力化されますが、その都度人によるスキャンの作業が発生します。

スマートマットクラウドは作業を自動化し、在庫置き場まで行くことなく遠隔から残数を確認できます。


信頼できる在庫管理システム「スマートマットクラウド」

在庫管理や棚卸の業務負担にお困りですか? 「スマートマットクラウド」が毎日の在庫管理業務を、劇的に改善。

「管理商材が多く、ICタグを貼る業務が負担」
「初期投資費用がかかりすぎる」
「システムを入れたけど結局棚卸が必要」

自社に合った在庫管理システムが見つからずお悩みの企業様。 費用面でも運用面でも導入のハードルが低く、 早期の導入効果を実現する「スマートマットクラウド」の資料請求はこちらです。

今なら導入費用の2/3を補助!IT導入補助金を利用できます

  • 今すぐ資料請求

関連記事

今なら導入費用の2/3を補助!IT導入補助金を利用できます

  • 今すぐ資料請求

人気事例

今なら導入費用の2/3を補助!IT導入補助金を利用できます

  • 今すぐ資料請求
全自動で在庫管理・発注を行う! ︎