在庫管理術

フリーロケーション管理|固定ロケーションとの違いやメリットとデメリット

フリーロケーション管理

フリーロケーション管理とは

倉庫内で「商品の保管場所」を示す言葉を「ロケーション」といいます。ロケーションを決めることで、在庫の置き場が決まるため在庫がどこに保管されているのかわかります。

フリーロケーション管理(英語: Free location management)とは、ロケーション管理の一種。倉庫の空いている場所に商品を保管し、その都度商品とロケーションを紐づける管理方法のことです。つまり保管場所を固定しないで、入庫の際に空いている場所に保管していくのが特徴です。

在庫管理・発注を自動化する

固定ロケーション管理とフリーロケーション管理の違いは?

固定ロケーション管理とフリーロケーション管理の違い

在庫のロケーションには主にフリーロケーション、固定ロケーションがあります。2つの管理方法の違いを整理しておきましょう。

フリーロケーション管理

  • 場所を決めずに開いている場所に保管
  • 商品の種類の入れ替えが頻繁な業種で用いられる場合が多い
  • 保管効率があがるので、同じ倉庫でもより多くの在庫を保管できる
  • 入庫場所を記録できる在庫管理システムを導入することが多い

固定ロケーション管理

  • アイテムごとに場所を決めて保管
  • 商品の種類の入れ替えがあまりない業種で用いられる場合が多い
  • 在庫を探し回る必要がなく、作業効率を高めるためには効果的
  • 在庫管理システムなどで、システム化されていないことが多い

フリーロケーション管理のポイント

  • 各ロケーション(棚番)ごとに在庫数の変化を逐一把握すること
  • 空きスペースに場所に商品を入庫していくため棚を効率的に利用することができる
  • エクセルや在庫台帳などでは管理が難しいため、位置管理ができる在庫管理システムを導入することが多い

フリーロケーション管理に適した在庫とは

商品の入出庫が激しく在庫量の増減が激しい業界や、商品の種類がの入れ替わりが激しい業界で適しています。

アパレル業界やネット通販業界などの多くが導入しています。有名な例としてはAmazonが挙げられます。

フリーロケーション管理のメリット・デメリット

フリーロケーション管理の特徴

フリーロケーション管理のメリット

空いている場所に商品を保管するため、無駄なスペースが減り、固定ロケーション管理と比べて小さい倉庫で在庫管理ができます。

また、フリーロケーションには棚割り(=仕入れた商品をどこに・どれだけの数量を陳列するか、を定めること)がないため、商品の種類が変わっても大きな仕様変更が必要なく運用負担は軽くなります

フリーロケーション管理のデメリット

商品が入庫した際、倉庫に置くたびに場所と商品を紐づける必要があるため入庫管理の手間があります。

また、在庫の位置が頻繁に変わるため、在庫を探す手間が増えてしまいます。 そのため、「どこの棚に入庫したか」を正確に記録していかないと 商品の場所を正確に把握することができず、出荷作業に支障をきたすことになります。

フリーロケーション管理の方法

フリーロケーション管理と相性のいい在庫管理システム

では具体的にフリーロケーション管理の方法にはどのようなものがあるのでしょうか。

一般的には、エクセル、専用システムやアプリ、ソフト(有料・フリー)などを使うことが多いようです。

また、最近ではバーコードやハンディターミナル、RFIDによる商品管理方法が登場し、システムに記録することが可能となり、それらを取り入れている企業も増えています。

ロケーション管理の効率化に欠かせないIoT機器

ロケーション管理の課題・リスクを克服し、成功するために注目されているのが、

DX(デジタルトランスフォーメーション)

企業の営みや産業全体をデジタルの力でよりよくしていく取り組み

IoT(Internet of Things)

IoT=「モノのインターネット化」

です。

IoT機器を導入することにより、「自動化」や「見える化」が可能になり、現場作業の改善、在庫管理、ロケーション管理、工程管理、品質管理なども効率的に行えるようになります。このように稼働状況や生産状況、在庫などのデータを分析することで、人力では発見しにくい問題や傾向なども把握できるようになり、生産性の向上やロスタイムの削減につながります。

デジタルテクノロジーを駆使して、企業経営や業務プロセスそのものを根本的に改善していくDX(デジタルトランスフォーメーション)を実現するためにIoTは欠かせない要素となります。

そして、ロケーション管理は製造業や小売業、アパレル、薬局や医療業界などにとって大きな関心事項であるにもかかわらず、なかなか成果を出せないという課題を解決するために必要なIoT機器が、大きな注目を集めています。

 

ロケーション管理をもっと効率良く!IoT機器「スマートマットクラウド」

スマートマットクラウドのイメージ

現場のあらゆるモノをIoTで見える化し、発注を自動化するDXソリューション「スマートマットクラウド」を使えば、簡単に自動化が可能です。スマートマットの上に管理したいモノを載せるだけで設置が完了。

あとはマットが自動でモノの在庫を検知、クラウド上でデータを管理し、適切なタイミングで自動発注してくれます

さまざまな自動発注に対応

お客様の発注先に合わせた文面でメール・FAXの送信が可能です

在庫圧縮を促進

推移を把握できるグラフで適切な在庫量を判断し、在庫圧縮を促進します

置く場所を選びません

スマートマットはA3サイズ〜A6サイズまでの4サイズ展開。ケーブルレスで、冷蔵庫・冷凍庫利用も可能。

API・CSVでのシステム連携実績も多数

自社システムや他社システムと連携を行い、より在庫管理効率UPを実現します。

詳しく見る

最大150万円! IT導入補助金を相談する

スマートマットクラウドはIT導入補助金対象のITツールです。IT導入補助金をご検討の方はお問合せください。

  • 在庫管理システムを見る

関連記事

最大150万円! IT導入補助金を相談する

スマートマットクラウドはIT導入補助金対象のITツールです。IT導入補助金をご検討の方はお問合せください。

  • 在庫管理システムを見る

人気事例

最大150万円! IT導入補助金を相談する

スマートマットクラウドはIT導入補助金対象のITツールです。IT導入補助金をご検討の方はお問合せください。

  • 在庫管理システムを見る
在庫管理システムを見る