在庫管理術

医薬品在庫管理システムMedicine Supervision|特徴や機能・価格料金プランは?併用したい在庫管理システムとは

医薬品在庫管理システム「Medicine Supervision」

Medicine Supervisionとは

Medicine Supervisionは、株式会社電算が運用する医薬品在庫管理システムです。

発注から出庫にいたるまで、病院で日々行われている医薬品の在庫管理にまつわる事務手続きを効率化できるツール。

この記事では、医薬品管理システムの導入を検討している病院に向けて「Medicine Supervision」の特徴や機能をご紹介します。


Medicine Supervisionの特徴

Medicine Supervisionの特徴

Medicine Supervisionの特徴

  • 発注データ自動生成
  • 簡単操作正確な処理
  • 病院の業務に合わせて運用できる


特徴①発注データの自動生成

Medicine Supervisionの一番の特徴は医薬品の発注データを自動生成できること。適正な発注数をシステムが自動で算出します。発注方法は発注点数方式もしくは、発注定数方式から選択が可能です。

特徴②簡単な操作&正確な処理

医薬品はバーコードハンディターミナルで簡単に管理。手作業では時間がかかる医薬品入出庫作業の効率を上げ、正確な処理を可能にします。

特徴③業務に合わせたカスタマイズ性

  • Medicine Supervisionのメインメニューは、病院の運用に合わせ、画面のレイアウトを変更できます。薬品管理の画面では、名称や規格等の共通項目に加えて、購入単価をはじめ、業務に合わせた項目を追加することもできます。

 

Medicine Supervisionの機能

Medicine Supervisionの機能

Medicine Supervisionの機能について見てみましょう。

機能 内容
発注業務 医薬品の発注支援
入庫業務 医薬品の入庫・返品の支援
出庫業務 医薬品の出庫・出庫返品の支援
検索 医薬品の出納情報を検索
データ出力 各種統計データをテキスト形式にて出力
帳票作成 各種統計帳票の印刷
マスタ保守 各種マスタデータのメンテナンス
棚卸業務 システム在庫と実棚在庫の調整・期末棚卸業務の支援
契約業務 医薬品の価格決定支援
遡り業務 薬品単位の医薬品の値引き
年次業務 薬価改定業務の支援
有効期限管理業務 医薬品の有効期限管理
ロット管理業務
血液分画製剤などのロット管理
麻薬管理業務 麻薬・向精神薬の台帳管理支援

 

機能が充実していて、医療現場における医薬品管理業務を広くカバー。医薬品在庫管理とその周辺業務を手厚く支援する内容になっています。

Medicine Supervisionの料金は?

ODSSの料金プラン

医薬品在庫管理システムMedicine Supervisionの料金に関する情報は2022年8月時点、公式サイトには記載されていません

正確な金額を知りたい場合は、公式サイトのフォーム経由、もしくは電話による問い合わせが必要です。

医薬品以外の物品管理ができる在庫管理システム

医療の現場の在庫管理は医薬品以外でも発生します。医療用消耗品や医療材料は、品目も数量ともに膨大なため、管理作業は病院の大きな負担となっています。
バーコードやRFIDタグを読み取りしなくても、院内に物品がどのくらいあるか計測しメディコードと連携し自動発注までできるIoT在庫管理システムをご紹介します。

株式会社メディコードが提供する国内の病院・クリニックなどの医療機関が使用している医薬品やディスポーザブル製品の受発注などに広く付与されている標準商品コード

 

医薬品や医療材料の在庫確認から発注までを自動化

病院の在庫管理を自動化するIoT

医療現場では、新型コロナウイルスの対応、労働人口の減少といった問題に直面している状況にあり、いかに効率よく正確に業務を行うことができるかが重要となります。

そこで注目され、近年続々と各企業で導入されているのが在庫管理棚卸発注の自動化であり、その最も有効な方法として次の2つが大きなキーワードとなっています。

DX(デジタルトランスフォーメーション)

企業の営みや産業全体をデジタルの力でよりよくしていく取り組み

IoT(Internet of Things)

IoT=「モノのインターネット化」

IoT機器を導入することにより、「自動化」や「見える化」が可能になり、棚卸、現場作業の改善、在庫管理、発注管理、品質管理が効率的に行えるようになります。

さらに消費状況、停滞在庫などのデータを分析することで、人の目では発見しにくい在庫管理の課題や傾向が把握できるようになります。

デジタルテクノロジーを駆使して、病院経営や業務プロセスそのものを根本的に改善していくDX(デジタルトランスフォーメーション)を実現するためにIoTは欠かせない要素となります。

人手不足で業務に忙殺されている医療分野や調剤薬局スタッフをサポートすることも大いに期待されています。

医療現場での導入実績多数!現物を計測する「スマートマットクラウド」

Pharmarket(ファルマーケット)のスマートマットクラウド

現場のあらゆるモノをIoTで見える化し、発注を自動化するDXソリューション「スマートマットクラウド」を使えば、貴院でも簡単に在庫管理の自動化が可能です。

スマートマットの上に管理したいモノを載せるだけで設置が完了。あとはマットが自動でモノの在庫を検知、クラウド上でデータを管理し、適切なタイミングで自動発注してくれます。

さまざまな自動発注に対応

「スマートマットクラウド」は、メール・FAXに加え、医薬品やディスポーザブル製品の受発注などに広く使われている標準商品コード「メディコード」を使ったAPI連携により、貴院で現在お取引のある主要ディーラーに対し自動で発注を行うことができます。

スマートマットはサイズ展開が豊富

  • 倉庫室のラック上

  • 診療エリア備え付けの棚の中

  • 引き出しの中

貴院のスペースや使用状況、導線に合わせた設置が可能です。

箱を開けずに在庫がいくつあるか計測。スマートマットクラウド導入事例

スマートマットクラウドは、現在多くの病院やクリニックに導入いただいています。導入をきっかけに医薬品の在庫管理を効率化した事例をご紹介します。

●医薬品の管理を効率化(名古屋バースクリニック

名古屋バースクリニック様事例

愛知県にある産婦人科クリニックの導入事例です。これまで医薬品の残数は、診療の合間に看護師が在庫置き場まで移動し確認していました。スマートマットクラウドを導入してからは、在庫確認・発注までを自動化。医薬品の箱を手に取り開封して数を数える、という定例業務が不要になりました。さらに蓄積される消費データから、クイックに医療消耗品の支出額を把握できるようになりました

最大150万円! IT導入補助金を相談する

スマートマットクラウドはIT導入補助金対象のITツールです。IT導入補助金をご検討の方はお問合せください。

  • 無料資料をダウンロード

関連記事

最大150万円! IT導入補助金を相談する

スマートマットクラウドはIT導入補助金対象のITツールです。IT導入補助金をご検討の方はお問合せください。

  • 無料資料をダウンロード

人気事例

最大150万円! IT導入補助金を相談する

スマートマットクラウドはIT導入補助金対象のITツールです。IT導入補助金をご検討の方はお問合せください。

  • 無料資料をダウンロード
全自動で在庫管理・発注を行う! ︎