在庫管理術

ハンディターミナル×在庫管理【方法や特徴と課題、在庫管理・棚卸を効率化した成功事例】

ハンディターミナルと在庫管理
目次

ハンディターミナルを使った在庫管理とは【方法・特徴】

ハンディターミナルとは*画像はイメージです

ハンディターミナル(HHT)とは、携帯性に優れたデータ収集用端末のことです。

同じデータ収集用端末ハンディスキャナーがデータの読み取りだけ行うのに対して、ハンディターミナルはキー入力、データ処理、データ送受信、データの蓄積まで幅広い業務をこなすことができます。

また、ハンディターミナルは別の端末機器に接続しなくても単体でその場でデータを確認し、共有することができるため、在庫管理棚卸の現場で導入が進んでいます。

ハンディターミナルを使った在庫管理の方法は次の通りです。

ハンディターミナルを使った在庫管理の方法

  • 在庫に貼られているバーコードやQRコードをハンディターミナルでスキャンする
  • スキャンした商品情報をリアルタイムでパソコンへ送信する
  • 在庫情報を在庫データに反映させ、パソコンで管理する
 ハンディターミナルを使った在庫管理は、在庫を数える手間はかかりません。ただスキャンするだけでリアルタイムにパソコンの画面上で在庫数などの確認が行えるため、棚卸、入出庫管理、発注業務などを効率的に行うことができます。

在庫管理・発注を自動化する

ハンディターミナルで在庫管理を行う際の課題

ハンディターミナルを使った在庫管理は、目視で在庫を数えたり、ノートに記入したりする必要がないため、大幅な労力削減につながりますが以下の課題もあげられています。

handy terminal_Inventory control_10

導入・ランニングコストが高い

ハンディターミナルは、1台あたりの価格がやや高価です。落下による故障を考慮すると高性能なだけでなく耐久性の高いものを選ぶとなるとさらに高価格のモデルになってしまいます。

また、端末を用意するだけでなくシステムの設計・設定にかかる費用や、定期的なバッテリー交換費用などのランニングコストも考慮する必要があります。

全在庫にバーコードやQRコードを取り付ける新たな工数が発生

バーコードやQRコードが貼っていない在庫には、自社でコードを生成、プリントアウトしてから、貼り付けるという新たな工数が発生してしまいます。

管理したい在庫全てに貼り付けるとなれば、相当の労力や負担がかかります。

二重スキャンなど人的ミスや読み取りエラー

スキャンをする工程はどうしても人力で行うしかありません。

そのためどんなに気をつけていても、スキャンするのを忘れてしまったり、二重にスキャンしてしまうというミスは完全に防げません。

在庫を数えずに重さで自動管理「スマートマットクラウド」

在庫管理の課題をヒアリングする際、「ハンディターミナルの導入を検討したけれど、バーコードやQRコードの取り付けの手間や入出庫のたびに、スキャンをする手間を考えると現実的ではない」という声をたくさんお聞きしました。

ハンディターミナルよりもコストを抑えて導入でき、しかも業務負担がかからない在庫管理システムがIoTを使ったシステム「 スマートマットクラウド」です。

スマートマットクラウドのイメージ

スマートマットクラウドは、重さで数を数えるIoTの新しい在庫管理システムです。マットの上に管理したいモノを載せるだけで設置が完了。日々の在庫確認や棚卸、発注まで自動化できます。

ハンディターミナルと同様に在庫を数えるという手間がかからないだけではなく、バーコードやQRコードを貼ったり、スキャンする必要はありません。

そのため、ハンディターミナルよりも人的負担がかからずに、より効率的かつミスのない在庫管理を実現します。

ハンディターミナル とスマートマットクラウドを比較した際のメリット

在庫管理の労力と時間を大幅に削減

スマートマットクラウドなら在庫をひとつずつスキャンしたり、バーコードやQRコードが貼られていない場合はコード生成、貼り付けるという労力は一切必要ありません。

数えることなく、すべての実在庫数を重さでリアルタイムに自動把握。複数がかりで何時間もかけて行っていた在庫管理や棚卸の労力を大幅に削減できます。

リアルタイム実在庫を画面上で把握

スマートマットクラウドは、わざわざ在庫保管場所に行き、数える手間を省いて、遠隔からリアルタイムで実在庫データを取得

欠品を早期に発見し、生産停止による機会損失の防止にも役立ちます。

消費グラフなど蓄積したデータをもとに過剰在庫や欠品を防止

スマートマットクラウドは蓄積した消費データを画面でグラフ確認できます。何が過剰で何が不足しているかもひと目でわかります。

また、在庫の急な過剰消費、在庫が消費されていないといった通常と異なる変化があった場合に、アラートをメールでお知らせ。過剰在庫や欠品防止にも素早く対応可能です。

Chemical_manufacturing_SMC_13

ハンディターミナルとの併用が可能

スマートマットクラウドは、単体で導入、使用することはもちろんですが、他のシステムとの併用も可能です。

例えば、ハンディターミナルでは管理しにくい(バーコードやQRコードが貼られていない、貼れないなど)在庫はスマートマットクラウドで重量在庫管理。

スキャンする方がスムーズな在庫はハンディターミナルで管理する、といった具合に在庫の種類によって使い分けることもできます。

導入・ランニングコストや労力に合わせて最適な在庫管理方法を選びましょう。

詳しく見る

 

スマートマットクラウドで在庫管理・棚卸を効率化した事例

 

 

\3分でわかる!スマートマットクラウド/

  • サービス資料を読んでみる(無料)

関連記事

\3分でわかる!スマートマットクラウド/

  • サービス資料を読んでみる(無料)

人気事例

  • 三洋化成工業株式会社
    化学工業

    【業務効率化・生産性向上】試薬・溶剤の発注を完全自動化。液体窒素や廃液処理までも管理する事で、メイン業務である分析に専念

    三洋化成工業株式会社

    / 生産性向上 / ゴミ回収

  • 株式会社SUBARU
    製造業

    消費スピードの予測が困難な部品在庫数をリアルタイムで把握。管理人件費削減により従来の1.5倍の費用対効果と若手の従業員体験向上を同時に実現

    株式会社SUBARU

    / 生産性向上 / 遠隔監視

  • 株式会社神戸製鋼所
    製造業

    欠品防止で生産停止リスクを排除。検査工程に必須のX線フィルム在庫を大幅に圧縮し大幅なコストコントロールを自在にする発注マネジメント

    株式会社神戸製鋼所

    / 発注ミス / 適正在庫

\3分でわかる!スマートマットクラウド/

  • サービス資料を読んでみる(無料)