在庫管理術

ハンディターミナル×在庫管理|ハンディターミナルの使い方やメリット・デメリット

ハンディターミナルの在庫管理とは

ハンディターミナルとは

ハンディターミナルとは

ハンディターミナル(HHT)とは、携帯性に優れたデータ収集用端末のことです。
宅配業者が、荷物の集荷や配達の時に小型の端末でピッとバーコードを読んでいる様子はおなじみの光景ではないでしょうか。 あの片手で操作できる端末のことをハンディターミナルと呼びます。
在庫管理では、バーコードや2次元コードをハンディターミナルで読み込んで管理の作業効率をよくすることができます。 現在ハンディターミナルは、物流・製造・小売業界と広い業界で活用されています。

ハンディターミナルの使い方

物流・製造・小売と業界別にハンディターミナルの用途についてみてみましょう。

物流


出荷検品、ラベル発行、検品、ピッキング
宅配業者を例にとると、「集荷」、「配達配達完了」、「持ち出し」、「不在」といった荷物情報、送り状の発行、カード決済までハンディターミナルで行なっています。

操作性の良いハンディターミナルのおかげで倉庫やドライバーといった現場の負担は軽くなり、顧客もリアルタイムで荷物追跡サービスを利用できるようになりました。

製造


在庫管理、商品管理、日付管理、棚卸、ピッキング、ロット管理、検品
製造業では原材料や工程管理、出来た製品の在庫管理や棚卸業務までハンディターミナルが使われています。万一不良品が発生した場合は該当する商品を速やかに回収し、原因を分析することもできます。

小売


発注、売れ筋把握、売上集計、客注対応、伝票出力、棚卸
ハンディターミナルを使うと、店頭とバックヤード両方で同時に作業しても在庫状況を随時更新することができます。
売上集計や発注業務、定期的な棚卸でもハンディターミナルは活躍しています。

どの分野でも商品管理と生産から流通までの過程をたどるトレサビリティの両方に貢献しているという点で共通しています。


ハンディターミナルの種類

ハンディターミナルには、データをリアルタイムに連動できる「無線タイプ」と、本体にデータを溜めておき 中継機を通じて後でまとめてデータ通信する「メモリタイプ(バッチタイプ)」とがあります。

iPhoneやAndroidに対応したアプリを使うことで、スマートフォンをハンディターミナルとして使えるサービスも存在してします。


ハンディターミナルの機能

ハンディターミナルの機能

ハンディターミナルの基本的な機能は次の5つ。

  • 読み取り:スキャンでデータを読み取る。形式はバーコード、二次元コード、OCRフォント、RFID等
  • キー入力:数字や文字の入力、処理の確定や機能呼び出しができるキーが付属
  • 蓄積:ハンディで収集したデータを蓄積する機能
  • 送信受信:データをアップロード・ダウンロードする機能
  • 表示:データを表示し、確認する機能

ハンディターミナルとハンディスキャナの違い

ハンディターミナルとハンディスキャナ。2つともデータ処理に使う端末ですが、できることに違いがあります。
ハンディスキャナがデータの読み取りだけ行うのに対して、ハンディターミナルはキー入力、データ処理、データ送受信、データの蓄積まで幅広い業務をこなすことができます。

ハンディスキャナのよい例がPOSレジ。レジのスキャナは単体では使用できず、本体であるレジと連携が必要です。
一方ハンディターミナルは、端末単体で使えるのが大きな特徴です。

ハンディターミナルを導入するメリット

ハンディターミナル導入のメリット

ハンディターミナルを在庫管理に導入するメリットをまとめてみました。

▼ ハンディターミナル導入のメリット

  • 入出庫管理が簡単になる
  • 棚卸が楽になる
  • トレサビリティ管理やロット管理が可能になる

ハンディターミナルを導入すると、バーコード読み取りで半自動で入出庫数を記録、把握することができます。無線タイプなら情報をシステムに自動で反映。データの転記が不要になり、目視確認に比べると人為的ミスが少なくなります。

また、棚卸ではこれまで2人1組で在庫をチェックする必要がありますが、バーコードなら1人で棚卸作業を進めることが可能です。

またバーコードや2次元コードならその製品がいつどこで誰の手によって製造されたかという情報をコンパクトに搭載でき、ハンディターミナルで読み込むことができます。賞味期限管理やロット管理も可能になります。

ハンディターミナルを導入するデメリット

ハンディターミナル導入のデメリット

多機能なハンディターミナルによる在庫管理にはデメリットもあります。

▼ ハンディターミナル導入のデメリットと課題

  • 導入や運営に費用がかかる
  • システム設計や作業の標準化に時間がかかる
  • スキャン漏れ・通信エラーがある
  • 管理商材が多いとバーコードを貼る作業が逆に負担になる
  • 食材などバーコードを貼れない商材の管理ができない

ハンディターミナル端末はやや価格が高いのが欠点。端末を用意するだけでなくシステムの設計・設定にも費用がかかり、既存のシステムとの連携や従業員が作業に慣れるまでに時間もかかります

また、ハンディターミナルを導入するには商品情報を読み込むためのバーコード二次元コードが不可欠で、コードが貼り付けられるものしか管理ができません。また読み取り自体は人間が行うため、スキャン漏れや、入力ミス、環境による通信エラーが発生する可能性があります。

ハンディターミナルの課題やデメリットを解決するIoT機器

在庫不足は売上の減少に、過剰在庫は倉庫スペースの圧迫や在庫ロス、不良在庫に繋がるため、在庫管理は必要不可欠な業務です。

新型コロナウイルス、人手不足などさまざまな問題に直面している状況下において、いかに効率化して正確に在庫管理を行うことができるかが重要となります。そこで注目され、近年続々と各企業で導入されているのが在庫管理の自動化であり、その最も有効な方法として以下の2つが大きなキーワードとされています。

DX(デジタルトランスフォーメーション)

企業の営みや産業全体をデジタルの力でよりよくしていく取り組み

IoT(Internet of Things)

IoT=「モノのインターネット化」

IoT機器を導入することにより、「自動化」や「見える化」が可能になり、棚卸、現場作業の改善、在庫管理、工程管理、品質管理なども効率的に行えるようになります。このように稼働状況や生産状況、在庫などのデータを分析することで、人力では発見しにくい問題や傾向なども把握できるようになり、生産性の向上やロスタイムの削減につながります。

デジタルテクノロジーを駆使して、企業経営や業務プロセスそのものを根本的に改善していくDX(デジタルトランスフォーメーション)を実現するためにIoTは欠かせない要素となります。

また、新型コロナウイルス対応などで業務に忙殺されている医療分野や調剤薬局、リモートワークを取り入れたい現場スタッフをサポートすることも大いに期待されています。

ハンディターミナルとその他のソリューションとの比較表

ハンディターミナルと他のソリューションとの比較

導入済企業、導入検討中企業・パートナーからのヒアリングに基づいて、ハンディターミナルを使ったシステムとその他のソリューションとして多くの企業や会社が比較検討しているIoTソリューション「スマートマットクラウド」、在庫管理表とエクセル、RFIDを比較し、まとめました。

  ハンディターミナル スマートマットクラウド 在庫表とエクセル RFID
計測方法 バーコードをスキャン 重量を計測 目視で確認、手書き・手入力 ICタグをスキャン
業務負担 ▲(毎回スキャン) ◎(載せるだけ) ×(目視で手書き・入力の負担大) ▲(毎回スキャン)
読み取り精度 ▲(スキャン漏れ) ▲(計測誤差) ×(読み取り不可) ▲(スキャン漏れ)
現場での作業 ▲(現場でスキャン) ◎(リモート確認OK) ▲(現場で棚卸・在庫確認) ▲(現場でスキャン)
棚卸の作業 ▲(現場でスキャン) ◎(作業不要) ×(現場で確認・棚卸表作成) ▲(現場でスキャン)

 

在庫管理ツールの選び方

多くの企業で、IoTは人の手で行なっていた在庫管理業務を自動化する目的で導入されています。
クラウド上にデータをリアルタイムで反映するため、今ある在庫の量がどこからでも確認でき、顧客からの問い合わせにもスピード感を持って対応できると評価されています。

在庫管理システムの導入で期待した効果を得るには、 「自社が抱えている課題をクリアできるIoTツールを選ぶこと」が重要になります。

ハンディターミナルよりもっとラクに在庫管理の悩みを解決するIoT機器「スマートマットクラウド」

在庫管理の課題をヒアリングする際、「ハンディターミナルの導入を検討したけれど、タグの取り付けの手間を考えると現実的ではない」という声をたくさんお聞きしました。

ハンディターミナルよりコストを抑えて導入でき、しかも運用に業務負担がかからない在庫管理システムが存在します。

モノに組み込まれているセンサーやデバイスをインターネットにつないで自動的にデータを集めるIoTを使ったシステム「スマートマットクラウド」です。です。

スマートマットクラウドは、株式会社スマートショッピングが運用するIoT機器スマートマットを利用した在庫管理・発注自動化サービスです。

今までありそうでなかったスマートマットが重さで在庫を検知するというシンプルな仕組みを利用して、残量/残数をスマートマットクラウドに保存。

タグやバーコードの貼り付け・読み取りなどの作業負担もなく、管理画面から実在庫の自動記録、確認ができます。

また、現場への導入に向けては、専門のカスタマー・サクセス担当が、お客様を厚くサポートします。

オフィスのコピー用紙、倉庫や工場の小さなネジ類、 冷蔵庫の見えない食材、遠方のお客様先に設置した自社製品など、業種・品目を問わず幅広い場面に対応。CSVやAPIを利用し、生産・在庫管理・購買システムとの連携も可能です。

スマートマットクラウドの主な機能と特徴は以下の通りです。

機能 スマートマットクラウド
計測最大重量 A3サイズ:100kgまで/A4サイズ:30kgまで/A5サイズ:5kgまで
マルチマット 複数台による計測可(条件に合えば1トン以上でも取り扱い可能)
在庫管理 可能
棚卸 可能
接続方法 Wi-Fiで接続
海外での利用 可能な地域あり
冷凍室での利用 可能
発注方法 メール、FAX、インフォマート、メディコード
発注方式 不定期定量発注と定期不定量発注の2種類
在庫量の遠隔監視 可能
アラート機能 在庫が少なくなったタイミングでのメール通知

※2021年7月現在の情報です。

スマートマットクラウドの資料請求は こちらです。

信頼できる在庫管理システム「スマートマットクラウド」

多くの企業から寄せられた「今ある在庫を正確に知りたい」という声から生まれたスマートマットクラウド。 ​

「バーコードやICチップを貼る等在庫管理のために労力をかけたくない」
「理論在庫と実在庫を合わせたい」
「現状を踏まえた安全在庫が知りたい」 というニーズにこたえ、在庫管理、発注、棚卸業務を劇的に改善します。

自社に合った在庫管理システムが見つからずお悩みの企業様。 費用面でも運用面でも導入のハードルが低く、 早期の導入効果を実現する「スマートマットクラウド」の資料請求はこちらです。

今なら導入費用の2/3を補助!IT導入補助金を利用できます

  • 今すぐ資料請求

関連記事

今なら導入費用の2/3を補助!IT導入補助金を利用できます

  • 今すぐ資料請求

人気事例

今なら導入費用の2/3を補助!IT導入補助金を利用できます

  • 今すぐ資料請求
全自動で在庫管理・発注を行う! ︎