在庫管理術

SPD(院内物品質管理)|病院のSPD業務をIoTで

SPDは「Supply(供給)」、「Processing(加工)」、「Distribution(分配)」の頭文字を取ったもので、わかりやすく言うと、病院内の各部署に医療消耗品を必要なときに必要な量を供給するシステムのことを意味します。

SPDとは【定義】

spd_iot01

SPDは「Supply(供給)」、「Processing(加工)」、「Distribution(分配)」の頭文字を取ったもので、わかりやすく言うと、病院内の各部署に医療消耗品を必要なときに必要な量を供給するシステムのことを意味します。

一般社団法人日本医療製品物流管理協議会(略称「日本SPD協議会」、旧SPD研究 会)では、以下のようにSPDを定義しています。


「SPDとは、病院が使用・消費する物品(医療材料を主として、医薬品、試薬、滅菌・再生品、手術器械・鋼製小物、ME機器、文具・日用雑貨、印刷物など)の選定、調達・購入方法の設定、発注から在庫・払出・使用・消費・消毒・滅菌・補充に至る一連の物品の流れ(物流)、取引の流れ(商流)、および情報の流れ(情流)を、物品管理コンピュータ・システムを使い管理することにより、トレーザビリティなど医療の安全性を確保するとともに、コスト削減、原価管理など、病院経営改善・効率化に資するための『物品・物流管理システム』のことをいう」。

SPDでは物品・物流管理業務を、病院が独自に行う場合外部の業務に委託する場合があります。


SPDの目的とメリット

spd_iot02

SPDを運用すると、次のようなメリットがあります。

  • 品目数を絞り、購入価格を抑えることができる
  • 過剰在庫や消費期限切れなどの不良在庫を削減できる
  • 保険請求漏れをなくす
  • 各部署での在庫管理業務を効率化できる

資金面でのメリットが大きく、スタッフの負担を軽減し医療の質をあげることにもつながるため、SPDを正しく運用することは経営の大きな鍵になっています。


SPDの業務内容【物品物流管理・購買管理・その他】

SPDの提供業務には以下の3つがあります。

  • 物品物流管理
    在庫、供給、搬送、補充、品質、期限などの管理
  • 購買管理
    受発注、購買価格の管理(価格分析、購買交渉、商品切り換え提案など)
  • その他
    •消費データ管理、保険請求漏れ確認、術前準備、原価管理
    •医薬品/診療材料の供給
    •物品発注/納品
    •病棟の請求伝票管理と点滴運搬
    •問い合わせ対応/価格情報/情報収集

SPDの形態【自院で運用・外部委託】

SPDの形態は病院自身での運用とメーカーや卸などの外部委託による運用があります。それぞれの特徴とメリット・デメリットをご紹介します。

◆自院で運用

システムを導入し管理を自院で行う。業者への費用は発生しないが、業務運用の人員とシステムを自院で管理する必要があるため、昨今の人手不足による人員確保の問題や管理するためのスキルが必要になるという課題も。また、院内にSPD用の在庫スペース、納品検収、部署への補充のための作業スペースの確保も必要

◆外部委託

外部委託には、物流管理のみをSPD業者に委託し、購買(調達)は自院で行う方法と物品管理と調達を1社にまとめて委託する一括供給型がある。前者は、自院で運用と同様にスペースの確保の問題や運用中の在庫は自院買い取りとなるため負担は大きい。一方、一括供給型は、病院スタッフの業務負荷低減や在庫負担の軽減などメリットが大きいため、現在のSPDの主流形態となっている。

病院SPDの課題

  • デッドストック
  • 在庫切れ
  • 有効期限切れ
  • 在庫スペース
  • 発注業務・支払い業務
  • 需要予測・季節変動
  • 入荷検品・院内運搬
  • 仕入原価
  • 取引業者が多すぎる
  • 医材の診療請求漏れ

これらを解決しようにも、そもそも院長をはじめとした経営陣が医療材料の管理を軽視したり、人材・経験不足のため基礎的なSPD作業に取りかかれていない病院も見られます。

次の章では、院内のスタッフの労力を軽減し、本来の業務に集中、在庫や発注の不安や課題を解消する今、最注目のIoT機器について詳しく解説します。

病院SPDに欠かせないIoTとは

IoT(アイオーティー)とは、Internet of Thingsの略で、「モノのインターネット」という意味です。

あらゆるモノをインターネット(あるいはネットワーク)に接続する技術のことで、具体的には以下のようなことを可能にします。

  • 離れた場所からモノを操作する
  • 離れた場所からモノの状態を把握する
  • モノや人の動きを検知する
  • モノとモノとを繋ぐ

IoTを使った家電や設備には、センサーやカメラなどが搭載されており、モノの状態や周辺環境といった情報を感知・収集し、インターネットを介して、それらのデータを人やモノに伝えます。

病院SPDもIoTを導入することで、在庫状況などを把握し、人手不足の解消が可能になるため、より効率的なSPDが可能になります。

搭載されているセンサーは、機器によって光センサーや温度センサー、重量センサーなどさまざまです。

次の章では、重量センサー(重さを測る仕組み)で効率的な在庫管理が可能な話題のIoT機器をご紹介していきます。

病院SPDの課題を解消!スマートマットクラウド

spd_iot04

上述のような理由から、SPDの導入に踏み切れない病院も多い一方で、現実問題として、医療消耗品などを切らしてしまうと診療に即支障が出てしまうという課題を解決するのは避けることのできない事実です。

spd_iot03

スマートマットクラウドは、重量型センサを搭載した在庫管理専用のIoT機器です。
棚卸と発注を自動化し、在庫管理をミスなく簡単に実施することができます。

スマートマットクラウドは在庫の変動を見える化し、あらかじめ発注点を設定しておくことで自動注文まで行います

 

また、初期費用を抑えて簡単に導入できるうえ、グローブやマスクといった医療消耗品はもちろん、消毒液や機材の洗浄液などの液体、ペーパータオルや文具といった備品まで幅広く在庫を置くだけで見える化します。

スマートマットクラウドのサイズは3タイプあり、倉庫だけでなく診察室の棚の中、受付周辺の収納エリアなどスペースにあわせて設置が可能。天板は強化ガラス製で、「クリーンな印象で患者様の目の届く場所に置ける」と好評をいただいています。

在庫管理専用システムスマートマットクラウドは、初期費用を抑えて簡単に導入できます。 重量型デバイスが、グローブやマスクといった医療消耗品はもちろん、消毒液や機材の洗浄液などの液体、ペーパータオルや文具といった備品まで幅広く在庫を計測します。
スマートマットクラウドのデバイスの大きさは3タイプあり、倉庫だけでなく診察室の棚の中、受付周辺の収納エリアなどスペースにあわせて設置が可能。天板は強化ガラス製で、「クリーンな印象で患者様の目の届く場所に置ける」と好評をいただいています。

スマートマットクラウド導入のきっかけ

スマートマットクラウドは現在、幅広い業態で導入されています。
お客様の実際の声をもとに、医療現場へのスマートマットクラウド導入のきっかけを以下にまとめました。

eb539ca77a3fdbd5b64834d6f29a1b5f

歯科医院

歯科医

治療に必要なノズルやペーパータオルなど消耗品を管理する現場の負担を軽減したい

eb539ca77a3fdbd5b64834d6f29a1b5f

クリニック

皮ふ科

自費診療の化粧品の在庫切れや、消費期限切れを解消したい

eb539ca77a3fdbd5b64834d6f29a1b5f

医療器材管理

 

使用済み器具に使う洗浄剤の残量を自動で管理したい

スマートマットクラウドの使用事例

計測商品(例)
マスク・グローブ
注射器・包帯
美容商品
サプリメント
使用済み器具用の洗浄剤
置き場所(例)
倉庫室
診察室の棚
通路廊下の床
中央材料室

▼クリニックでの医療品・備品管理(千里中央花ふさ皮ふ科様

spd01

皮ふ科クリニック内で医療消耗品や自費診療用の化粧品を管理。発注も自動化しています

スマートマットクラウド導入による効果

実際にスマートマットクラウドをご利用いただいている事業者さまの事例をもとに、導入による効果をまとめました。

歯科医院
現場スタッフにとって負担になっていた在庫チェック業務を軽減できた
在庫が切れそうなときに系列クリニック間を移動してやりくりすることがなくなった
訪問診療の合間などすきま時間を使って、出先から院内の在庫を確認できる
皮膚科クリニック
スタッフが治療や受付といった業務に時間を割けるようになった
在庫変動を分析して、動きの少ない商品と新商品を入れ替えることができた
病院
倉庫室まで行かなくても遠隔で商品在庫の数量が把握できる
医療用消耗品と同じシステムでコピー用紙等の備品も一元管理が可能

6/30まで!スマートマットクラウドはIT補助金を利用できます

  • 今すぐ資料請求

関連記事

6/30まで!スマートマットクラウドはIT補助金を利用できます

  • 今すぐ資料請求

人気事例

6/30まで!スマートマットクラウドはIT補助金を利用できます

  • 今すぐ資料請求
全自動で在庫管理・発注を行う! ︎