在庫管理術

発注点|在庫管理の発注点の管理や計算方法と管理を簡単にするIoT

発注点とは

発注点とは

発注点とは

発注点(英語:Ordering point)とは、「その数量を下回れば発注する」とあらかじめ決めた在庫水準=発注をかけるタイミングのことで、閾値(しきいち)とも呼ばれます。


発注点の設定がしっかりできていないと、過剰在庫や在庫不足のリスクを招くため、発注点を使った在庫管理方法である発注点方式(管理)には欠かせません。


この記事では、効果的な在庫管理を左右する発注点について、計算方法や必要な要素である平均出庫量・リードタイム・安全在庫についてわかりやすく解説していきます。


発注点方式(管理)をスムーズに行うためのIoT機器についてもご紹介するので、在庫管理にお悩みの方はぜひ、ご一読ください。

発注点方式(管理)と発注方式

定量発注方式と定期発注方式

在庫があらかじめ決めておいた水準を下回るたび、一定量を発注する方法である発注点方式(管理)は、一般的に一般に定量発注方式と呼ばれています。


定量発注方式は、一定量まで在庫が減少したら自動的に発注を行うため、需要の変化は考慮しません。


このような理由から、以下のような在庫の管理に向いています。

  • 安価なもの
  • 需要や供給量の変動が少ないもの
  • 重要度の低いもの(ABC分析でBクラス以下に相当するもの)

発注方式には、この定量発注方式のほかに、あらかじめ決めておいた期間ごとに必要な量を発注する定期発注方式があります。


定期発注方式は、その時の状況に応じて柔軟に発注量を決めることができますが、発注量を毎回決めるが手間になる可能性もあります。

 

発注点の計算方法

発注点は、一般的に以下の計算式で求めることができます。

 

発注点=1日の平均出荷量×調達期間+安全在庫

次の章では、この発注点の計算式に必要な3つの要素について詳しくご紹介します。

 

発注点を決めるのに必要な3つの要素【平均出庫量・リードタイム・安全在庫】

発注点を決めるのに必要な3つの要素【平均出庫量・リードタイム・安全在庫】

  • 1日の平均出荷量

    1日あたりの使用や販売の数量のこと。

  • 調達期間(発注リードタイム)

    材料の発注点なら、発注してから納品されるまでの調達期間、仕掛品の発注点なら、生産着手から完了までの製造期間のこと。
  • 安全在庫

    需要変動などのバラつきによって起こる可能性がある欠品を、ある程度防ぐための在庫のこと。

発注数・発注量の決め方をサポートするIoT

IoT(アイオーティー)とは、英語のInternet of Thingsの略で、「モノのインターネット」という意味です。


あらゆるモノをインターネット(あるいはネットワーク)に接続する技術のことで、具体的には以下のようなことを可能にします。

  • 離れた場所からモノを操作する
  • 離れた場所からモノの状態を把握する
  • モノや人の動きを検知する
  • モノとモノとを繋ぐ

IoTを使った家電や設備には、センサーやカメラなどが搭載されており、モノの状態や周辺環境といった情報を感知・収集し、インターネットを介して、それらのデータを人やモノに伝えます


ホテルや旅館業界もIoTを導入することで、在庫状況などを把握し、より効率的な在庫管理や棚卸・発注が可能になります。


搭載されているセンサーは、機器によって光センサーや温度センサー、重量センサーなどさまざまです。

 

発注点到達時の通知や発注通知でお知らせ!スマートマットクラウド

発注点管理に有効なスマートマット

スマートマットクラウドは、株式会社スマートショッピングが運用するIoT機器スマートマットを利用した在庫管理・発注自動化サービスです。

 

今までありそうでなかった重さで在庫を検知するというシンプルな仕組みを利用して、残量/残数をスマートマットクラウドに保存。管理画面から実在庫の自動記録、確認ができます。

残量一覧ダイジェストメール(一日一回)や発注点到達時の通知、発注通知などを受け取ることができ、管理画面にアクセスしなくても在庫数量の把握が容易に可能です。

 

重さで在庫を図るシンプルなシステムなので、エクセルのような入力の手間やミスの心配もなく、RFIDやバーコード管理のようなタグやバーコードの貼り付けなどの作業負担もなく、現場への導入もスムーズです。

 

オフィスのコピー用紙、倉庫や工場の小さなネジ類、 冷蔵庫の見えない食材、遠方のお客様先に設置した自社製品など、あらゆる環境に対応。スマートマットを商品の下に置くだけで、日々の作業を劇的に改善するため現場のスタッフの労力も軽減してくれます。

 

CSVやAPIを利用し、生産・在庫管理・購買システムとの連携も可能です。

SIMルーター貸与、Wi-Fiアクセスポイント貸与、SIMカード貸与・通信料も無料、親身なサポート体制、トライアルからスタート可能で導入しやすいと好評です。

契約継続率98%の満足度!累計導入700社/20,000台の以上!スマートマットクラウドの主な機能と特徴は以下の通りです。

 

機能 スマートマットクラウド
計測最大重量 A3サイズ:100kgまで/A4サイズ: 30kgまで/A5サイズ5kgまで/
マルチマット 複数台による計測可
入荷管理 可能
出荷管理 可能
在庫管理 可能
棚卸 可能
接続方法 Wifiで接続
海外での利用 可能
冷凍庫での利用 可能
発注方式 不定期定量発注と定期不定量発注の2種類
在庫量の遠隔監視 可能
アラート機能 在庫が少なくなったタイミングでのメール通知
ロケーション管理 フリーロケーション管理・固定ロケーション管理のいずれにも対応
※2021年4月現在の情報です。

 

信頼できる在庫管理システム「スマートマットクラウド」

在庫管理や棚卸の業務負担にお困りですか? 「スマートマットクラウド」が毎日の在庫管理業務を、劇的に改善。

「管理商材が多く、ICタグを貼る業務が負担」
「初期投資費用がかかりすぎる」
「システムを入れたけど結局棚卸が必要」

自社に合った在庫管理システムが見つからずお悩みの企業様。 費用面でも運用面でも導入のハードルが低く、 早期の導入効果を実現する「スマートマットクラウド」の資料請求はこちらです。

もうすぐ締切!IT導入補助金が利用可能

「スマートマットクラウド」は、IT導入補助金2021の対象ITツールに認定。
申請を検討の方はお急ぎください

  • 無料で事例集を受け取る

関連記事

もうすぐ締切!IT導入補助金が利用可能

「スマートマットクラウド」は、IT導入補助金2021の対象ITツールに認定。
申請を検討の方はお急ぎください

  • 無料で事例集を受け取る

人気事例

もうすぐ締切!IT導入補助金が利用可能

「スマートマットクラウド」は、IT導入補助金2021の対象ITツールに認定。
申請を検討の方はお急ぎください

  • 無料で事例集を受け取る
全自動で在庫管理・発注を行う! ︎