在庫管理術

定量発注方式|発注点の決め方とは?メリットとデメリットを解説

定量発注方式

定量発注方式とは

定量発注方式とは

定量発注方式(発注点方式)とは、在庫があらかじめ決めておいた水準を下回るたび、一定量を発注する方法です。
発注水準となる在庫量のことを発注点と呼びます。
定量発注方式はあらかじめ発注点を決めておくため、比較的発注の手間がかからない発注方式です。

▼定量発注方式に向いている在庫

定量発注方式に向いている在庫

  • 安価なもの
  • 需要や供給量の変動が少ないもの
  • 重要度の低いもの(ABC分析でBクラス以下に相当するもの)

の在庫管理に向いています。


発注点と発注量の決め方

定量発注方式では発注点と発注量を適切に決めることが重要になります。
発注点の決め方ですが、発注してから入荷するまでの間在庫が持ちこたえられる数量であることが必須になります。

発注点を求める計算式

  • 発注点=平均使用量×発注リードタイム+安全在庫

1回あたりの発注量は、発注にかかる費用と在庫管理費用の合計が一番少なくなる「経済的発注量」を当てはめるのが基本です。

発注量を求める計算式

  • 経済的発注量=√(2×1回あたりの発注費用×年間必要量÷年間在庫保管費用)

定期発注方式との違い

定量発注方式と対になる考え方が定期発注方式です。
定量発注方式は、発注から次の発注までの期間がまちまちですが、定期発注は決まったタイミングで必要量を計算して発注する方式です。

定量発注に比べると定期発注の方が発注の手間がかかりますが、会社の利益に影響のある在庫の管理に適しています。

▼定期発注方式に向いている在庫

  • 高額なもの
  • 需要の変動があるもの
  • 重要度の高いもの(ABC分析でAクラスに相当するもの)

定量発注方式のメリット・デメリット

定量発注方式のメリットとデメリットについてまとめました。

項目 定量発注方式
メリット 発注の手間とコストが抑えられる
デメリット 過剰在庫や欠品のリスクが高い

発注業務の負担が大きい企業は、商品の重要度を点検して定量発注方式の割合を増やすことで業務の効率化がアップします。
定量発注方式を導入した結果、品切れがひんぱんに起こるのであれば、在庫数のチェックの頻度を増やし発注点や発注量を見直すことが必要になります。


定量発注の課題を解決するIoT在庫管理システムとは

スマートマットクラウドで発注点管理

定量発注方式でいちばんの課題となるのが、常に在庫量をチェックして、発注のタイミングを見逃さないようにすることです。
IoTを利用した在庫管理システム「スマートマットクラウド」は、指定したタイミングで在庫量を自動計測。発注タイミングをアラートするので、人的ミスによる在庫切れが起こりません。

定量発注だけでなく定期発注方式にも対応しており、在庫の性質によって発注方式を使い分けることも可能です。


信頼できる在庫管理システム「スマートマットクラウド」

多くの企業から寄せられた「今ある在庫を正確に知りたい」という声から生まれたスマートマットクラウド。 ​

「バーコードやICチップを貼る等在庫管理のために労力をかけたくない」
「理論在庫と実在庫を合わせたい」
「現状を踏まえた安全在庫が知りたい」 というニーズにこたえ、在庫管理、発注、棚卸業務を劇的に改善します。

自社に合った在庫管理システムが見つからずお悩みの企業様。 費用面でも運用面でも導入のハードルが低く、 早期の導入効果を実現する「スマートマットクラウド」の資料請求はこちらです。

 

今なら導入費用の2/3を補助!IT導入補助金を利用できます

  • 今すぐ資料請求

関連記事

今なら導入費用の2/3を補助!IT導入補助金を利用できます

  • 今すぐ資料請求

人気事例

今なら導入費用の2/3を補助!IT導入補助金を利用できます

  • 今すぐ資料請求
全自動で在庫管理・発注を行う! ︎