在庫管理術

定期発注方式|定量発注方式との違いは?メリットとデメリットも

定期発注方式とは 週1回、毎月1回など、決まった発注間隔で毎回数量を計算して発注する方法のことです

定期発注方式とは

Regularorder_01

週1回、毎月1回など、決まった発注間隔で毎回数量を計算して発注する方法のことです。現在の在庫量や必要数に応じてその都度、発注量を計算して発注する方式のため、発注量は毎回変わります

最低でもストックしておくべき安全在庫を下回らないような発注周期を決め、最大在庫まで発注します。

その時の状況に応じて柔軟に発注量を決めることができますが、発注量を毎回決めるが手間になる可能性もあります。

定量発注方式との違い

Regularorder_02

定期発注方式と同じようによく用いられている発注方式に定量発注方式があります。名称は似ていますが、両者は明らかに異なります。

  定期発注方式 定量発注方式
発注のタイミング 決まった発注間隔 在庫がある一定の量まで減った際
発注量 毎回数量を計算して発注 毎回決まった量を発注
向いている製品 高価なものや需要変動の大きいもの 単価の安いものや需要が安定しているもの
 

定期発注方式のメリット

Regularorder_03

発注日・入庫日があらかじめ決まっているため、作業計画が立てやすく、発注し忘れも防げます。

また、一定の時期に数量を指定して発注ができるため、在庫が余っている時は発注量を減らし、需要が伸びている時期は発注量を増やすと柔軟に対応が可能です。在庫不足や在庫過多をなくし、在庫の最適化・コストダウンにもつながります。

定期発注方式の計算方法・計算式

Regularorder_05

発注量は以下の計算式で計算します。

発注量=(発注間隔+調達期間)× 使用予定量 + 安全在庫 – 現在の在庫量 – 現在の発注残

また、需要の変動などによる欠品が生じないよう、通常必要な在庫に加えて最低限保持しておく在庫=安全在庫の量は以下の計算式で計算します。

安全在庫数=安全係数× 需要数の標準偏差×√(納入リードタイム+発注間隔)

安全在庫係数とは、欠品を許容できる欠品率=注文に対して商品を供給できなかった割合に対する数値を指します。具体例をあげると、100個の注文があったときに、95個しか納品できなかった場合、欠品率は5%となります。一般的に使われている欠品許容率と安全係数の値は以下の通りです。

欠品許容率(%) 安全係数
1 2.33
5 1.65
10 1.29
20 0.85
30 0.53

定期発注方式のデメリット【問題・注意点】

Regularorder_04

毎回正しい在庫数の把握と需要の予測を立てた上で、発注量を計算する必要があるので手間がかかります。

また、最低発注単位が決まっていたり、配送料金の関係で最適な量の発注ができないこともあります。

定期発注方式のまとめ

Regularorder_06

発注方式の中でも最も人気が高くポピュラーな定期発注方式ですが、メリットはたくさんあるものの、デメリットもあることは、ここまででご紹介した通りです。

また、定期発注方式の計算方法も慣れないと難しいと感じる人もいるかもしれません。

上記のことに加え、自社の業務内容、取り扱っている製品のことなども考慮の上、最適な発注方式を選んで在庫管理の効率化を行いましょう。

デメリットや不安を取り除くために在庫管理システムを導入するのもおすすめでです。

 

次の章では、そんな方にぜひ検討してみてほしいIoT機器で行うおすすめの在庫管理についてわかりやすくご紹介します。

在庫管理・発注の効率化に欠かせないIoT機器

Regular-ordering-_sai_01

在庫管理や発注の課題・リスクを克服し、成功するために注目されているのが、

DX(デジタルトランスフォーメーション)

企業の営みや産業全体をデジタルの力でよりよくしていく取り組み

IoT(Internet of Things)

IoT=「モノのインターネット化」

です。

IoT機器を導入することにより、「自動化」や「見える化」が可能になり、現場作業の改善、在庫管理、発注、工程管理、品質管理なども効率的に行えるようになります。このように稼働状況や生産状況、在庫などのデータを分析することで、人力では発見しにくい問題や傾向なども把握できるようになり、生産性の向上やロスタイムの削減につながります。

デジタルテクノロジーを駆使して、企業経営や業務プロセスそのものを根本的に改善していくDX(デジタルトランスフォーメーション)を実現するためにIoTは欠かせない要素となります。

そして、在庫管理システムは製造業や小売業、アパレル、薬局や医療業界などにとって大きな関心事項であるにもかかわらず、なかなか成果を出せないという課題を解決するために必要なIoT機器が、大きな注目を集めています。

次の章では、定期発注方式・定量発注方式いずれにも対応している今、話題のIoT機器を使った在庫管理システムをご紹介します。

不定期定量発注と定期不定量発注の2種類に対応「スマートマットクラウド」

ZAICO_06

スマートマットクラウドは、株式会社スマートショッピングが運用するIoT機器スマートマットを利用した在庫管理・発注自動化サービスです。

今までありそうでなかった重さで在庫を検知するというシンプルな仕組みを利用して、残量/残数をスマートマットクラウドに保存。管理画面から実在庫の自動記録、確認ができます。

オフィスのコピー用紙、倉庫の小さなネジ類、 冷蔵庫の見えない食材、遠方のお客様先に設置した自社製品など、あらゆる環境に対応。スマートマットを商品の下に置くだけで、日々の作業を劇的に改善するため現場のスタッフの労力も軽減してくれます。

SIMルーター貸与、Wi-Fiアクセスポイント貸与、SIMカード貸与・通信料も無料なので、導入しやすいと好評です。

スマートマットクラウドの主な機能と特徴は以下の通りです。

機能 スマートマットクラウド
計測最大重量 A3サイズ:100kgまで/A4サイズ: 30kgまで/A5サイズ5kgまで/
マルチマット 複数台の利用で1トンまで計測可能
入荷管理 可能
出荷管理 可能
在庫管理 可能
棚卸 可能
接続方法 Wifiで接続
海外での利用 可能
冷凍庫での利用 可能
発注方式 不定期定量発注と定期不定量発注の2種類
在庫量の遠隔監視 可能
アラート機能 在庫が少なくなったタイミングでのメール通知
ロケーション管理 フリーロケーション管理・固定ロケーション管理のいずれにも対応
スマートマットクラウド」の資料請求はこちらです。

 


信頼できる在庫管理システム「スマートマットクラウド」

在庫管理や棚卸の業務負担にお困りですか? 「スマートマットクラウド」が毎日の在庫管理業務を、劇的に改善。

「管理商材が多く、ICタグを貼る業務が負担」
「初期投資費用がかかりすぎる」
「システムを入れたけど結局棚卸が必要」

自社に合った在庫管理システムが見つからずお悩みの企業様。 費用面でも運用面でも導入のハードルが低く、 早期の導入効果を実現する「スマートマットクラウド」の資料請求はこちらです。

6/30まで!スマートマットクラウドはIT補助金を利用できます

  • 今すぐ資料請求

関連記事

6/30まで!スマートマットクラウドはIT補助金を利用できます

  • 今すぐ資料請求

人気事例

6/30まで!スマートマットクラウドはIT補助金を利用できます

  • 今すぐ資料請求
全自動で在庫管理・発注を行う! ︎