在庫管理術

在庫管理に欠かせない発注【発注方式や発注点の重要性・課題と解決方法・発注自動化ツールと導入成功事例】

在庫管理に欠かせない発注とは
目次

在庫管理に欠かせない発注とは

在庫管理は、製造に使用する資材や原材料などを

といった問題を発生させることなく、適正な量・品質を維持して管理することです。

そして、在庫管理を行う上で、最も重要な業務とも言われているのが、資材や原材料の注文を行う発注管理業務です。

発注管理業務は、担当者にとってかなりの負担であると同時に、企業の活動に大きく関わってくるため、業務の効率化と適正化が必要とされています。

この記事では、在庫管理に欠かせない発注管理について、発注方式や発注点・発注量の重要性、課題と解決方法をわかりやすく解説していきます。

また、発注管理業務を自動化するおすすめツールと導入成功事例もご紹介!

在庫管理・発注を自動化する

在庫管理業務で発注をするときに重要なこと

在庫管理において、発注業務を行う際に重要とされているのが、発注方式と発注点、発注量です。それぞれを簡単に解説します。

発注方式

的確な在庫管理を行うには、それぞれの在庫に適した発注方式を選ぶ必要があります。 

実際の現場で導入されている主な発注方式は以下の2つです。

発注方式

●定期発注方式

在庫が決められた発注点を下回った時点で決められた量を発注する方式。

●定量発注方式

週に1度、月に1度など、あらかじめ決められたタイミングで必要な量を発注する方式。

▼発注方式の関連記事はこちら

発注方式

定期発注方式|定量発注方式との違いは?メリットとデメリットも

定量発注方式|発注点の決め方とは?メリットとデメリットを解説

発注点

あらかじめ決めた在庫水準になったら、発注をかけるタイミングのことで、閾値(しきいち)とも呼ばれます。

発注点

→発注点【計算や求め方・発注点管理方式・安全在庫との違い・適正な発注点を決めるIoT機器】記事はこちら

発注量(発注数)

実際に発注する量のことです。

発注担当者の長年に経験や勘で発注量を決めることもありますが、計算式やシステムを利用して、より正確な発注量(発注数)を決めることが重要視されています。

発注点と発注量の計算式

▼→発注量【決め方・発注点と発注方式との関係・計算式・経済発注点・発注量決めに役立つIoT】の記事はこちら

在庫管理における発注の課題

発注管理業務では、以下のような多くの課題が発生しています。

在庫管理における発注の課題

発注ミス

伝票の紛失、発注書の転機ミスや漏れ、情報共有ミス、エクセル入力ミス、重複発注、発注忘れなどの人的ミスが発生しやすい。


→発注ミス【原因・背景と引き起こすデメリット・予防する方法と事例】の記事はこちら

発注に関する作業工程が多い

発注業務には、実際に発注を行う以外にも、購買依頼書の作成や仕入れ先の選定、検品などいくつもの作業工程があり、労力と時間が必要。

発注業務の属人化

発注担当者しか業務を把握しておらず、負担が担当者に集中している。

部門間の情報共有ができていない

今後どのくらいの受注が見込めるかといった営業の情報や、製造ラインのトラブルが起きたといった製造部門の情報など他部門と情報共有することが発注業務の効率化には不可欠。

在庫の整理整頓ができていない

どこにどんな在庫があるのか、そして、在庫はわかりやすいようにきちんと整理されているのか?これらができてない在庫保管場所では、在庫量を数えることができなかったり、数え間違いが起こることも。

人手不足

人手不足により、発注を専門に担当するスタッフがいないという現場も多く、その際は本来の業務の合間に発注作業を兼務することも多く、時間や労力が不足することで起こる。

発注業務を効率化するシステム

発注業務は、製造やサービスを滞りなく進め、健全な経営を維持するために欠かせない大変重要な業務です。

しかし、実際の現場では、上記の章でご紹介したようにさまざまな課題があるために、業務の効率化がなかなか進まないというのが現状です。

そこで、これまで主に人力や紙ベースといったアナログなやり方を見直し、課題を解決、業務の効率化をはかるために以下のようなシステムが導入されています。

発注業務を効率化するシステム

発注管理システム

発注から納品までの業務が一括管理できるシステム。

依頼書の作成や仕入れ先の選定、注文書の作成などもシステム管理されることにより効率化が可能に。

購買管理システム

原材料や部品(直接材)から、補修用品や消耗品、事務用品(間接材)まで、企業の購買活動において、価格や品質、納期を管理し、購買管理を効率化するシステム。

在庫管理システム

過剰在庫や欠品、不良在庫などをなくすために在庫情報や入出庫情報などを入力し、正確な情報を把握・管理するためのシステム。

▼発注業務の効率化の関連記事はこちら

発注業務の効率化|発注の課題を解決し効率を上げる方法とは?

発注の自動化【発注の課題・自動化のメリット・方法・自動化に必要なIoT】

詳しく見る

発注の課題を解決し、自動発注も実現!スマートマットクラウド

発注のスマートマットクラウド

スマートマットクラウドは、現場のあらゆるモノをIoTで見える化し、在庫管理・発注を自動化するDXソリューションです。

スマートマットの上に管理したいモノを載せるだけで設置が完了。

あとはマットが自動でモノの在庫を検知、クラウド上でデータを管理し、適切なタイミングで自動発注してくれます。

タグやバーコードの貼り付け・読み取りなどの作業負担もなく、管理画面から実在庫の自動記録や、確認ができます。

さまざまな自動発注に対応

お客様の発注先に合わせた文面でメール・FAXの送信が可能です。

automatic_ordering03-min

在庫圧縮を促進

推移を把握できるグラフで適切な在庫量を判断し、在庫圧縮を促進します。

置く場所を選びません

スマートマットはA3サイズ〜A6サイズまでの4サイズ展開。ケーブルレスで、冷蔵庫・冷凍庫利用も可能。

 API・CSVでのシステム連携実績も多数

自社システムや他社システムと連携を行い、より在庫管理効率UPを実現します。

安心サポート

現場への導入に向けては、専門のカスタマー・サクセス担当が、お客様を厚くサポートします。

リアルタイム実在庫のデータを収集、分析、遠隔管理が可能

スマートマットクラウドはリアルタイム実在庫のデータを収集、分析、遠隔で管理。工場内の自動化、スマートファクトリー化をサポートするIoTソリューションです。

IoTで現場のモノの動きを捉え在庫管理を自動化、その上で工程内のモノの流れを分析し問題を見える化します。さらにリアルタイム実在庫データを武器に工程を跨ぐ流れの澱みを特定しDX、現場力の向上に寄与します。

在庫置場に出向くことなくリアルタイムで管理画面から部品と仕掛品の在庫数を確認できます。在庫確認や補充タイミング把握のため、倉庫や工場内を走り回る必要はもうありません。
需要にあった供給を実現
スマートマットクラウドは生産工程の進捗状況も可視化。
後工程からひとつ前の工程に、必要な部品を、必要なタイミングで、いくつ必要かを自動で伝えることで、製造業の生産プロセスに潜むさまざまな課題を解消します。

◆特徴

  • 遠隔で在庫を一元管理:倉庫や各拠点の在庫を管理画面で一元管理
  • 需要に見合った供給を実現:ひとつ前の工程に伝え、過不足なく生産できる
  • 生産効率を最大化:リアルタイムかつ自動で伝え、ムダがない

在庫管理・発注を自動化する

スマートマットクラウドで発注の効率化・自動化を実現した成功事例

スマートマットクラウドで、発注の自動化に成功した事例をご紹介します。

 

\3分でわかる!スマートマットクラウド/

  • サービス資料を読んでみる(無料)

関連記事

  • 発注

    アプリ・スマホ・タブレットで使える受発注システム【無料版もご紹介】

  • 発注管理システム
    発注

    発注管理システム【失敗しない発注の条件と課題を解決するシステムとは】

  • 発注

    【受発注システム】Web上で受発注業務が完結できるシステムの選び方や無料ツールは?

\3分でわかる!スマートマットクラウド/

  • サービス資料を読んでみる(無料)

人気事例

  • 三洋化成工業株式会社
    化学工業

    【業務効率化・生産性向上】試薬・溶剤の発注を完全自動化。液体窒素や廃液処理までも管理する事で、メイン業務である分析に専念

    三洋化成工業株式会社

    / 生産性向上 / ゴミ回収

  • 株式会社SUBARU
    製造業

    消費スピードの予測が困難な部品在庫数をリアルタイムで把握。管理人件費削減により従来の1.5倍の費用対効果と若手の従業員体験向上を同時に実現

    株式会社SUBARU

    / 生産性向上 / 遠隔監視

  • 株式会社神戸製鋼所
    製造業

    欠品防止で生産停止リスクを排除。検査工程に必須のX線フィルム在庫を大幅に圧縮し大幅なコストコントロールを自在にする発注マネジメント

    株式会社神戸製鋼所

    / 発注ミス / 適正在庫

\3分でわかる!スマートマットクラウド/

  • サービス資料を読んでみる(無料)