目的

機会損失

ともファミリー歯科

導入をきっかけに院内在庫を整理、煩雑な発注を自動化

事例を読む
機会損失とは

機会損失とは?

機会損失とは機会損失とは、本来ならもっと利益を出すことができた状況で、取るべき行動をとらなかったことによって生じた架空の損失を指します。 機会損失は「チャンスロス」や「儲け損ない」とも呼ばれ、実際に出た損失とは意味が異なります。

機会損失と意味を取り違えやすい言葉を整理しておきましょう。

  • 逸失利益:債務不履行や不法行為が原因で、本来なら得られたはずなのに得られなかった利益
  • 機会利益:同じ期間で最も利益を生み出す選択肢と他の選択肢との利益の差。機会費用

機会損失の具体例

機会損失の具体例

機会損失には、「販売側に原因がある」という条件があります。 例えば台風や大雪のため、店舗が入っている商業施設がクローズになったケースは機会損失には当てはまりません。 一方、レジの故障で一定時間販売ができなかった場合は、機会損失に該当します。

機会損失の原因

機会損失の原因機会損失には、改善がなければ一度だけでなく何度も繰りかえし起こりやすいという特徴があります。 企業は機会損失に気がついた時点で原因を見つけ、本来くだすべきだった経営判断は何だったのか反省することで、さらなる機会損失を防ぐことができます。
機会損失を招く販売側の原因には次のようなものがあります。

  • 在庫管理の失敗:売り切れ、仕入れ不足
  • オペレーションの不備:機械の故障、接客の悪さ、品出しの遅さ

機会損失と在庫管理

在庫管理を徹底できなかったことにより起こる機会損失について詳しくみていきましょう。

  • 需要予測を間違えたため、仕入数が足りなかった
  • 在庫の残数を把握していなかったため、発注や製造が遅れた
  • 調達リードタイムを考慮に入れなかったため、在庫切れが起きた

勘に頼った仕入れや、在庫の在高や入出庫数の管理が行き届いていないことが、機会損失の背景にあります。 販売業や製造業など在庫を持つ業種が、経営課題として在庫管理の徹底を掲げるのも納得です。


機会損失を避ける方法とは

機会損失を避ける方法とは

機会損失を避けるために、多めに在庫を持つことはもちろん得策ではありません。 過剰な在庫には保管費用がかかり、在庫回転率が下がると会社のキャッシュフローを悪化させます。

機会損失を未然に防ぐ方法に、在庫管理システムの導入があります。 適切なタイミングで適切な数の仕入れができるだけでなく、在庫変動のデータ分析でより正確な需要予測を立てられる可能性が高くなります。

機会損失を回避!最善の意思決定を助けるIoTシステム

機会損失を回避して最善の意思決定を助けるIoTシステム

在庫管理の課題の解決に役立つのが、在庫管理システム。 数ある在庫管理システムの中で、モノに組み込まれているセンサーやデバイスをインターネットにつないでデータを集めるIoTシステムが注目を集めています。

IoTを使った在庫管理システムスマートマットクラウドなら、在庫管理業務を自動化し、出荷数のデータ数を蓄積することができます。 在庫数の確認から自動発注までこなすため、人的ミスによる発注もれや過剰発注がなくなったと導入済みの企業から高く評価されています。

スマートマットクラウド導入のきっかけ

スマートマットクラウドはこれまで700社、20,000台以上が導入されています。
お客様の実際の声をもとに、スマートマットクラウド導入のきっかけを以下にまとめました。

66c19942ab4ba346fdb64ccc04cde373

ホテル

飲食店

ビュッフェ料理の看板メニューを切らしてしまい、宿泊客の満足度を下げてしまった

a6456a91e5924739a461a372e441aefc

製造業

金属部品工場

仕掛品在庫の管理が甘いため不足することがある。急ぎの発注に間に合わず、失注したことがある

82706cd90b9b8b2526afc0cfbff99ae7-1

オフィス

総務担当

リモート勤務者が増えているのにコピー用紙を従来通り発注してしまい、在庫がだぶついている

d160a53f71104dc4e5ed3c300ba3ba79

宿泊業

旅館

納品業者の提案にしたがってアメニティ用品を仕入れているため、過剰な在庫を抱えている

スマートマットクラウド導入による効果

機会損失を回避するスマートマットクラウド

実際にスマートマットクラウドを導入した事業者さまの事例をもとに、業種ごとに効果をまとめました。

レストラン
ビュッフェ料理の在庫を厨房を出ることなく確認し、適度なタイミングで追加できるようになった
メニュー別に消費データが蓄積されているので、宿泊客の好みの傾向を踏まえて新メニューを開発できる
製造業
仕掛品の実在庫を把握しているので、顧客から注文を受ける際に正確で無理のない納期を伝えられる
在庫の数量をデータとしてリアルタイムで確認できるようになり、棚卸も不要になった
在庫切れを心配して仕掛品を大量に抱えていたが、大幅に削減できた
オフィス
コピー用紙や従業員用の飲料など、消費量に見合う適切な量を発注できるようになった
自動発注になり、備品の在庫確認のために担当者がリモート期間に出勤する必要がなくなった
宿泊業
浴衣・アメニティの残数を把握し、適切な発注を出せるようになった
リネンやアメニティの季節ごとの使用実績がデータで残り、季節に応じた発注ができるようになった

6/30まで!スマートマットクラウドはIT補助金を利用できます

  • 今すぐ資料請求

機会損失の関連記事

6/30まで!スマートマットクラウドはIT補助金を利用できます

  • 今すぐ資料請求
3分で分かる!在庫管理・発注自動化!
今すぐ無料資料をダウンロード