目的

発注ミス

立川徽章

目視+Excel管理の課題を解消し棚卸を自動化|表彰用品やバッジを重量で計測

事例を読む
 

発注ミスが起こる原因

発注ミス発生の主な原因は人的ミスです。

  • 記載・入力ミスや漏れ

    転記間違いや確認を怠ることで起こる。

  • FAXやメールの送付ミス

    自分では送ったと思っていても、実際には相手に届いていないことから起こる。

  • チェック体制の不備

    複数チェックを行わず、単独で作業を行うことで起こる。

  • 担当者の健康トラブル

    発注担当者の体調・精神面での不調により起こる。

在庫管理での人的ミスの原因

人的ミスが起こる背景には、次のような問題が隠れています。

  • 5Sが徹底されていない環境
    整理整頓ができていない環境になっていて、発注に必要な書類やメモを紛失したり、別の書類が紛れ込むなどが起こる。
  • 作業の属人化
    担当者しか在庫管理や発注業務を把握しておらず、負担・責任が担当者に集中している。

 

発注に関するお客様の生の声

 
eb539ca77a3fdbd5b64834d6f29a1b5f

歯科医院

 

診察に必要な材料の発注ができていなかったり、二重に発注していたりすることがある

a6456a91e5924739a461a372e441aefc

工場

金属部品
工場

部品の発注が遅れた結果欠品してしまい、製造ラインに影響が出ることがある

発注ミスを防止する対策

1回の発注ミスが大きな損失につながることもあり、その防止は事業所にとって大きな課題となっています。

そのため現在、IoTソリューションを利用した在庫管理・発注システム、スマートマットクラウドが注目されています。

発注作業を自動化できれば誤発注や発注漏れなどの人為的なミスをゼロにすることができます。

在庫の確認や発注作業に追われていた従業員の負担も軽減し、他の重要な業務に時間を費やすことが可能になります。

 

ミスの対策とは在庫管理の自動化

 

発注の重複や発注もれを解消するスマートマットクラウド

スマートマットクラウドのイメージ

現場のあらゆるモノをIoTで見える化し、発注を自動化するDXソリューション「スマートマットクラウド」を使えば、簡単に自動化が可能です。スマートマットの上に管理したいモノを載せるだけで設置が完了。

あとはマットが自動でモノの在庫を検知、クラウド上でデータを管理し、適切なタイミングで自動発注してくれます

 

さまざまな自動発注に対応

お客様の発注先に合わせた文面でメール・FAXの送信が可能です

在庫圧縮を促進

推移を把握できるグラフで適切な在庫量を判断し、在庫圧縮を促進します

置く場所を選びません

スマートマットはA3サイズ〜A6サイズまでの4サイズ展開。ケーブルレスで、冷蔵庫・冷凍庫利用も可能。

API・CSVでのシステム連携実績も多数

自社システムや他社システムと連携を行い、より在庫管理効率UPを実現します。

 

詳しく見る

スマートマットクラウド導入による効果事例

実際にスマートマットクラウドを導入した事業者さまの実際の声をもとに、業種ごとにスマートマットクラウド導入による効果をまとめました。

オフィス
実際に在庫をチェックする時間だけでなく、常にチェックしなければならないストレスからも開放された
飲食店
食材・ドリンク・販売商品・雑品等数百商品を毎日1.5時間かけて発注していたが、スマートマット導入後は
ほぼ時間をかけずに発注作業ができるようになった
在庫の数量をリアルタイムで確認できるようになり、棚卸も不要になった
介護施設
在庫管理の見える化・自動化を通じ欠品・過剰在庫を防止
物流
在庫管理に関して属人化・個人に依存していた作業を、誰でも管理可能な体制にできた
リアルタイムでの実在庫管理を踏まえ、在庫数の最適化にも寄与
工場
工場の現場まで行かずとも生産管理課がオフィス内から在庫量・数を管理出来る体制が構築できた

最大150万円! IT導入補助金対象

\スマートマットクラウドはIT導入補助金2022対象のITツールです。IT導入補助金をご検討の方はお急ぎください/

  • 資料をダウンロード(無料)

発注ミスの関連記事

最大150万円!IT導入補助金対象

スマートマットクラウドはIT導入補助金2022対象のITツールです。IT導入補助金ご検討の方はお急ぎください/

  • 資料をダウンロード(無料)
新規CTA
資料をダウンロード(無料)