目的

ゴミ回収・リサイクル

株式会社山崎文栄堂

お客様先の廃棄書類をジャストタイミングで回収可能に

事例を読む

ゴミ回収・リネン類の交換を効率化したい

ショッピングモール等のゴミ箱からゴミを収集する際、設置されている全てのゴミ箱をまわり、蓋を開けて蓄積量を確認するのは非常に時間と手間がかかります。各ゴミ箱の中のゴミの蓄積量を作業員がその場に行かずとも把握することができれば、ゴミ収集の効率は格段に上がるはずです。

また、複数あるリネンの設置場所を逐一回ってチェックするのも非常に時間と手間がかかる作業です。特に人手不足が深刻な宿泊業界においては、備品の在庫確認・補充作業の省人化、最適化を行うために何らかの対策をとる必要があります。

従業員がその場に行かなくてもリネン類の全ての設置場所での在庫状況が一括で確認できるようなシステムがあれば、補充が必要な場所だけに向かうことができ、従業員の生産性を上げることができます。

このような需要が高まる中、IoTソリューションを利用した在庫管理システムが注目されています。

お客様の生の声

d160a53f71104dc4e5ed3c300ba3ba79-300x300

卸売

雑貨小売店

実在庫の推移を把握したいが、記入ミスなどもあった為に正確な数字を把握するのが困難

eb539ca77a3fdbd5b64834d6f29a1b5f

介護

介護施設
事業者

バックオフィスにおける業務をIoT導入で効率化したい

82706cd90b9b8b2526afc0cfbff99ae7-1

オフィス

事務用品
メーカー

コストダウンのため、コピー用紙の発注などの単純作業を自動化したい

eb539ca77a3fdbd5b64834d6f29a1b5f

介護

介護施設
事業者

消耗品の発注が月1回のため、足りなくなったり在庫を抱えてしまったりする

a6456a91e5924739a461a372e441aefc

工場

金属部品
工場

毎日動く仕掛品の数を管理することはできず、時折工場担当者が目視でチェックするのみで、 気づいたら在庫が切れていることが頻発

 

 

IoT機器スマートマットには、一定量まで増えたタイミングアラートをする機能があります。これを用いると、ゴミの蓄積量を見える化し、ゴミ箱が満タンに近づいたことを、メール等を通じて遠隔から知ることができます。

スマートマットで増える在庫を計測する方法

ゴミの蓄積状況をリアルタイムで管理することにより、収集頻度や人員配置、ゴミ箱配置の最適化など、収集作業を効率化しコスト削減を実現します。
また、スマートマットはホテルや旅館等の宿泊業界でのリネン管理等にも活用できます。人手不足の厳しい宿泊業の現場において、IoT導入により省人化、作業の効率化を進めることは喫緊の課題と言えます。

 

増加モードにてスマートマットクラウドで計測する在庫の例

回収の効率化では下記のような場面でスマートマットを活用した自動棚卸が有効です。

自治体リサイクルゴミの回収
ショッピングモールのゴミ箱回収
大型オフィスビルのゴミ箱回収
ホテル倉庫でのリネン回収
旅館脱衣所でのタオル回収

スマートマット導入による効果

実際にスマートマットを導入した事業者さまの実際の声をもとに、業種ごとに導入効果をまとめました。

オフィス
総務部門が在庫管理・発注業務をする必要がなくなり、重要業務に集中できるようになった
実際にチェックする時間だけでなく、常にチェックしなければならないストレスからも開放された
飲食店
食材・ドリンク・販売商品・雑品等数百商品を毎日1.5時間かけて発注していたが、スマートマット導入後は
ほぼ時間をかけずに発注作業ができるようになった
在庫の数量をリアルタイムで確認できるようになり、棚卸も不要になった
小売店
自動で商品在庫の数量が見える化できた。それによって安全在庫の把握が出来るので、万が一のトラブルも防げる
在庫管理に関して属人化・個人に依存していた作業を、誰でも管理可能な体制に変えられた
サービス業
食事・ドリンク類の欠品を無くすことでお客様満足度の向上を図る
残量データを分析することで調理量の調整を行い、フードロスを削減できる
スタッフがマニュアル対応していた実在庫の確認や発注・補充業務の効率を格段にアップ
清掃チームに対して必要なタイミングで連絡をする事で業務効率化を図り、労働環境が改善された

もうすぐ締切!IT導入補助金が利用可能

「スマートマットクラウド」は、IT導入補助金2021の対象ITツールに認定。

申請を検討の方はお急ぎください

  • 無料資料を受け取る

ゴミ回収・リサイクルの関連記事

もうすぐ締切!IT導入補助金が利用可能

「スマートマットクラウド」は、IT導入補助金2021の対象ITツールに認定。

申請を検討の方はお急ぎください

  • 無料資料を受け取る
新規CTA
今すぐ無料資料をダウンロード