目的

適正在庫

株式会社井口 浜の湯

不明瞭だった安全在庫を数値化して無駄な在庫を可視化

事例を読む

適正在庫とは?

適正在庫とは、欠品を出さずに企業利益を最大にする在庫量のことを指します。

適正在庫を設定する目的は、企業が利益を確保することにあります。適正在庫は在庫の下限だけでなく上限も設定します。

適正在庫とは 


→適正在庫について詳しくはこちら

適正在庫を実現できた導入事例

お客様の実際の声をもとに、適正在庫を実現できたスマートマットクラウドの導入事例を紹介します。

①キャッシュフロー改善

 

スマートマットクラウドを使うと、何をどれだけ使ったかというデータが手に入り、それが経営上の大きな強みになっています。材料費が非常に高くなっている今、データを見つつ過不足ない量を安定しておさえていくことが本当に大切だと感じています。

医療法人瑞翔会 栄駅前矯正歯科クリニック インタビューより

②保管スペース削減

 

倉庫スペースは限られている為、適正在庫を確保しつつ倉庫スペースをいかにコンパクトにするかを課題と認識しています。(中略)倉庫でのIoT機器スマートマットを活用した在庫管理を行うことで、従来はスタッフがマニュアル対応していた実在庫の確認や発注・補充業務の効率を格段にアップさせられるのでは、と考えています。

全日本空輸株式会社 インタビューより

③機会損失の回避

 

配膳担当の作業直前に品薄が分かり、そこからフォローを始めるため、納品が間に合わず生産ラインに影響が出るケースがありました(中略)スマートマット導入後は、在庫が閾値を下回った時の社内アクションが格段に早くなりました。在庫数が閾値を下回った際、工程部門と調達部門へ品薄アラートメールが届く点に効果を感じています。

株式会社日立産機システム インタビューより

適正在庫維持以外にも!スマートマットクラウドの導入メリット

スマートマットクラウドを導入することで、適正在庫維持に加え、次のような効果を実感することができます。

オフィス
総務部門が在庫管理・発注業務をする必要がなくなり、重要業務に集中できるようになった
リモートワーク中の社員が、在庫確認や発注のために出社することがなくなった
飲食店
食材・ドリンク・販売商品・雑品等数百商品を毎日1.5時間かけて発注していたが、導入後は時間をかけずに発注作業ができるようになった
在庫の数量をデータとしてリアルタイムで確認できるようになり、棚卸も不要になった
残量データを分析することで調理量を適正化し、フードロスを削減できる
美容室
シャンプーやカラー剤の在庫の数量が見える化できた。それによって安全在庫の把握が出来るので、万が一のトラブルも防げる
ベテランの従業員に任せていた発注作業を、誰でも管理できる体制にすることができた
歯科医
備品が置いてある倉庫で残数を数える作業がなくなり、患者対応に専念できるようになった
スタッフがマニュアルを見て対応していた実在庫の確認や発注・補充業務の効率が格段にあがった

 

 

適正在庫の維持を可能にするIoTソリューション

スマートマットクラウドは、在庫チェック・発注・棚卸といった単純作業を機械化・自動化できるIoTソリューション。

スマートマットクラウドのイメージ
また消費動向をデータ化し本当に必要な数を発注でき、在庫回転率の向上に貢献します。
在庫の変動はリモートでPCやタブレットから関係者全員が確認でき簡単共有。CSV形式でデータを書き出せるので、すでに導入している生産管理や会計システムと連動させることもできます。
初期費用を抑えて簡単に導入でき、コードレスで置き場所を選ばないことも、決め手になっています。もう品切れや過剰在庫に悩む必要はありません。

詳しく見る

 

最大150万円! IT導入補助金対象

\スマートマットクラウドはIT導入補助金2022対象のITツールです。IT導入補助金をご検討の方はお急ぎください/

  • 資料をダウンロード(無料)

適正在庫の関連記事

最大150万円!IT導入補助金対象

スマートマットクラウドはIT導入補助金2022対象のITツールです。IT導入補助金ご検討の方はお急ぎください/

  • 資料をダウンロード(無料)
新規CTA
資料をダウンロード(無料)