目的

遠隔監視・リモートワーク

株式会社日本工業社

「費用対効果は約200万円/年」顧客企業のコピー用紙在庫を遠隔監視&自動発注

事例を読む
遠隔監視・リモートワーク

原材料や商品の在庫を遠隔で管理したい

業界問わず、企業においては、あらゆる物の在庫管理を遠隔監視・一元管理する必要性が高まっています。

また、テレワークで効率的に遠隔でも働く必要性もでてきています。環境としては Zoomなどを利用した遠隔会議などはもちろん5Gの普及や高速インターネットの普及によりますますオフィスにいなくても仕事ができるようになっていきます。

そのような中では、業務のやり方や内容に改革が必要になってきます。スマートマットは世界初の棚卸、発注を自動化できるIoTとソフトが一体となったツールで倉庫や工場、ホテル、病院などさまざまなジャンルで在庫の遠隔管理を可能にしています。

従来のアナログな方法を続けるとどのような問題があるでしょうか

例えば、ホテル・旅館のビュッフェ会場で人気の料理を切らしてしまう事態が発生すると、宿泊客からの顧客満足度を下げる一因にもなりかねません。

調理場へ的確かつ迅速な指示を行う必要があるものの、常にホールを見回らせておくオペレーションは従業員にとって負荷となります。 ビュッフェ会場にあるチェーフィング(温料理)は普段蓋が閉じられているので、従業員が都度蓋を開けて残量を確認する必要があります。

倉庫では、場所が違う材料は注文や利用の度に確認が必要になりますし、階や場所が違うとそれだけ無駄な時間を消費してしまい非常に 非効率な業務になります。

人を増やして対応しようにも現在は人件費高騰や慢性的な人手不足を背景に人材確保が難しくなっています。また、顧客満足度に直結する重要業務に従業員を集中させたいという声もあります。

在庫の遠隔管理とリモートワーク

重量IoTで遠隔監視

在庫を倉庫から離れた場所から管理する業務とリモートワークはちょうど相関関係にあります。リモートワークはオフィスから離れた場所で働くという意味になりますが、オフィスにいる時にも倉庫とオフィスは離れていることが多いため在庫の遠隔管理は必要になってくる体制となります。オフィスから倉庫の在庫管理を遠隔でできるようになれば、リモートワークで在庫管理することも容易になります。

IoTソリューションを利用した在庫管理システムでは、対応する機器に在庫を乗せて設定しておけば、遠隔でも自動で在庫の数が確認できるようになります。重量を数量に変換して自動で在庫数の記録がクラウドに保存されるため、遠隔からでも在庫を確認でき、履歴もすぐわかります。

このように離れた場所からでも在庫の確認、棚卸ができるようになるIoTソリューションを利用したリモートで在庫管理可能なシステムが注目されています。

お客様の生の声

66c19942ab4ba346fdb64ccc04cde373-150x150

飲食

飲食店

おしぼり、割り箸などの備品の在庫を毎日確認するほどリソースをかけることができない

eb539ca77a3fdbd5b64834d6f29a1b5f

介護

介護施設
事業者

バックオフィスにおける業務をIoT技術を導入して効率化したい

82706cd90b9b8b2526afc0cfbff99ae7-1

オフィス

事務用品
メーカー

コストダウンのため、コピー用紙の発注などの単純作業を自動化したい

eb539ca77a3fdbd5b64834d6f29a1b5f

介護

介護施設
事業者

消耗品の発注が月1回のため、足りなくなったり在庫を抱えてしまったりする

a6456a91e5924739a461a372e441aefc

工場

金属部品
工場

顧客からの急な発注が現場の生産性改善の阻害要因になっている

 

IoT機器スマートマットの導入により、在庫管理を自動化し、分単位でデータとして確認することができます。ユーザーはスマホ・タブレット・PCのいずれからでも在庫の一元管理が可能です。

 

スマートマットの活用方法

 

調理場にタブレットを設置し、ホール・スタッフが見回らずとも遠隔で主要な料理の残量を監視出来る体制を構築できます。 スマートマットを用いた料理の遠隔管理を通じ、ホール・スタッフの業務効率化され、キッチンとホールとのやり取りもスムーズに行うことが可能になります。

スマートマット導入による効果

遠隔監視で効果を実感したお客様の声実際にスマートマットを導入した事業者さまの活用事例をもとに、業種ごとに導入効果をまとめました。

オフィス
総務部門が在庫管理・発注業務をする必要がなくなり、重要業務に集中できるようになった
実際にチェックする時間だけでなく、常にチェックしなければならないストレスからも開放された
飲食店
食材・ドリンク・販売商品・雑品等数百商品を毎日1.5時間かけて発注していたが、スマートマット導入後は
ほぼ時間をかけずに発注作業ができるようになった
在庫の数量をリアルタイムで確認できるようになり、棚卸も不要になった
物流
顧客から「自動発注されるので資材切れを気にしなくて良くなった」と好評
急な発注依頼がなくなり、配送効率が改善された
介護施設
消耗品の在庫管理の見える化・自動化を通じ現場スタッフの業務負担軽減とサービスの質の向上を実現
働きやすい職場をアピールすることで、企業イメージの向上、離職率ダウンにも貢献
工場
工場の現場まで行かずとも生産管理課がオフィス内から在庫量・数を管理出来る体制が構築できた
週に1度の実地棚卸も不要となり、社員はより重要業務への集中が可能になった

今なら導入費用の2/3を補助!IT導入補助金を利用できます

  • 今すぐ資料請求

遠隔監視・リモートワークの関連記事

今なら導入費用の2/3を補助!IT導入補助金を利用できます

  • 今すぐ資料請求
新規CTA
今すぐ無料資料をダウンロード