在庫管理術

宿泊業(旅館・ホテル)人手不足【統計でみる現状・コロナの影響・原因・対策・人手不足を解消するIoT】

宿泊業(旅館・ホテル)の人手不足とは

統計データでみる宿泊業(旅館・ホテル)人手不足の現状

宿泊業(旅館・ホテル)は、飲食業と並んで人手不足・人材不足が大きな課題・問題となっています。

帝国データバンクの「人手不足に対する企業の動向調査(2022年4月)の調査によると、

  • 正社員の人手不足割合は45.9%

  • 非正社員では、27.3%が人手不足を感じている

  • コロナ禍によって人手不足感が緩和されていた「飲食店」「旅館・ホテル」で、再び不足感が強まっている

という結果が公表されています。

*引用:帝国データバンク「人手不足に対する企業の動向調査(2022年4月)の調査

つまり、アフターコロナ渦の今、宿泊業(旅館・ホテル)の非正社員で、人手不足が再び大きな課題となっていることがわかります。

この記事では、宿泊業(旅館・ホテル)の人手不足の原因や対策をわかりやすく解説していきます。

宿泊業(旅館・ホテル)の人手不足の課題を解決する今、注目のIoTについてもご紹介!

宿泊業(旅館・ホテル)の人材の割合

総務省統計局の労働力調査を基に観光庁が作成した資料によると、

  • 宿泊業界における雇用者数の約54%が非正規雇用者

    特に女性の占める割合は約66%と高い

  • 新型コロナウイルス感染症の拡大以前と比べ、正規雇用者数は約6%減少


    非正規労働者は約14%減少。非正規雇用者がより大きな影響を受けている

と報告されています。

*引用:令和3年3月23日 国土交通省提出資料「宿泊業の現状について」

hotel_labor shortage__01

宿泊業(旅館・ホテル)では、半数以上が非正規雇用者で女性が多い、新型コロナウィルスにより、その非正規雇用者数が削減されている、ということがわかります。

宿泊業(旅館・ホテル)人手不足とコロナ

すでにご紹介してきたように新型コロナウィルスは、宿泊業(旅館・ホテル)の主な働き手となっている正規雇用者を減らす大きな要因となっています。

コロナ禍前まで宿泊業(旅館・ホテル)を含むさまざまな企業の最も重要な経営課題となっていた人手不足ですが、新型コロナウイルスの感染拡大による緊急事態宣言・まん延防止に伴う移動や旅行の制限により、一時期は人手不足感が落ち着きをみせていました。

ところが、緊急事態宣言・まん延防止が解除され、アフターコロナ渦を迎え、再び人々の活動が活発化したのに伴い、再度、人手不足が大きな課題となっています。

宿泊業(旅館・ホテル)人手不足の原因

新型コロナウィルスにより、より注目が集まっている宿泊業(旅館・ホテル)人手不足ですが、そもそもの原因は何なのでしょうか?

コロナより以前から宿泊業(旅館・ホテル)は、「万年人手不足の業界」と言われて久しいのですが、その主な原因とされているものをご紹介します。

  • 離職率が高い

    厚生労働省の「令和2年雇用動向調査結果の概況」では、入職率、離職率ともにホテル・旅館業界が圧倒的な1位。

  • 慢性的な低賃金

    国税庁の「令和2年度の民間企業の平均給与」は433万円に対し、ホテル・旅館業界の平均給与は339万円。

  • 長時間労働

    24時間365日稼働、終わりのないサービス業とも言われ、休日出勤や長時間労働が常態化しがち。

  • 相次ぐホテル建設と開業

    東京オリンピックを前にホテルの建設ラッシュがあったが、人材が追いついていない。

hotel_labor shortage_02

上記のような理由にさらに新型コロナウィルスが追い打ちとなり、宿泊業(旅館・ホテル)の人手不足は他の業界よりも深刻さを増しています。

宿泊業(旅館・ホテル)人手不足の対策

新型コロナウィルスで大きな打撃を受けた宿泊業(旅館・ホテル)にとって、アフターコロナ時代を見据えた生き残り対策として最も重要なのが人手不足への対策です。

宿泊業(旅館・ホテル)が取り組んでいる(取り組むべき)人手不足の対策には以下のようなものがあると言われています。

hotel_labor shortage__03

  • 労働環境の改善・働き方改革

    長時間労働の是正や給与水準の引き上げ、シフトの見直しなどを行い、従業員が気持ち良く働ける環境づくり。

  • 人材の採用と教育

    労働環境の改善と合わせて、長期にわたって働いてくれる自社に合った人材を採用、教育。

  • DXの導入

    業務効率化を目的としたデジタルツールを導入し、デジタル化を図り、そこで得たデータや技術をもとに新しいビジネスモデルや組織編成などを生み出す。

次の章では、人手不足を解消する方法として今、最も注目を集めているDXとIoTについて、さらに詳しく解説していきます

宿泊業(旅館・ホテル)の人手不足を解消するIoT

宿泊業(旅館・ホテル)人手不足のIoT

新型コロナウィルスにより最も経営的なダメージを受け、深刻だった人手不足問題がさらに広がった宿泊業(旅館・ホテル)にとって、人材を確保し、労働環境を整え、働き方改革に取り組むことは急務とされています。

そのために、真っ先に効率化すべき業務が在庫管理発注棚卸といった業務です。

在庫管理や発注、棚卸は本来の業務(接客やサービス)の合間や時間外に行うことが多く、従業員にとってかなりの負担となっているケースがほとんど。

さらに、発注ミスや確認漏れなどにより在庫不足や過剰在庫に陥ることは、生産性の低下、機会損出、顧客満足度の低下を招き、経営を大きく左右するため大きな心理的負担も伴います。

長時間労働が離職の大きな要因となっている宿泊業(旅館・ホテル)にとって在庫管理や発注、棚卸業務の負担から従業員を解放することは人手不足対策のために欠かせません。

そこで注目され、近年続々と導入されているのが在庫管理・発注の自動化であり、その最も有効な方法として以下の2つが大きなキーワードとされています。

DX(デジタルトランスフォーメーション)

企業の営みや産業全体をデジタルの力でよりよくしていく取り組み

IoT(Internet of Things)

IIoT=「モノのインターネット化」

IIoTを使った家電や設備には、センサーやカメラなどが搭載されており、モノの状態や周辺環境といった情報を感知・収集し、インターネットを介して、それらのデータを人やモノに伝えます。

宿泊業(旅館・ホテル)もIoTを導入することで、在庫状況などを把握し、より効率的な在庫管理や棚卸・発注が可能になります。

次の章では置くだけで在庫の見える化・自動発注が可能!今、話題のIoT機器「スマートマットクラウド」をご紹介します。

スマートマットクラウドで在庫管理・発注・棚卸を自動化

宿泊業(旅館・ホテル)人手不足トのスマートマットクラウドのイメージ

スマートマットクラウドは、現場のあらゆるモノをIoTで見える化し、在庫管理・発注を自動化するDXソリューションです。

スマートマットの上に管理したいモノを載せるだけで設置が完了。

あとはマットが自動でモノの在庫を検知、クラウド上でデータを管理し、適切なタイミングで自動発注してくれます。

タグやバーコードの貼り付け・読み取りなどの作業負担もなく、管理画面から実在庫の自動記録や、確認ができます。

さまざまな自動発注に対応

お客様の発注先に合わせた文面でメール・FAXの送信が可能です

在庫圧縮を促進

推移を把握できるグラフで適切な在庫量を判断し、在庫圧縮を促進します

置く場所を選びません

スマートマットはA3サイズ〜A6サイズまでの4サイズ展開。ケーブルレスで、冷蔵庫・冷凍庫利用も可能。

 API・CSVでのシステム連携実績も多数

自社システムや他社システムと連携を行い、より在庫管理効率UPを実現します。

安心サポート

現場への導入に向けては、専門のカスタマー・サクセス担当が、お客様を厚くサポートします。

スマートマットクラウドでスタッフの労力削減に成功した事例

▼棚卸・在庫管理の作業時間と労力を改善(株式会社井口 浜の湯

hamanoyu
  • 一番の課題は、今抱えているアメニティなどの在庫数が適正かどうかがわからなかったことです。コロナ禍で状況が変わっているにも関わらず、一番の繁忙期である夏の花火のシーズンに合わせて過剰に在庫を抱えてしまっていました。
    スマートマットクラウドを導入したことで、収集したデータをもとに安全在庫を算出することが可能に。
    毎月行っている棚卸作業に関しても、エクセルを使っていた以前と比べ、数を数えなくて良い分、スタッフの作業時間と労力はかなり改善されました。

最大150万円! IT導入補助金を相談する

スマートマットクラウドはIT導入補助金対象のITツールです。IT導入補助金をご検討の方はお問合せください。

  • 在庫管理システムを見る

関連記事

  • サプライチェーンマネジメント(SCM)とは
    業務効率化

    サプライチェーンマネジメント(SCM)【目的・仕組み・機能・事例・メリット・課題・SCMで重要な在庫適正化をサポートするIoT】

  • ジャストインタイム
    業務効率化

    【図解】ジャストインタイム(JIT)【意味・歴史・考え方と三原則・目的・事例・デメリット・在庫を適正化しコスト削減するIoT】

  • ナレッジマネジメントとは
    業務効率化

    ナレッジマネジメント【意味・目的・プロセス・メリット・方法とツール・課題を解消するIoT・成功活用事例】

最大150万円! IT導入補助金を相談する

スマートマットクラウドはIT導入補助金対象のITツールです。IT導入補助金をご検討の方はお問合せください。

  • 在庫管理システムを見る

人気事例

最大150万円! IT導入補助金を相談する

スマートマットクラウドはIT導入補助金対象のITツールです。IT導入補助金をご検討の方はお問合せください。

  • 在庫管理システムを見る
全自動で在庫管理・発注を行う! ︎