在庫管理術

ホテルのDX推進|宿泊業界の人手不足問題をIT化で解消しサービス向上も可能に

ホテルのDX推進

宿泊業界がコロナで受けた打撃

新型コロナウィルスの影響が長期化しています。対面型のサービス産業である旅館・ホテル、宿泊業は業界全体が大きな打撃を受け、業績が落ち込んでいます。感染拡大時期にインバウンド需要が大幅に落ち込むことが業績悪化の主な原因です。

さらに宿泊客が少ない時はスタッフを休業させたり、出勤日数や勤務時間を減らさざるを得ず、安定した雇用を求めて宿泊業界から転職するスタッフが増加しています。

新型コロナウィルスの流行には波があり、感染が落ち着いている期間は、利用客が旅館やホテルに戻ります。以前よりも少ない人数で営業を続ける必要があり、現場は今までにない深刻な人手不足に陥っている状況です。

コロナ影響長期化で深刻な人手不足に

宿泊業界の課題【高い離職率と過重労働】

ホテル業界は、仕事内容から夜勤や早朝勤務が発生するため、過酷な勤務体系になりがちです。他の業界と比較して、もともとホテル業界は離職率が高めでした。

さらに現状は、感染対策等仕事量が増えているのに、スタッフの数は減っていて、シフト管理が難しく、残された労働者に長時間労働の負担がかかっています。

さらなる離職者が増えて、ホテル・旅館が営業を継続できなくなる状態を回避するために、現場の業務効率化をすすめる必要があります。

非接触型サービス・無人化の需要増加

コロナ流行以降、宿泊客から求められるサービスの内容にも変化が起きています。
これまでは丁寧な接客・細やかなおもてなしが、ホテルや旅館のサービスの要となっていました。

しかし現在は、チェックイン・アウト時にスタッフとの接触を極力避けたい、ロビーや大浴場といった共用施設は空いているときに利用したいという非接触や無人化という需要が急増、スタッフはそうした新しいニーズへの対応に苦慮しています。

非接触や無人化のニーズ増加

宿泊業界DXとは

深刻な人手不足問題解消、スタッフの労働環境の改善、宿泊客の新しい需要への対応。

難しい課題解決のカギとなるのが、DX(デジタルトランスフォーメーション)の推進です。DXとはデジタル化によるデータやAIやIoTなど最新のデジタル技術を活用し、新しいビジネスモデルを生み出すことです。

宿泊DXの推進によって、

  • サービスの向上
  • 業務効率化
  • スタッフの働きやすさ向上

というメリットを得ることができます。

宿泊業界DXの例

  • 宿泊予約システム
  • スマートロック:チェックイン・チェックアウトの簡素化
  • 施設予約システム:露天風呂やレストラン等館内施設の予約
  • 在庫管理:アメニティ、リネン、浴衣、食材の在庫調査・発注・棚卸
  • 清掃管理:清掃指示、進捗チェック、忘れ物管理等

宿泊業界でのDX推進が苦戦する理由

宿泊業界でシステムやデジタル技術を導入する際、初期費用やランニングコストがかかるため、導入をためらう企業が多くあります。


しかし宿泊業界が置かれている状況を見る限り、業務にかかる人件費やあらたな採用にかかる求人費や教育コストを考えると現状の課題を洗い出して、デジタル化・自動化を推進することを強くお勧めします。

ホテルDXで勝ち組に

IoTやAIというデジタル技術は、大手ホテルチェーンだけが利用するものではありません。現場スタッフが高度なIT技術を身につけていなくても使いこなせる、スモールスタートが可能なシステムが登場してきています。

業務の全てをマンパワーでおこなう体制を見直す時期と捉え、現場の負担を確実に軽くできるツールを選択し、IT化をすすめましょう。

 

スマートマットクラウドでホテルの在庫管理をDX化!

宿泊業(旅館・ホテル)人手不足トのスマートマットクラウドのイメージ

スマートマットクラウドは、現場のあらゆるモノをIoTで見える化し、在庫管理・発注を自動化するDXソリューションです。

スマートマットの上に管理したいモノを載せるだけで設置が完了。

あとはマットが自動でモノの在庫を検知、クラウド上でデータを管理し、適切なタイミングで自動発注してくれます。

タグやバーコードの貼り付け・読み取りなどの作業負担もなく、管理画面から実在庫の自動記録や、確認ができます。

さまざまな自動発注に対応

お客様の発注先に合わせた文面でメール・FAXの送信が可能です

在庫圧縮を促進

推移を把握できるグラフで適切な在庫量を判断し、在庫圧縮を促進します

置く場所を選びません

スマートマットはA3サイズ〜A6サイズまでの4サイズ展開。ケーブルレスで、冷蔵庫・冷凍庫利用も可能。

 API・CSVでのシステム連携実績も多数

自社システムや他社システムと連携を行い、より在庫管理効率UPを実現します。

安心サポート

現場への導入に向けては、専門のカスタマー・サクセス担当が、お客様を厚くサポートします。

宿泊施設のDX化事例

●旅館のDX化株式会社井口 浜の湯様

hamanoyu

コロナ流行により客数の変動が大きく、アメニティをはじめとする在庫が過剰になっていました。スマートマットクラウドの導入で、蓄積したデータをもとに消費量に見合った安全在庫を算出することができるようになりました。

最大150万円! IT導入補助金を相談する

スマートマットクラウドはIT導入補助金対象のITツールです。IT導入補助金をご検討の方はお問合せください。

  • 在庫管理システムを見る

関連記事

  • 飲食店のDXとは
    業務効率化

    飲食店のDXとは【コロナの影響と現状・課題・成功事例・メリットとデメリット】

  • 飲食店の人手不足とは
    業務効率化

    飲食店の人手不足【原因や理由・コロナとの関係・人手不足の影響と解消法・業務効率化に欠かせないIoT】

  • 宿泊業(旅館・ホテル)の人手不足とは
    業務効率化

    宿泊業(旅館・ホテル)人手不足【統計でみる現状・コロナの影響・原因・対策・人手不足を解消するIoT】

  • サプライチェーンマネジメント(SCM)とは
    業務効率化

    サプライチェーンマネジメント(SCM)【目的・仕組み・機能・事例・メリット・課題・SCMで重要な在庫適正化をサポートするIoT】

  • ジャストインタイム
    業務効率化

    【図解】ジャストインタイム(JIT)【意味・歴史・考え方と三原則・目的・事例・デメリット・在庫を適正化しコスト削減するIoT】

  • ナレッジマネジメントとは
    業務効率化

    ナレッジマネジメント【意味・目的・プロセス・メリット・方法とツール・課題を解消するIoT・成功活用事例】

最大150万円! IT導入補助金を相談する

スマートマットクラウドはIT導入補助金対象のITツールです。IT導入補助金をご検討の方はお問合せください。

  • 在庫管理システムを見る

人気事例

最大150万円! IT導入補助金を相談する

スマートマットクラウドはIT導入補助金対象のITツールです。IT導入補助金をご検討の方はお問合せください。

  • 在庫管理システムを見る
全自動で在庫管理・発注を行う! ︎