在庫管理術

【2022年度版】IT導入補助金2022|IT導入補助金とは?補助の内容と対象、スケジュール、申請の注意点を解説

スマートマットクラウドがIT導入補助金対象ITツールに認定されました

 

「スマートマットクラウド」が2022年度IT導入補助金の対象ITツールとして認定されました。

申請を検討している事業所のみなさまにIT導入補助金制度の概要と補助金対象、補助内容、スケジュール、注意点をご紹介。

また「IT導入補助金2022」を活用したスマートマットクラウドの導入に向けての補助金申請の方法をご案内します。

 

IT導入補助金とは

IT導入補助金とは

IT導入補助金とは、中小企業・小規模事業者が、ITツールを活用し業務効率化・売上向上を実現することを支援するための制度です。

事業者が自社の経営課題や需要に合ったITツールを導入する場合、その経費の一部に対し国からの補助を受けることができる補助金制度になります。

国による補助を受けることで、自社の経営ニーズに合ったITツール導入のハードルが大きく下がります。またその導入により業務効率化や売上拡大の加速化が期待できます。

例えば、商品・材料や備品などの在庫管理棚卸発注管理について人的リソースを取られていたり、現場の業務負担になっている事業所は、在庫管理IoTソリューション「スマートマットクラウド」を活用することで、それら業務を簡単に自動化することが可能です。

これまで、導入費用がネックとなり、ツール導入が進められなかった事業者のみなさまは、ぜひIT導入補助金2022を活用した導入を検討されることをおすすめします。

DX化は在庫管理優先が得策

IT導入補助金の申請を検討する企業が最初に行うことは、IT化する業務を決定し、それを実現できるITツールを選ぶことです。

在庫管理業務をITツール導入によって自動化すると、中小企業にとって見逃せない多数のメリットがあります。

  • 棚卸や在庫確認の業務負担を軽減
  • 人手不足を解決
  • 発注ミスを抑制
  • 働き方改革を推進
  • 就業者の定着を支援

 

IT導入補助金2022の申請スケジュール

IT導入補助金は、毎年複数回の公募期間が設定されています。
現在公開されている2022年度スケジュール(※2022年3月31日現在)は以下の通り。交付申請は2022年3月31日(木)から受付開始、終了時期は後日案内される予定です

申請スケジュール:通常枠(A・B類型)

  締切日 交付決定日
1次締切 2022年5月16日(月)17:00 2022年6月16日(木)
2次締切 2022年6月13日(月)17:00 2022年7月14日(木)(予定)
3次締切 2022年7月11日(月)17:00  (予定) 2022年8月12日(金)(予定)
4次締切 2022年8月8日(月)17:00  (予定) 2022年9月8日(木)(予定)

 

申請スケジュール:デジタル化基盤導入枠(デジタル化基盤導入類型)

  締切日 交付決定日
1次締切 2022年4月20日(水)17:00 2022年5月27日(金)
2次締切 2022年5月16日(月)17:00 2022年6月16日(木)
3次締切 2022年5月30日(月)17:00 2022年6月30日(木)(予定)
4次締切 2022年6月13日(月)17:00 2022年7月14日(木)(予定)
5次締切 2022年6月27日(月)17:00(予定) 2022年7月28日(木)(予定)
6次締切 2022年7月11日(月)17:00(予定) 2022年8月12日(金)(予定)
7次締切 2022年7月25日(月)17:00(予定) 2022年8月25日(木)(予定)
8次締切 2022年8月8日(月)17:00(予定) 2022年9月8日(木)(予定)

※上期のスケジュールは更新・変更されることがあります。最新情報は「IT導入補助金2022」のウェブサイトにてご確認ください

 

IT導入補助金2022の概要

IT導入補助金2022の概要

中小企業庁によって2022年1月に発表された概要をもとに、IT導入補助金2022の特色や変更点について簡単にまとめました。

全体的に2023年10月に開始されるインボイス制度対応を見据えた内容になっています。

企業間取引のデジタル化を強化する目的で、インボイス制度対応にかかわる ITツールの導入や、PCやタブレット等のハード購入、クラウドサービスの利用料の補助が強化されました。

  • 会計ソフト、受発注ソフト、決済ソフト、ECソフトに補助対象を特化し、補助率を引き上げ
  • クラウド利用料を最大まとめて2年分補助
  • PC・タブレット、レジ・券売機等の購入を補助対象に追加
  • 複数社連携IT導入類型の創設

※インボイス制度:2023年10月1日から開始される消費税の仕入税額控除の方式。売手は、取引相手に求められた際インボイスを交付し、交付したインボイスの写しを保存しておく義務が発生する。適格請求書発行事業者の登録申請をすることでインボイスが発行できる

IT導入補助金2022の要件

  • 中小企業小規模事業者が対象
  • 「IT導入補助金2022」に採択されたIT導入支援事業者が提供する対象ITツールの導入を支援
  • 通常枠A類型の場合、ITツール導入費用に対し、最大で導入費用の1/2150万円未満の補助金申請が可能
  • デジタル化基盤導入類型の場合、補助率3/4、補助額5万円~50万円以下の申請が可能

在庫管理システム「スマートマットクラウド」は、A類型に加え、本年新設されたデジタル化基盤導入類型での補助金申請が可能です。

通常枠の補助内容

※補助金の対象となる条件は、補助金事務局公式サイト(外部サイト)で確認できます

IT導入補助金2022申請方法と注意点

IT導入補助金申請の流れ

 

●「gBizIDプライム」アカウント取得について

IT導入補助金の申請は、「IT導入補助金2022」のウェブサイト内の「申請マイページ」から行います。申請では、IT導入支援事業者(ベンダー)と共同して作業をすすめていきます。

IT導入補助金2022」では前年スケジュールと比較すると、若干申請期間がタイトに設定されており、申請に必要な「gBizIDプライム」アカウントID発行までには、約2週間ほどかかる見込みです。

「自社による負担を抑えてITツールを導入したい」とお考えの中小企業・小規模事業者は、早めにIT導入支援事業者に相談することをお勧めします。

●「SECURITY ACTION」宣言について

2022年度からIT導入補助金交付申請の際に、「gBizIDプライム」アカウント取得に加えて、「SECURITY ACTION」の宣言が必須となりました。
申請作成時に宣言済アカウントIDの入力が必要
となっています。


◆「SECURITY ACTION」とは?

「SECURITY ACTION」の宣言とは、中小企業・小規模事業者等自らが、情報セキュリティ対策に取組むことを自己宣言する制度のこと。「中小企業の情報セキュリティ対策ガイドライン」の実践をベースに、2段階の取り組み目標が用意されています。

  • 1段階目「一つ星★」:「情報セキュリティ5か条」に取組むことを宣言
  • 2段階目「二つ星★★」:「5分でできる!情報セキュリティ自社診断」で自社の状況を把握したうえで、「情報セキュリティポリシー(基本方針)」を定め、外部に公開したことを宣言

「SECURITY ACTION」の手続き方法

IT導入補助金申請で必要となる予定の自己宣言IDは、「SECURITY ACTION」宣言手続き後に即時発行されます。
手続きは「SECURITY ACTION自己宣言者サイト(https://security-shien.ipa.go.jp/security/index.html)」から行います。

※詳しい宣言方法は「SECURITY ACTION新規申込み手順書(外部サイト)」でご確認ください

まずはIT導入支援事業者に相談

株式会社スマートショッピングはIT導入支援事業者です

当社は2021年度からIT導入支援事業者に採択されています。昨年度はIT導入補助金を活用して、歯科医院、製造業、食品メーカー、ホテル業、不動産業をはじめ、多くの事業者様に、スマートマットクラウドを導入いただきました。

今年度も昨年の実績を活かし、スマートマットクラウド導入にあたって、補助金申請に必要な情報提供等サポートをいたします。

IT導入補助金2022の活用をご検討のお客様はこちらからお問い合わせください。

詳しい内容を見る

最大150万円! IT導入補助金を相談する

スマートマットクラウドはIT導入補助金対象のITツールです。IT導入補助金をご検討の方はお問合せください。

  • 無料資料をダウンロード

関連記事

最大150万円! IT導入補助金を相談する

スマートマットクラウドはIT導入補助金対象のITツールです。IT導入補助金をご検討の方はお問合せください。

  • 無料資料をダウンロード

人気事例

最大150万円! IT導入補助金を相談する

スマートマットクラウドはIT導入補助金対象のITツールです。IT導入補助金をご検討の方はお問合せください。

  • 無料資料をダウンロード
全自動で在庫管理・発注を行う! ︎