在庫管理術

IT導入補助金×ホテル宿泊業【2024年度版・課題と現状・補助金の対象・ツールとIoT・DX】

ホテル宿泊業のIT導入補助金とは

ホテル・宿泊業のDX化を支援するIT導入補助金。

IT導入補助金とは、わかりやすく説明すると中小企業・小規模事業者がITツール導入するための経費の一部を国が補助する支援制度のひとつです。

IT導入補助金事業は、事業者が抱えている課題や今後の事業計画に適したITツールを導入し、業務の自動化や効率化、働き方改革、売り上げアップを実現させることを目的としています。

この記事では、宿泊業を取り巻く最新の状況や課題、IT導入補助金の対象やスケジュールについてわかりやすく解説していきます。

目次

目まぐるしいインバウンド需要の変化と人手不足

ホテル宿泊業は、新型コロナウイルス感染症の影響を最も受けた業種です。

移動制限によって宿泊需要が落ち込んでいる間に、宿泊業従事者は大幅に減少しました。現在、宿泊需要は回復傾向にあります。円安の影響により海外旅行者が増え、インバンド需要は急増中です。

正社員の人手不足の割合で比較すると、業種別では「ホテル・旅館業」が77.8%とトップに。もともと人手不足が顕著な業種でしたが、コロナ禍中の新規採用の見送り離職者増加の影響で、問題はますます深刻になっています。

宿泊業従業員の時間外労働時間は増加の一途をたどり、当面人手不足の問題を解消できる見込みは立っていません。

※帝国データバンク「人手不足に対する企業の動向調査」(2023年1月)参照

在庫管理DXで人手不足を解消「スマートマットクラウド」の資料を受け取る>>

収益アップにつながる業務時間を確保するには

宿泊業で収益をあげるには、リビート客の獲得がカギとなります。
具体的にはスタッフが以下のような業務に注力できるかがポイントとなります。

  • ホスピタリティが高い接遇
  • オリジナル料理メニューの開発
  • InstagramやX等SNSを活用した宣伝・広告
  • 宿泊客に安心感を与える行き届いた清掃

利用客が増加する中、顧客満足度に直結する重要業務に集中するため、ITツールを導入して定例業務を省人化することをお勧めします。

ホテル宿泊業のITツール

ホテル宿泊業のITツール導入例として挙げられるのは、主に以下のようなものがあります。

ホテル宿泊業のITツール

  • 予約システム管理
  • 顧客管理
  • 在庫管理
  • ホームページ制作
  • マーケティング・営業活動支援・分析

ITツールの導入により、人手不足の解消や経営の効率化を図っている事例は多数見受けられます。宿泊業における従業員採用難は解消の見込みが立たっておらず、今後ますますITツールの導入が加速することが予測されます。

ホテル宿泊業のIT導入補助金の対象

ホテル宿泊業のIT導入補助金は、中小企業・小規模事業者が対象となります。
ホテル宿泊業は、中小企業は資本金5,000万円以下、従業員は常勤200人以下、小企業事業者は常勤の従業員が20人以下の企業が対象となっています

 

IT導入補助金の対象となる宿泊業

インボイス枠(電子取引類型)では、中小企業や小規模事業者等と取引する大企業を含む事業者が補助金対象となります。

参照:「IT導入補助金2024」通常枠公募要領

2024年IT導入補助金の対象類型

IT導入補助金は毎年補助の要件が見直されます。2023年10月からインボイス制度が施行となり、対応する事業所の負担を軽減し、デジタル取引を推進する目的で、インボイス制度対応が強化されています。

2024年度のIT導入補助金には、通常枠、インボイス枠(インボイス対応類型)、インボイス枠(電子取引類型)、セキュリティ対策推進枠、複数社連携IT導入枠が設けられています。

IT導入補助金のスケジュール

IT導入補助金の事業スケジュールは毎年、年次の途中で更新されます。申請の際は「IT導入補助金2024」のサイトで最新情報の確認が必要となります。

IT導入支援事業者とは

IT導入支援事業者とは、補助事業を申請者とともに実施する、補助事業を実施するうえでの共同事業者のことです。

中小企業・小規模事業者の生産性向上のために、ITツールの提案・導入及び経営診断ツールを利用した事業計画の策定の支援をはじめとし、各種申請等の手続きのサポートを行います。

このIT導入支援事業者が事務局に登録し、認定を受けたITツールのみが、IT導入補助金の補助対象となります。ITツールスマートマットクラウド」を提供する株式会社スマートショッピングは、2021年度からIT導入支援事業者に採択されています。

ホテルの人手不足対策にスマートマットクラウド

補助金活用で「スマートマットクラウド」を導入する方法を問い合わせる>>

IT導入補助金を利用してホテル宿泊業が取り組みたいIoTとDX化

ホテル宿泊業の現場において、業務を効率化し、利益を確保するために重要視されているのが在庫管理業務です。

過剰在庫や在庫不足を起こすことなく、適正在庫を保つためには、

  • シーツ・タオルなどのリネン類
  • 提供する食事に使用する食材やドリンク類
  • シャンプー・歯ブラシ・ボディソープなどのアメニティ
  • 割り箸、パンフレット、紙類などの消耗品・お土産などの包装資材

など多数の品目の商材や資材の在庫を見える化するITツールの導入がカギとなります。

かつてない人手不足問題に直面しているホテル宿泊業においては、いかに省人化つつ正確に在庫管理を行うことができるかが重要となります。

スマートマットクラウドで人手不足を解消。在庫管理を省人化!

製造業のIT導入補助金ののスマートマットクラウド

当社が提供するITツール「スマートマットクラウド」は、モノをIoTで見える化し、在庫管理・発注を自動化するDXソリューションです。

スマートマットクラウドの上に管理したいモノを載せるだけで設置が完了。
あとはスマートマットクラウドが自動でモノの在庫を検知、クラウド上でデータを管理し、適切なタイミングで自動発注します。

タグやバーコードの貼り付け・読み取りなどの作業負担もなく、管理画面から実在庫の自動記録や、確認ができます。

●さまざまな自動発注に対応

お客様の発注先に合わせた文面でメール・FAXの送信が可能です

●在庫圧縮を促進

推移を把握できるグラフで適切な在庫量を判断し、在庫圧縮を促進します

●置く場所を選びません

スマートマットはサイズ展開豊富。ケーブルレスで、冷蔵庫・冷凍庫利用も可能。

 ●API・CSVでのシステム連携実績も多数

自社システムや他社システムと連携を行い、より在庫管理効率UPを実現します。

宿泊業在庫管理省人化の成功事例

スマートマットクラウドは、現在多くのホテル宿泊業の事業者様に導入いただいています。導入をきっかけに宿泊業の人手不足や需要の変化といった課題を解消した事例をご紹介します。

「スマートマットクラウド」の導入事例をもらう>>

 

 

\3分でわかる!スマートマットクラウド/

  • サービス資料を読んでみる(無料)

関連記事

\3分でわかる!スマートマットクラウド/

  • サービス資料を読んでみる(無料)

人気事例

\3分でわかる!スマートマットクラウド/

  • サービス資料を読んでみる(無料)