在庫管理術

在庫一元管理【メリットやデメリット・方法・在庫一元管理システム・在庫一元管理をサポートするIoT機器】

在庫一元管理とは

在庫一元管理とは

在庫一元管理とは、わかりやすく言うとシステムや管理方法をひとまとめに統合し、在庫管理業務を効率化することです。

在庫管理業務には、商品や材料・仕掛品・消耗品などの在庫数量や入出庫の管理受注管理・発注管理、在庫管理表の作成など複数の部署やスタッフが関わるため、作業が複雑化し、人的ミスが起こりがち…。

このような課題を解決するために在庫管理の現場で導入されているのが在庫一元管理です。

なかでも近年、急増している複数運営しているネットショップやECサイトに追いて、受注・発注・在庫・商品管理などの情報をまとめて管理し、一括処理を行うことで作業負担を削減し、ミスや販売機会損失を防ぐ在庫一元管理システムの導入の増加はとても顕著です。

在庫一元管理とは

この記事では在庫一元管理のメリットやデメリット、方法、在庫一元管理システム、在庫一元管理をサポートするIoT機器について解説していきます。

在庫管理・発注を自動化する

在庫一元管理のメリット・デメリット

在庫一元管理にはどのようなメリットやデメリットがあるのかを見ていきましょう。

メリット

在庫一元管理のメリット

  • 在庫管理にまつわる情報を共有化することで、部署間の情報の迷走や作業の重複などを防ぐ

  • 各部門での作業短縮・効率化

  • 不具合やトラブルをすぐに把握できるためクレームを防止、顧客満足度アップ

  • 人件費・作業コストの削減

  • 在庫管理情報の正確性アップ

デメリット

  • これまでの在庫管理業務から一元管理に変えることで、なかなか慣れることができずに混乱を招くことも

  • 在庫一元管理の導入コストや運用コストがかかる

このように在庫一元管理を導入するにはメリットがある反面、費用負担や現場の混乱といったデメリットも…。

メリット・デメリットを念入りに検討することが大切です。

在庫一元管理のやり方・方法【在庫一元管理システム】

在庫一元管理を行うには、専用の在庫一元管理システムを導入するのが最も一般的です。

在庫一元管理システムの比較サイトなどでは、今、人気の「助ネコ」「CROSS MALL(クロスモール)」「ネクストエンジン」といった各システムの詳細やメリット・デメリットが紹介されていますので、まずはそういったサイトをチェックして情報を収集しましょう。

気になるシステムがあれば、詳しい資料を請求し、より具体的に検討を。

在庫一元管理とIoT

在庫不足は売上の減少に、過剰在庫は倉庫スペースの圧迫や在庫ロスに繋がるため、在庫管理は必要不可欠な業務です。

新型コロナウイルス、人手不足などさまざまな問題に直面している状況下において、いかに効率化して正確に在庫管理を行うことができるかが重要となります。そこで注目され、近年続々と各企業で導入されているのが在庫管理の自動化であり、その最も有効な方法として以下の2つが大きなキーワードとされています。

DX(デジタルトランスフォーメーション)

企業の営みや産業全体をデジタルの力でよりよくしていく取り組み

IoT(Internet of Things)

IoT=「モノのインターネット化」

IoT機器を導入することにより、「自動化」や「見える化」が可能になり、棚卸、現場作業の改善、在庫管理、工程管理、品質管理なども効率的に行えるようになります。

このように稼働状況や生産状況、在庫などのデータを分析することで、人力では発見しにくい問題や傾向なども把握できるようになり、生産性の向上やロスタイムの削減につながります。

デジタルテクノロジーを駆使して、企業経営や業務プロセスそのものを根本的に改善していくDX(デジタルトランスフォーメーション)を実現するためにIoTは欠かせない要素となります。

また、新型コロナウイルス対応などで業務に忙殺されている医療分野や調剤薬局、リモートワークを取り入れたい現場スタッフをサポートすることも大いに期待されています。

次の章では置くだけで在庫の見える化が可能!今、話題のIoT機器「スマートマットクラウド」をご紹介します。

在庫一元管理をサポート!スマートマットクラウド

スマートマットクラウドのイメージ

現場のあらゆるモノをIoTで見える化し、発注を自動化するDXソリューション「スマートマットクラウド」を使えば、簡単に自動化が可能です。スマートマットの上に管理したいモノを載せるだけで設置が完了。

あとはマットが自動でモノの在庫を検知、クラウド上でデータを管理し、適切なタイミングで自動発注してくれます

さまざまな自動発注に対応

お客様の発注先に合わせた文面でメール・FAXの送信が可能です

在庫圧縮を促進

推移を把握できるグラフで適切な在庫量を判断し、在庫圧縮を促進します

置く場所を選びません

スマートマットはサイズ展開豊富。ケーブルレスで、冷蔵庫・冷凍庫利用も可能。

API・CSVでのシステム連携実績も多数

自社システムや他社システムと連携を行い、より在庫管理効率UPを実現します。

詳しく見る

最大150万円! IT導入補助金を相談する

スマートマットクラウドはIT導入補助金対象のITツールです。IT導入補助金をご検討の方はお問合せください。

  • 在庫管理システムを見る

関連記事

最大150万円! IT導入補助金を相談する

スマートマットクラウドはIT導入補助金対象のITツールです。IT導入補助金をご検討の方はお問合せください。

  • 在庫管理システムを見る

人気事例

最大150万円! IT導入補助金を相談する

スマートマットクラウドはIT導入補助金対象のITツールです。IT導入補助金をご検討の方はお問合せください。

  • 在庫管理システムを見る
在庫管理システムを見る