在庫管理術

在庫管理アプリ【特徴・機能・無料・有料・Android用・iPhone用・メリット・デメリット・IoTとの比較】

在庫管理アプリ

在庫管理アプリとは

在庫管理アプリとは、iPhoneやAndroidのスマートフォンやiPadなどのタブレットを使用して、在庫管理や棚卸し、入出庫管理、資材管理などができるアプリのことです。

パソコンとは異なり、持ち運びが簡単なので、いつでもどこでも手軽に在庫管理が可能なので、注目を集めています。

在庫管理アプリの特徴

スマホやタブレットに搭載されているカメラを使って、商品を撮影・登録したり、QRコードやバーコードをスキャンして読み取ることで、在庫データの管理ができるなど、優れた機能を備えたアプリも続々登場しています。

この記事では、そんな在庫管理アプリをピックアップ!特徴や機能、種類やメリット、課題をわかりやすく解説していきます。

さらに、今、話題のIoTを使った在庫管理との機能の比較もあるので、ぜひチェックしてみてください。

在庫管理アプリの特徴・機能

在庫管理アプリの機能では、在庫管理アプリには具体的にどのような特徴や機能があるのかみてみましょう。

アプリの種類によっては違いはありますが、搭載されている機能は以下の通り。

  • 在庫データの登録
  • 在庫データの編集
  • 在庫データの確認
  • 在庫データの検索
  • 在庫の写真撮影・登録
  • QRコードやバーコードとの在庫データの関連付け
  • QRコードやバーコードの読み取りと該当在庫データの検索
  • 自動発注アラート機能
  • 発注書の作成
  • リアルタイムの在庫数確認
  • 基本レジ機能
  • 複数人によるデータの共有機能
  • バックアップや復元機能
  • QRコードラベル作成機能
  • API連携機能
  • 英語対応機能          etc...。

気になる在庫管理アプリに使いたい機能が搭載されているか否かを比較・検討しましょう。

在庫管理アプリによっては、必要最低限の機能しか搭載されていないものもある、使いたい機能は無料版では制限されている場合もあるので、しっかりチェックを!

在庫管理アプリの種類【無料・有料・Android用・iPhone用】

まず、在庫管理システムを導入する際に一番気になる導入コストやランニングコスト(月額使用料)ではないでしょうか?

在庫管理アプリには無料で使えるものと有料のものがあります。また、一定の期間のお試しとして無料で提供、その後は有料というものも。

アプリの種類により異なりますが、有料の場合はだいたい数百円から数千円といったものが多く、パソコンを使った在庫管理システムと比べるとリーズナブルと言えそうです。

さらに、ほとんどが初期費用が0円(ダウンロードは無料)というものも多いので、在庫管理にお金をかけたくない人小規模の企業や個人運営、家庭の在庫管理を行いたいという人には検討の余地があるでしょう。

一方でコストが安い=欲しい機能が搭載されていない、という可能性も考慮する必要があります。

次に対応しているスマートフォンですが、

  • iPhoneとAndroid両方に対応しているもの
  • iPhoneのみ対応しているもの
  • Androidのみ対応しているもの

…と、こちらも在庫管理アプリによりさまざまです。自分の使用しているスマートフォンに対応しているかも忘れずに確認しましょう。

在庫管理アプリのメリット

在庫管理アプリのメリット

  • コストがかからない(安い)
  • お試し感覚で気軽に使ってみることができる
  • スマホさえあれば、すぐに始められる
  • 持ち運びが簡単なので、倉庫や在庫保管場所で使える
  • シンプルな機能なので、機械やマニュアルが苦手な人でも使いやすい

在庫管理アプリのデメリット・注意点

在庫管理アプリ導入の注意このように、在庫管理アプリにはメリットがある反面以下のようなデメリットも…。

  • 無料版では機能に制限があり、有料版へ移行する必要があることも

  • 手軽に持ち運べるため、スマホの置き忘れや紛失などによるセキュリティ面で不安

  • 在庫数に制限があるものも多く、小規模には適しているが、中〜大規模の企業には向かない

自社の規模や在庫数、在庫管理業務内容と照らし合わせたうえで、本当に使える在庫管理アプリかどうかを検討する必要があります。

次の章では、在庫管理アプリのような手軽さ&充実した機能を備えた今、話題のIoTを使った在庫管理システム「スマートマットクラウド」についてご紹介していきます。

在庫管理アプリとの機能や手間の比較も合わせてご紹介するので、ぜひご一読ください。

在庫管理アプリのデメリットを解消する!スマートマットクラウド

スマートマットクラウドは、株式会社スマートショッピングが運用するIoT機器スマートマットを利用した在庫管理・発注自動化サービスです。

スマートマットクラウドのイメージ

スマートマットクラウドの特徴は以下の通り。

  • スマートマットクラウドの上に在庫を乗せるだけで重さで在庫を検知

  • タグやバーコードの貼り付け・読み取りなどの作業負担は一切なし

  • スマートマットを複数組み合わせて、大きな商品の在庫管理も可能

  • 発注方法は、メール、FAX、インフォマート、メディコードに対応

  • 冷凍室利用(マイナス15度以上)もOK

  • CSVやAPIを利用し、生産・在庫管理・購買システムとの連携も可能

  • 現場への導入に向けて、専門のカスタマー・サクセス担当が、お客様を厚くサポート

スマートマットクラウド」の資料請求はこちらです。

おすすめ在庫管理アプリとスマートマットクラウドの比較表

比較的人気が高く、おすすめの在庫管理アプリ2種(ロジクラアプリとZAICOアプリ)とスマートマットクラウドを比較してみました。

▼ロジクラアプリとZAICOアプリとスマートマットクラウドの比較

  ロジクラアプリ ZAICOアプリ スマートマットクラウド
必要な機器 iPhone iPhoneまたはAndroidまたはiPad スマートマット(重量型IoT)
在庫の管理方法 手動でQRコードをスキャン ※別途動作確認済みスマホ・モバイル端末必須 手動でQRコードをスキャン ※別途動作確認済みスマホ・モバイル端末必須 ◎(自動で計測)
業務負担 ×(毎回スキャン) ×(毎回スキャン) ◎(自動で数量計測)
遠隔管理 ×(現場でスキャン) ×(現場でスキャン) ◎(リモートで確認OK)
棚卸作業 手動でQRコードをスキャン※別途動作確認済みスマホ・モバイル端末必須 手動でQRコードをスキャン※別途動作確認済みスマホ・モバイル端末必須 自動で数量計測

*2021年11月現在

信頼できる在庫管理システム「スマートマットクラウド」

在庫管理や棚卸の業務負担にお困りですか? 「スマートマットクラウド」が毎日の在庫管理業務を、劇的に改善。

「管理商材が多く、ICタグを貼る業務が負担」
「初期投資費用がかかりすぎる」
「システムを入れたけど結局棚卸が必要」

自社に合った在庫管理システムが見つからずお悩みの企業様。 費用面でも運用面でも導入のハードルが低く、 早期の導入効果を実現する「スマートマットクラウド」の資料請求はこちらです。

在庫管理から発注、棚卸まで不要!

  • 無料資料をダウンロード

関連記事

在庫管理から発注、棚卸まで不要!

  • 無料資料をダウンロード

人気事例

在庫管理から発注、棚卸まで不要!

  • 無料資料をダウンロード
全自動で在庫管理・発注を行う! ︎